偶然か、必然か。

  • 2019.06.13 Thursday
  • 00:39

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

なかなかにして際どい決断を迫られています。まぁ大したことないっちゃないんすけど(どっちやねん)

 

直観で応えよ!と自分に問うてみるも、答えが出ず。この方が絶対楽、とは思えど、捨てる方に情もあり、みたいな感じ。

 

しかしですね、

 

こういう時私はもう抗わないことにしようと思って。もう今決められないもんは決めないっつか。何だかわからないけれどもいいように進む、と信じて今目の前の事にはい、しゅうちゅーって事にしています。でもそうするとほんとにバタバタと結論を回りが勝手に出してくれるのですよ。非常に面白い。自分の手を汚さず、無駄な失敗をせず、ただ流れに乗るだけで何か上手くいくような気がする。[決められない]という事に抗わない、って感じでしょうか。

 

エニウェイ、

 

最近自分の周りでは結構な事故や病気で救急車で担がれていく人が多いです。お客さんでもいらっしゃる。結構なダメージ。本人はそこまで思ってないけれども、周りからすると結構な事が起こってるんですが、でも結果無事助かってる人が多いというか。

 

今日も友達が腸閉塞でばたっと倒れ、2週間入院していた、という話を聞きました。全然知らなかったんですけれどもね。

 

ほんとに青天の霹靂のようにやってきて、どうなることかと思ったそうですが、

 

・日曜の夜に起って幸いにも旦那が家にいた

・きつい仕事は辞めたばかり

・倒れた次の日からGWで、子供の用事もなく、ゆっくり入院できた

・手術はしたけれども、医者からも随分早く回復しますねーと驚かれる

 

などなど、もちろん痛手は負いましたけれども結果オーライ、そして開腹手術をしたらいろんなところで内臓の癒着があって、そういうのも一斉に分かって治し、また今後気を付けなければならないことも分かった、という。

 

もともと何でも詰め込み過ぎて真面目に頑張る人なので、これは(休め)のサインよね、と私は思いました。本人には言ってませんが、多分そういう事なんだろうと思う。で、本人も今まで見過ごしてきた自分の健康について改めて考えるわーと言っていました。

 

もちろん長患いしたり、場合によっては死に至ることも多々あるわけですが、

 

結果オーライだった事故や病気ってのは、私には天からのメッセージで、

 

【えーい、まだ気づかんのかい!じゃぁこれで気づけー!】ぐらいの荒治療、強制終了だと思います。

 

なんでこんなことに。。と考えてしまうけれども、でもそんなことにでもならないと真面目な人ってのは自分が無理をしていることに全く気づかんとです。

 

うちの母親のうつ病なんかもある意味そうだったと思います。病気になることで自分を解放しようとした、としか思えない部分もあるんですよね。

 

病気やケガはもちろんウェルカムなことではないし、頑張ってたのになぜ?って絶対なると思うけれども、

 

病むことで気づきたい事、感じたいことがあるってことも多いにあるんじゃないかと私は思います。もちろん辛いけれども。

 

私自身もこのブログで何度か書いてますけれども、これは偶然なのか必然なのか?と感じたことがあって、

 

結婚するちょっと前に、あまりにも生理不順だったので婦人科に通ったら、左の卵巣に嚢腫があって、こんなのいつ捻転してもおかしくないからすぐ取りなさい!妊娠できないよ!と言われて、結婚式の一週間後に手術をした経験があります。

 

そんで退院したら、もともと便秘症だったのと、その嚢腫が悪性かもなどと言われていたので心身的にダメージを受けていたのもあって、便秘下痢みたいなのを繰り返していたら、長年持っていた切れ痔がどんどん悪化し、もう歩けないほどの状態になり、嚢腫を取って退院した二週間後にまた入院して切れ痔の手術をする下半身大災難、っていう年がありました。新婚よ?どんだけ?

 

下半身の前も後ろも術後でなんかイテェ、あぁ、私は今この世で最もイケてない下半身の持ち主、よよよ。。となったものですが、

 

その後数か月後に長男を妊娠したんですよね。で、多分卵巣嚢腫とらなかったら妊娠できてないと思うし、仮にできていたとしても子供が育つスペースを奪うぐらいの嚢腫の大きさだったので、妊娠したまま嚢腫を取らないとならない羽目になっていたかも、と医者に言われ、あぁ、手術しといてほんとに良かったんだなと後で思いました。

 

そして、妊娠時にあんなに肛門に負荷がかかる、という事をその後妊娠しながら徐々に知って行くわけですが、あの切れ痔爆弾を抱えていたら、こんな妊娠生活なんぞ絶対にマジサバイブできてねーし!!!!と、ほんっとに切れ痔を直しといてよかった、よかったよー、この良かったの気持ちだけでしばらく生きられる、ぐらい実感したのを覚えています。

 

ですのでね、あれは私の【流れ】だったのだと思います。今までずっとほったらかしにしていた体が、お前もういい加減にせえよ、というメッセージと必然が相まって、畳みかけるように結婚→手術→手術→妊娠、っていうフローが舞い込んできたかんじ。そして結婚や女性器や消化へのフォーカス、自分の女性性をもういい加減ケアしてあげなよってメッセージでもあると思います。

 

○○歳で子供を産む、という魂の青写真があったのかな、と思ってしまいます。でもなんかいろいろ人生で私は当時抵抗していたので、病院行かなきゃ、と思ってたのに全部見て見ぬ振り、女性性の部分も全部突っぱねて無視してたら、一気に畳み込まれた感じがしました。

 

なんかやっぱり、人生のタイムラインやスケジュールって地球に降り立つ前に決めていると私は思います。そしてそれは意図して設定してきているのではないかと思ってしまいます。そうでないと説明がつかないこともあるし、そんな風に説明されて納得できるもんじゃない、っていう両方の気持ちの二つが混在しています。しかし、地球人としては一見不幸な設定でも、そこから何かを何かを感じること、気づくこと、カルマを解くこと、そんなところに魂の目的ってあるんじゃなかろうか、とも思う。その不幸が無ければ感じられない、乗り越えられない何か、ってありますよね。より命の大切さがわかったり。人の愛を感じられたり。

 

ヨガやったら湿疹がでなくなり、肌がきれいになってきました。ひゃだすごい。どんだけ溜まっていたのでしょうか、私の中の嫌汁が。怒りが、混沌が。もうちょっと早くから始めていれば良かったぜ。。45歳にして今人生でお肌絶好調。そしてこれも私のタイミングなんでしょうね。だから今が旬、小栗旬ってことにするわ???

 

仕事が忙しくて日中ほとんど机の上でひーこらしていますが、仕事についてもいろいろ感じることが昨今あります。が、なんかブログに書けなくてストレスたまってきたわーん。

 

息子が今日誕生日でした。彼の誕生日を祝うとともに、私も母ちゃんになって12年。偉い、素晴らしい!よくやった!と自分をお祝いしようと思います。上の子っていうのは常に自分もアップアップで子育てしているので、【同士】な感じがありますね。

 

あらもうこんな時間なのね。寝まそ。

 

ではまたねーん

 

 

夏子

 

 

 

コメント
夏子さん おひさしぶりです☆
息子さん、お誕生日だったんですね。
おめでとうございます(*^^*)
母親歴でもあり、ほんと感慨深いですよね。

ほんと同士、ですよねぇ、濃いソウルメイト。
私も子ども達と切磋琢磨する毎日、自分らしく生きることをこれでもかと見せてくれますね(^^;反抗期、まっさかり(笑)

相変わらず毎日お仕事お忙しそうなので、ご自愛くださいm(__)m
変わらず夏子さんのブログ楽しみにしてます〜♪
  • aya
  • 2019/06/15 9:18 AM
ayaさーーーーんお久しぶりです!お元気ですか?

ありがとうございます!子供っぽさが抜けて、非常に扱いづらいwwけど何とも頼もしいような微妙な気持ちです。上の子は感慨深いですよね、なんだか。。

あんまり書く時間がなくなってきちゃってますが、こっちも頑張ってやりたいと思ってます、ayaさんも頑張ってねー♪

コメントありがとうございました!


夏子
  • 夏子
  • 2019/06/16 12:15 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM