当たり前が尊い。

  • 2018.01.27 Saturday
  • 00:49

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

さっっぶぃ!!!夏子ですこんばんみ。

 

夕方娘を公文に送る時に自転車に乗ろうと思いましたがところどころでアイスバーン。

もうこういう場所を果敢に自転車で通るなんてことが年齢的に難しいので歩いて行ったんですが、

 

そこそこの距離があるので途中で娘も私も無言、ふきっさぶ風の中2人涙目で公文に行き、

 

お迎えに行った時に、ママ、寒い、このままだと死ぬと言うのでぽっかレモンでも買おうか、と思ったら所持金ゼロ。

更に涙目の娘の手を引いてヒィヒィ帰ってきました。

 

ほんとさぁ、地面が固まってないってなんて素敵なことだったんだろう。寒くないってなんて素敵なことなんだろうって身に染みたわ。

 

今は直ったんですけれども一時期うちの給湯器がアボンしまして、お湯が出ない日があったんですが、その時も、

 

あぁ、お湯があるって素晴らしい。暖かいお風呂で身を清め、暖かい布団で寝られるってなんて素晴らしいとも感じたことを思い出します。

 

そう、あたり前だと思っている事って実はすげぇ尊い。こんな日常の一コマが「できなくなる」そんな瞬間の恐ろしさって言うのは失ってみないとわからないですよね。

 

戦争なんてやっちまったらほんとに身につまされるんだと思うんですよ。それは生きるか死ぬか、というサバイバルの怖さもあるけれども、

 

電気がない、食料がない、暖が取れない、水がない。震災などで経験された方で実際に経験された方も多いと思います。

 

ああいう天災に見舞われた時に、確かに応援メッセージとか千羽鶴とか歌とか、それは人々を勇気づけるものだと思うけれども、

 

でも人間ってきっと風呂に入りたい、赤ちゃんのおむつをたくさん常備したい、誰もいない部屋でゆっくり寝たい、っていう非常に根本的な、今までの当たり前が失われた部分のサポートってのが欲しくなるんだろうなって思います。

 

今パートに行ってる会社は皆さんオフィスに常時いるわけではなくてリモートアクセスで各々お仕事なさってる時間が多いのですが、

 

私なんかは今までいわゆる会社勤めで通勤地獄で通勤が主だった仕事しかしておらず、あんまりそういう経験ないんですけれどもそれでも今はリモートのアクセスがあるので家で仕事をさせてもらってる時もある状態なんですよね。

 

確かに通勤地獄からは解放され、自分の家でぬくぬくやれるのは良いですがふと思ったのは、

 

案外私なんかは「人と合う」ことを目的として働いている部分が多いんだな、って感じました。

 

もちろん職種が営業とかだったらリモートだろうとなんだろうと自分で出向いて色んな人と会うのでそういう感覚はないのかもしれないけれども、私のように卓上の仕事がメインだと、自分だけの世界で自分の結果が全ての状態になると結構手持ち無沙汰というか人との交流がないことに対してポカーンとしてしまうというか。

 

それでも毎日毎日通勤電車でもみくちゃにされてぎゃーーーー遅れる!!みたいな日々とか、

 

会社に嫌なやつがいて毎日なんでこいつと同じ空気すわなきゃなんねーんだよ、みたいな世界にいたらリモートなんてパラダイス!!と思うと思うんですけれども、

 

個の世界。自分で自分の仕事を管理し生み出す世界、朝早く行ったり残業したりして「私頑張ってます( ・´ー・`)どや!!」を誇示できない世界。

 

人間関係で苦しくて辛い辛いと嘆いている会社生活なども経験したけれども、でもいざ、

 

ぽつんとハイ、ではあなたの裁量であなたのペースで良いけど結果はあなた次第だZe!と放り投げだされた時に、

 

案外家にずっと家にいるのが空虚だと感じる人も多いのではないかと思うわ。仕事しなくて良いわけじゃないしね。むしろそれこそ自己責任の世界にたたっこまれるのよね。

 

あー、もうゆっくり寝て、おいしいもの食べて、人と絡まなくてもいい生活がしたい!と会社や学校に行ってる時は思うけれども、

 

いざそれが可能になった時、どれだけの充実感を果たして感じられるのだろうか。

 

そういう今まで夢見ていたライフを今度は自分がクリエイトしないと行けなくなった時に、

 

今までの人生は「全てやらされている」と捉えていた人は案外何やっていいかわかんなくてキョドると思うわ。

 

っていうのがさ、つまり、

 

〇〇のせいでこれもあれもできない、と吠えていたり、そういう事が出来る自分になりたいけれども今の私には無理ゲーでさ、なんてぼやいている人のパラドックスで、

 

それがほんとにしたいんだったら、今どんな状況下にあれども不必要なことはやめて自分のやりたいこと叶えてやらないと、どんなレベルでも「私の楽しみ」の世界が今、この瞬間に手元にないと、

 

全てから解き放されたってその「私の楽しみ」をクリエイトする力が備わってないから、ものすごい虚無に襲われるんじゃないかと思うわ。もう誰も責められない自分主体の世界。何も制限がない世界でいざ動き出すってすごい何やっていいかわかんねぇわ。

 

文句だらけの日常に埋没する「当たり前のこと」っていうのは、実はすごく感謝に値するのよ。

 

どうしても忘れがちになるのよ。

 

こんな東京砂漠でウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルな会社で学校で、私はいつも消費される!とぼやいてしまうけれども、

 

それがなかったらじゃぁ、じゃぁクリエイティブなライフを送っているのか?と問われれば、

 

他人軸で生きてきてしまった人にとっては難しいよね。人にヒーヒー言わされてることが自己証明になっちゃってたりするからさ。

 

だから実はムカつく日常もあえて自分で選択して、そしてそれによって生き延びられているって言う事実が、

 

いざ失ってみたら、すごい身にしみるんだと思うわ。

 

今日も暖房が動いて感謝だな、とか

今日も犬が犬臭くて元気で良かったな、とか

今日も隣に娘と息子が無傷で寝息を立てててよかったな、とか

 

そういうのってほんと幸せなのよね、実は。

 

今自分が当然だと思ってることは全然当然ではなくて、ある日まるっと消える時が来るかもしれないし、

 

歯を磨ける、風呂に入れる、スーパーカップ食える、パンツ洗える、

 

そんなことでも実はめっちゃミラクルレベルでありがたいんだなーと感じる感謝の波動ってかエネルギーを持つのは重要だよねーと思った昨今です。

 

結局そこなんだなと思うわ。

 

旦那がまだ帰ってこないわ。今週ほとんど話してないわ、残業続きで。大丈夫かしらあの人。。ご苦労様です。。

 

すげぇ寒いわ。。寝るわ。。

 

 

夏子

 

 

 

 

人は人を裁けない

  • 2018.01.25 Thursday
  • 00:30

JUGEMテーマ:日常

こんばんは、夏子です。


明日東京−4度だって。なんだそれ。ツンドラ?いや、もっと寒いか、ツンドラは。


あんまり寒い国にも地方にも出向いたことはないんですけれども、思い出すのはNY。


友達の家に遊びに行って、−10度ぐらいの摩天楼を闊歩した時にまつげが凍り、鼻毛が縮小し、やべぇ、息ができねぇ!と本気で怖い思いをした思い出があります。


それにほんのり明日は近いのね?ヒャダ、摩天楼再び。まさか府中で再体験出来るなんて思ってなかったわ。


大体東京に大雪が降ると小倉智昭あたりがテレビで東京の人がヒールを履いてたり薄着で歩いているのをみたり、大渋滞が起こってるのをものすごいしたり顔をしながら、


「いやーほんっとに東京の人はバカですね。ほら、私は秋田の人間なんでほんっと信じらんないですよ。」的な発言をするので、ものすごくそれ聞くの嫌なんですけれども、嫌だからこそついチャンネルを合わせてしまうのが常なのですが、



今回はおっしゃっていたかどうかわかりませんが、いや、ま、わかりますが人も建物も交通網も大雪を予想して作られてませんのでね、しゃぁないんですよ。雪対策グッズとかもたくさん持ってても置くところないですしね。



東京の弱点みたいなものが見つかるとあえて指摘したくなるという、嫌味にしか聞こえないって言う、これも私のしつこいモノの見方かもしれませんけれどもね?いや、小倉さんは嫌味としておっしゃってますけれどもね、ど真ん中で。



とは言え、


今朝はうちの家の前も前面アイスバーンと化し、子供大丈夫かな?と心配なレベルだったのですが、


おじいさんとか子供前後ろ載せたお母さんがチャリで通ったりするんですよ。ホントやめて自殺行為ですから。



案の定ずっこけてまして。でも、多分「大丈夫だろう」と思ってるのでしょうね。で、実際大丈夫だとそれを継続するのでしょう。



最近スピリチュアル脳から離脱してしまってるところがあるのでいろいろ世の中の見方も変わってしまってるんですけれども、



それぞれの世界で皆自分の中のベストを生きていて、疑うことなく個々の経験に基づいた信念で生きてるので、



小室さんを批判するおっさん・おばはんのように、他人の状態などクソ無視して自分の「我こそ正義」を叩きつけてしまう時もある。そんな彼等も「世間はそういうものだ。家族は何があっても守るべきもの。」という信念を疑がうなんてクズでしょ?という思考のもと生きてきたので、ぶつからざるを得ないわな。


5時に夢中!で江原啓之さんが言っていたけれども、


人が人を裁くのは見苦しい。ってね。ほんとそうね。



ケイコさんの様子まで事細かに言う必要あるの?って声に対しても、


じゃぁ言わなかったらまたガンガンガンガン質問攻めにして、「Keikoは実はこんな状態だった!!」とか言ってスクープしたりするんでしょ?精一杯の防御、そしてもう俺に構わないで欲しい、っていう意思表示でしょ?とおっしゃっていたわ。


私もそう思うわ。芸能人の不倫などについていちいち釈明するのも、スポンサー向けのビジネス背景もあると思うけれども、あそこで言っとかないと後になってまたつけ回してことが大事になるだろうからって言う彼等なりの防御のセオリーなんだろうな。


かくいう私も「それってどうよ?」的な意見をブログでも書き連ねた前科もあり、まぁ何ですかね、野次馬根性もあるけれども、結局はその芸能人の不倫とかスキャンダルに対して自分の人生を乗っけて自分を正当化したいんだろうな。


本来人は誰も裁けない。。のかね。でもそれだと世の中機能しないから司法って言う基準が作られたし、いつまでも問題が収束しない事態を避けるためにそれこそ「ジャッジ」として存在しているけれども。


しかし、他人の情事を盗み見てあざ笑ったり腹を立てたり、そういうことをしないと結局「自分は何ものか」がわかんないからやるのかもしれないわ。


世間って何なのかしらね。あたしたまに頭ぱっかーんってなるわ。


なんで痩せてるとかっこいいのか?とか。パンは焼き立てが一番!とか。ま、確かにかっこいいしおいしいけれども。


でもそのかっこいい、おいしいって基準も元からあたしの中にあったものなのかしら。生まれたときから焼き立てパンうめぇ!ってデフォで入ってんのかしら。


ラリってきたわ。


でもこういうのを考えていると日々ムカつくこと私も満載ですけれども、面と向かって文句言うとか誰かの悪口をいう、にしても、


感じるのは感じるもの、自分はこう思うという意見が沸き起こってくるのは防ぎようがないけれども、


あえてその人に言う必要がない事ばかりなんだなって思うわ。すると結果として寡黙になる傾向があるわね。


そんなことをMICAさんに昔聞いたのよ。結局あんましゃべらなくなりません?人間って。って聞いたら、


そうですよ。結果的にはね。余計なことしゃべんなくなる。でもすご〜くその場でもっともなこと、ものすごくタイミングよく周りが全員ヘッドバンギングなみに頷くいい意見を言えるようになったりします。


とおっしゃっていました。遠いわ、その境地。でもそうかもしんないですね。


っていうのは有る事無い事私も喋りすぎてんな、って最近思って。


好きな男子の前で、緊張や自分をよく見せるために、おい、今そこで言わんで良いだろってこと言っちゃったりするじゃないですか。


それとかめっちゃこれいい話、ってか武勇伝!みたいな話をしたけれども、相手の反応がへ〜一回ぐらいだったりとかさ。


人の悪口言ってる時に、「あ、これ私も同じことしてんな」って気づくとかね。


それが自己表現!と思ってたけれども、なんか違うんだなって最近思ったわ。


世間のやんややんやが鼻につくのは、今まで自分があたかもTop of the 正義を振りかざしていたからなんだなって思ったわ。


でも各々がある事柄に対してちょっと待って、私こう思う!って言うからこその人間たるもののドラマでもあって、そういう個人の主張がなければ芸術もビジネスもなんも生まれないわけなので寡黙が良いってわけじゃないと思うけれどもさ、


今ここで一言申したいことが、自分にとってどういう意味合いを持ってるのか?については時々言う前に考えてたほうが良いことってあるんだなってふと思いまして。


犬のいる生活も数日過ぎて、可愛すぎて死にそうです。お利口さんでもうおしっこはシートの上でやるわ。えらい!子供より全然賢いじゃない。


でもまた1つの命を預かったという責任に対して軽く心も重いのも事実。子供増えたような感じですからねぇ。


どうぞ健康で、そしてうちに来てよかったワン!と思ってもらえるように、犬ですけれども猫っ可愛がりしたいと思います。


またねーん。


夏子

他人事ですから、ねぇ。

  • 2018.01.21 Sunday
  • 23:56

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

一日30時間ぐらいあるといいな。。いや、別にそんなに生き生きしたライフ送ってるわけでもねーんですけれどもね、ちょっとのんびりしようとするとあっつー間に時間が経ってて、で夜に宿題とか仕事とかブログとかやろうと思ってももう眠くて動けないみたいな日々が続いております。

 

バイザウェイ、ついにSpotifyのPremium会員になっちゃいましてね。いやマジであれは消費者心理を見抜いてますよね。もうどんどんダウンロード出来るし好きな歌スキップして聞けるなら一ヶ月千円以下ならOK!とか思っちゃうものね。

 

そんでほんとにもう思うんだけれどもさ、及川ミッチーの「今夜、桃色クラブで」とかってマジで名曲よね。突然ですけれども。ミッチー大好きです。あの笑顔の後ろのダークネスがたまらない。

 

さて、

 

スプリング・センテンスの功罪が問われていますけれども、

 

ほんともう他人事に首突っ込んでそれがいいことか悪いことかとか言い合うのやめようよ、と私も思います。

 

批判はその人がその事象をどういう思いで見ているか?でしかないわけだから、これが正しい、あれが正しいと言い合っても何も正解ないっす。

 

年配のコメンテーターが、男としてはやってはダメなこととか皆苦労して生きてるのに甘いとか言ってる奴らがいましたけれども、

 

まぁご立派ですこと。さぞかし御大層な人生を送ってらっしゃったのね、そんなに怒りを腹の中に溜め込みながら。と思いますね。

その頑なさが付き合いづらいんですけれども。って感じで。

 

私が見た小室サンの件については、

 

私も介護が必要な状態のパートナーがいる時にちょっと心許せる異性がいたら、頼っちゃいますけれどもね。

 

実際そこでどこまで何をするかについてはそこで「自制心」と言う名の、私にとってどちらが自分的に居心地が良いか?の選択はあると思いますけれども。

 

いずれにしてもそれは小室家の事で、ワイドショーで色んな吹き出し作って解説する必要のないことだと思います。

 

自分の人生の軸がないと他人の人生にちゃちゃ入れたくなる。

 

そんなのおかしいわよねぇ、とわざわざ口にだして言いたくなるのなら、それは自分が絶対禁じていることを破ってるやつが憎いのであって、実は、やりたいことだからですよね。

 

また「嫉妬」トークですか?と思われそうですが、現実にそうだと思いますよ。

 

浮気なんて考えたこともない、だって私、旦那・嫁が大好きだもん!!と心底思ってる人は他人の浮気なんて批判しないと思いますよ。

 

「ほんとに好きだと思える人がいないんだね(=その人を好きな自分が好き、とまで思えてないんだね)」とは思われるかもしれないけれども。

 

家族なのに見放すなんてほんとにひどい!と怒りが沸いて出るのならば、

 

たまには私だって家族と切り離されて自由になりたいと思ってるからですよね。心の底から家族に寄り添い続けることが自分のハピネスの人にとっては、「この行為が苦しいと思うのであれば、まだ自分自身をまず満たしたい部分があるんだな」とは思われるかもしれないけれども、非人間的とか卑怯とかおかしいとかは思われませんよ。

 

何れにせよ、他人の行動に監視カメラをつけあって、

 

あ、こいつは違反してる、してないをチェックし合う世の中だった昭和は終わったのだけど、

 

やっぱりまだ一杯あるんだなと思います。

 

でもある意味違う見方をすると、

 

スプリング・センテンスのお陰で自分が必死で隠していたものがさらされて、ターゲットとなった芸能人の人自身は世間的にはフルボッコですけれども自分的にはある意味開放なのかな、なんて思ったりもします。

 

今回の引退もある意味小室さんは引き金の1つとして利用してもいますし。でもずっと思ってたことだったのではないかと感じます。

 

かと言ってスプリングセンテンスが神の使いだとかスピリチュアルな意味あいが、とか言いませんけれども。

 

とにかくお体を一旦休めて、そして視野を広げて、私はこうあらねばならない、というフィルターを破いて楽になっていただきたいと思います。

 

小室さんの音楽は安室ちゃんとかTRFとかはあまり好んで聞いていませんでしたが、

 

私にとってはもう渡辺美里一色であって、My revolutionをこの世に送り出していただいてほんとに感謝しております。

 

ごゆっくりなさってから、また何らかの形でメディアに戻ってきてくれるといいなーと感じます。

 

そんで、

 

今日うちに犬が来ました。コロちゃん4ヶ月、トイプーよ?

 

まるで三番目の子供だわ。また犬日記が書けるわ?

 

 

明日は雪が降るらしいので仕事も休みなので犬と一日遊びます♪

 

ではねー

 

夏子

 

 

 

 

 

気づく・手放す。そんなたいそうなことではないのだが、なかなかわからない。

  • 2018.01.14 Sunday
  • 23:50

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

乾燥してますねぇ。バリッバリですよ。手とか。でも昔ほどではないのはなんでかな、と思ったら、やっぱり子供が大きくなったからかな、と思うわ。

 

って言うのはお子らが小さい時ってしょっちゅうなんかこぼしたとか、まぁもっと小さい時はおむつ変えたりご飯食べさせたりしたらすぐに大体汚しますから流しで自分の手やらふきんやらを洗う羽目になるので、ハンドクリームとか塗ってもすぐ落ちるんだよね。

 

なので昔ほど水に手を触れさせている回数が減ったのはあるんだなとなんだか思ったわ。

 

それからananに載った事が家族にもバレ、弟とか兄とか父とか母とか、要するに家族全員読んだらしいんだけれども、案外皆さんあっさりと受け入れて。。って言うかわざわざ買ってくれたりもしてるみたいで。

 

占い師っていうなかなかクリスピーな立ち位置を面白がって受け入れるんだなと思いました。またananってのが良かったんでしょうね。これが女性自身とかレディースコミックとか宗教雑誌とかだったらまた反応が違ったんでしょうけれども。

 

それは田舎をカバン1つで「母さん、俺、ギタリストになる」って出ていった30間近の息子とかがいたとしても、

 

10年後に紅白でたら村全体でパレードするみたいな物と似て非なりますけれども、でも近いのかも。うちのバカが出ていっちゃったんだよ、夢なんかで食ってけるわけないのに!とさんざ噂されていてもそこでくるっと反転するような。

 

だからね、親がどう思うかとか社会人的な生き方としてどうとか、コンナコトやったら四面楚歌になるとかまたいろいろ言われるとか思って動けなくなってしまう事が多いんだけれども、

 

楽しくやって、自分の行動に自分で責任持ってやってたらどんな場合でもいつかは認められるんだと思うんですよ。何十年かかるかわからないけれども、でもその時に「今の私が好きです」と言えたなら、そのエネルギーは周りからも受容と言う形で返ってくるのだと思います。

 

スピリチュアル反抗期という言葉をみちよさんが作って浸透させましたが、

 

こんな私に誰がした!という反抗を続けていてもそのしがらみからはいつまでも離れられないし、受容も認知も得られない。

まずそこをわかってもらわないと、謝ってもらわないとと次には進めない、と思っちゃうんだけれども、

 

とりあえず踏み切る、そして自分の感情の抑圧が生み出したエゴちゃんのフィルターを自分で取る、それしかないんですよね。

 

気づきとか手放しって私自身もそうだけれども、すごく昔はたいそうな事だと思っていたし、ものすごい自己改革でキラキラスピスピしたものなんだと思っていたけれども、

 

実はそんなたいそうな事ではなくて、ほんとにちょっと自分の視野を拡大したり違う角度からの見方があることを知るだけなんですよね。

 

てかさ、あたし冬場に寝る時はパジャマの下にあんまり何も着ないっていうのを40年ぐらい貫いてたのよ。

 

って言うか、そもそも着込まないことをモットーとしていて、セーターの下タンクトップとかね、今考えるだけで身震いするんですけれども、

 

それってでも昔若い頃私は肥満だったので、

 

少しでも痩せてみせる為に冬の間は絶対に薄着をするって言うのが染み付いているたんだと思うのね。なるべく、なるべく薄着みたいな。

 

でもさぁ、ある日あまりの寒さに耐えかねて、ヒートテック下に着て寝たのよ。そんな昔の話じゃないわ、3,4年前よ。

 

そしたらまぁ暖かいこと、暖かいこと。なんだろう、なんで私この生き方を選んで来なかったんだろう、あの身震いする夜をか・え・し・て!!??って叫んだわ。

 

思い込みってそういう事なのよ。ショートヘアにするのもそう、昔やってヘルメットみたいにされたから絶対無理ぽ!って思ってたけれども、ちゃんとやってもらえばむしろ今までの何よりも似合っているとかさ。

 

何がその「気付き」を妨げているかって言ったら、やっぱり「感情」なのよ。

 

太ってることで悲しい思いをしたこと、

ショートヘアにしたら可愛いかなと思ったのに散々な結果になったこと

 

そういう時のうっ(TдT)ってなったあのショック。そのために「もう二度とそれは私にはご法度」として、私にはもこもこした格好とか颯爽としたショートヘアは似合わないんだ、ダメなんだ、やっても惨めなんだ、っていう自己否定がそのフィルターを作ってしまい、自分の行動を制限するのよね。

 

でも、そんなことないのよね。自分の実存を認められていくと、そういう思いが薄れていく。自分をチャレンジさせてあげられる。

 

そしてそのフィルターを取るのに、何かを信じつづけたり、誰かの教えを乞うことないのよ。とにかくゲロだし膿出し、感情を表現させてあげるだけなんで、一円もかからないわ。あ、毒吐くためのノート代ぐらいいるかもしれないけれども。

 

でも最後のところで自分の中でまとまりがつかない時に、私なんかもみちよさんとかMICAさんのところに言って「これって何が起こってるんすかねぇ」と聞きに行く。すると、

 

別に霊がどうだとかあなたの行いがどうかとかじゃなくて、「いや、今こういう考えに縛られちゃってるだけじゃない?その縛りを作ったのはこういう感情でそ?」と非常に現実的な答えを頂き、あ、そうか!と気づく。これの繰り返しだと思います。

 

でもなかなかわからないのよ。ほんとに。皆自分が特別だと思っちゃうからね。

 

手放すって言うのも、辛いことからはもう身を引きます!感覚で生きます!とか宣言しちゃう人いますけれども、

 

もちろん感覚を取り戻すことは非常に大事なのですが、どうも「感覚で生きたらビジネスになる」みたいな変な経典が出回ってる気がするんですけれども、それはないと思いますよ。

 

後は女性性ビジネスみたいなのも、ね。女磨けばビジネスになるとかキラキラしたらビジネスになる。とか。

 

いわゆるキラキラ起業女子ってのはなかなか幻想だと私は思います。

 

実力がないと金なんて稼げないと私は思います。そこにはかなりの男性性も必要で、キラキラしてらんねっすよ。

そういったセミナー系の事で稼いでる人は、相当ビジネスとして男性性も持ってるし、やり手ですよ。彼等とおなじことをやっても、それがWork out するかどうかはその人の環境と実力によると思います。

 

もちろん感覚を澄まして自分の心が楽しいと思うことをやる、それは必要ですけれども、「感覚少女♪少年♪」になったり、本当の自分をさらしたらそれがブランドになる、とかは違うと思うんですけれどもね。

 

って言うのは私自身がきっと感覚に従っていれば!お金が!とか思ってたからです。蓋開けたら全く違いましたね。

 

でも方や、すごい実務能力があるのに、私にはそんな夢みたいなこと無理に決まってます、っていう思考よりになってしまう人もいるので、

 

バランスっす。バランス。偏らない偏らない。まぁ私もその部分注意しながら生きていこうと想うわ。

 

ブログのやり方変えていこうとか言いながら舌の根も乾かぬうちに1人問答してるわね。。ははん♪いや、ちょっと今日は言いたい気分だったのかしら、あたし。

 

そんでハリウッドから始まったセクハラ・パワハラにNOというムーブメントがあるわね。

 

ほんとね、女性の皆さん、ちゃんと声に出してそれは戦って行きましょう。オペラ・ウィンフリーは私も絶対大統領にいずれ立候補すると思うわ。

 

でもね、自分への警鐘も含めて言うけれども、

 

私らぐらいの年齢の女性の皆さんも、若い男性への態度にちゃんと注意しましょうね。

 

女性ホルモンが減ってく年代なのでちょっとオス化して「食いに行く」感じにどうしてもなっちゃうじゃないですか。

 

自分の部下の若い男子とかに「えー、なんでぇ?結婚しようとか思わないのぉ?」とかそういうのもNGって事なんでね。

 

どこか女性はそういう発言もオカンぽく言えば良いとか、もしくはそんなつもりじゃなくて素朴なぎもーん♪みたいに言えるような気になっちゃうじゃないですか。

 

しかし、「うーん、夏子クンももう四十代でしょ?結婚とか考えるもんじゃないのかねぇ、普通は」などとおっさん上司などに仮に私が言われようものならオクラホマ・スタンピートぶっ込んだ後に通報して懲罰委員会で吊し上げとかすると思うんですけれども、

 

男性だって同じことだからね。特に全く興味ないけれども仕事上辛味のある年上の女性からそんなこと言われたらいやですよ彼等だって。それとかお姉さん気取って「もっとさぁ、素直になりなよぉ」とかそういうおせっかいとかもだし、ちょっと色仕掛けをしちゃうようなこととかもそう。残念ですけれども、殿方だってそんなの恐怖でしかないですよ。

 

エレガンスを忘れずに。。よ。気高く行きましょう。結果として自分の人生に満足している人が一番美しく、人の人生にちゃちゃを入れることで楽しんだりしないのだと思います。

 

なんか説教臭くなったわ。ま、こんな感じで続いてく2018年も既に数%終了してるからね、Let's move on!!よ。

 

ではまったねー♪

 

 

夏子 

 

 

どうやって行こうかなぁ。と徒然。

  • 2018.01.14 Sunday
  • 00:25

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

なんかお久ぶりぶりざえもん。夏子でーす。

 

休みもあけて、もう14日とかでそ?2018年も5%ぐらい終わったって感じなのかしら?やだわねーもう、はや!!

 

一週間あっつーまですよ。ほんと。

 

先週は息子がインフルになってあいつだけ1週間ばかり休み延長。すぐ元気になったのでなぜ休んでるのか皆目検討つかないですけれども月曜日も学校行っちゃいけないのね。困ったわー。

 

どんどん話変わっていきますけれどもww

 

夫がふるさと納税でA5ランク和牛みたいなのをオーダーしたのが届いたので、今日は贅沢にすき焼き食ったわ?

 

でもねぇ、おいしいんだけれども、もうその脂に体がついて行かないっていうね。。特にすき焼きだからこってりしてるのもあると思うけれども。腹にたまったわー。

 

でも素晴らしいと思ったわ。Japanese beef最高っすよ。

 

そんでまた話飛ぶけど、朝通勤時にSpotifyでいろいろ音楽聞いてるんだけれども、

 

中村中(なかむらあたる)がもう最高よね。奥さん、あたし結構じっくり聞いたの今が始めて。あの名曲「友達の詩」は有名だけれども。

 

中村さんはトランスジェンダーなんだけれども、でもこの女の情念って言うかしら。ほぼ女声なんだけれども、たまにぐっと男声になって、それがまたいいのよ。すっげぇかっこいい。音楽のことはよくわかんないけれども、この人ってすごい音楽的なバックグランドで濃いもの持ってるんだなって思う。歌もうまい!

 

中島みゆきが夜会にこの人を登場させたっていうじゃない?でも確かに世界観が似てると思ったわ。でも中島みゆきさんより中村さんのほうがより野太い感じしますよね、信念が。そんで、怖い。そして悲しい。そして強い。

 

ライブ行こうかなまじで。すっかりあたる様ファンですよ。惚れるわ??

 

そんでいろいろ聞けるものだから中森明菜女史のバックナンバーもいろいろ聞いてるのよ。

 

昔は私はそんなに明菜派じゃなくて、暗いイメージがあったんだけれども、今聞くとガッツリジェネレーションって感じがするわー。あれは四十路以上の女が聞くと身に迫るシンガーですよ。それが例えセカンド・ラブや北ウィングであっても、よ。

 

オネエの皆さんに明菜って人気あるじゃない?でもなんかすごいわかるの、私もオネエみたいなものだから。

 

って言うかこないだ電話でセッションやったお客様に、どうやって私を知ったの?って聞いたら、

 

「オネエ スピリチュアル」で検索したらでてきたんですーって言われてwwww

 

なんでヒットしたのかしら。で、すっかりオネエだと思ってたらしいのww

 

違うのよー。おばさんよー。一応女よー。

 

明菜のね、「Solitude」とか「Blonde」とか「Fin」とかさ、あのあたりよ。あのあたりがあたしぐっと来るわ??

 

なんかねぇ、すっごくいいのよ。大人になったのかしら、あたし?とか思うわ。十分大人超えてますけれども。

 

よもやま話ばっかりだけれどもww

 

何つか、

 

自分についてはもうあまり書くことがなくなってきた、って前に言ったけれどもそれは今もそうで、

 

全部ここで吐き出してきたこと、誰かに腹が立っていたこと、愚痴っていたこと、全てやっぱ私自身の反映なんだなってすっごい思うのよね。

 

憤って攻撃してる時とかさ。要するにそれに縛られて1人で戦々恐々としているのは私。。何に怒ってるか、といえば自分に対して怒っている、自意識過剰も虚栄心も全て私の行動の中で「私はこういう人間です」っていうのをアピってるのね。でもそれは私の中の私のワールドであって、周りから「その通り」と言ってもらえるものじゃないし、ま、そりゃそうだよねって言うのが今となってはわかるのだけれども、ど真ん中の時はわからないんだよね。

 

でもそれも必要だったのよ、もちろん。でも自分に軸があり、自分の価値観があれば感情が揺れても周りに確認する必要が無いんだなってのが妙に腑に落ちたら、あんま言いたいこともなくなってきた。。みたいなさ。

 

だから一方的に自分の徒然を書くのもありだけれども、こんなブログを読んでくださってる皆さんと交流するような形で、

 

質問受け付けてそれについて語る、みたいなのが自分的にも面白さを感じるのでやってみようかなと思う。

 

無料オラクルカードリーディングなんかはやってたけれども、もうちょっとDJあおいやゴマブッ子がやってるような感じ。完全なパクリだけれども、でもやっぱそれが一番おもしろいって言うか自分に取ってもやりがいがあるなと感じるわ。

 

とは言えまだパートも子供も忙しいのでどのくらいやれるかわからないけれどもー。。

 

なんかちょっと方法を考えます。もちろんものすごい個人的なことは個人セッションでしか伝えられないし、ここでやることではないのでジェネラルな形にしたいとは思うのだけれども。

 

なんか前にもそんなことあたし言ってたかしら。覚えてねーわ。でも多分ずっと思ってはいたんだろうと思うわ。

 

。。。

 

ま、そんな感じでちょっと考えるわ。とりあえず寝るわ。年末から9時とかまで寝た日が無いんだけれども、

 

息子がインフルで野球も行けないから明日はガッツリ寝てこマソ。

 

みなさんもインフル気をつけてね、まだまだ流行ってるねぃ。

 

ではね!

 

 

夏子

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM