次世代へのバトンに向けて。

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 23:50

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは夏子どす。

 

目の問題がねぇ。。。老眼ねぇ。

 

遠近両用メガネとかコンタクトとかやってる皆さんどんな感じ?最近は下の方に老眼の小窓がついてるような感じじゃなく普通の眼鏡っぽいらしいけれどもさ。

 

私も取ったりつけたりすんのがめんどくせぇんですよ。普通の眼鏡で過ごしたいんですが、そうなると小さな文字を読むときは外すことになり、とはいえ老眼鏡だと車の運転はできないしで、すごい目が疲れるしめんどくさい。二つとか三つとかそこらへんに眼鏡転がってるから、踏んだり犬に噛まれたりでなんかとにかくいろいろめんどくせぇ。

 

昨今は結構幅広の眼鏡おおいじゃん?大江千里みたいな。だから幅もあるし遠近両用で+5000円とかだし今度作ってみようかしら。慣れるまでちょっと時間がかかるみたいだけれども、案外死活問題なのよ。肌と髪と目、ってのは年齢とともに対応を変えるのはほんとしょうがないわね。

 

みちよさんの記事に便乗するけれども、この○○チルドレンの話面白いね。

 

私自身はガチインディゴとして君臨しちゃってますけれども、みちよ定義と被る部分もあり、そうでもない部分もあり、でも押しなべてこんな感じ。昔友達に夏子さんってニベアのパッケージみたいな色に見える、って言われたこともあったわ。

 

でも、インディゴでありながらも、その前の世代の色も背負ってるわね。訓練とかド根性とかそういうのに対して従っちゃう部分もあるのよ。反逆だけじゃなくて。なのでおそらく私も含めグラデーションみたいな人も多いのでは?と思います。

 

こんなブログ読んじゃってるあなたはもちろん鬼インディゴなんですけれどもw、でも私の感じるところでは隠れ鬼インディゴって人も多いと思います。というか、たぶんクリスタルがちょっと被ってる部分もあるのかも。

 

裏でめっちゃメラメラと起こってるけれどもそのネガティブが受け入れられないとか。争いは好まないけれどもこの不条理に対する怒りはどう発散したらよいものか?みたいな方も多いよね。

 

私自身はとはいえインディゴが強いとは思うのですが、自分の子供見てても面白いです。

 

息子はインディゴよりのクリスタルかもなぁ。非常にシニカルなところもあり、でも争いは嫌いみたいな感じ。

娘はもっとクリスタルでみっちーのクリスタル定義に結構当てはまるわ。

 

レインボーちゃんにはまだ会ったことないなぁ、私は。でも私の孫とかそうなるのかしら。ひゃだ会うの楽しみ♪

 

クリスタルちゃんは周りにいっぱいいます。やっぱり結構イメージ的に透明。後はやっぱりアレルギー体質みたいなのもあるかもね。私たち赤色3号とか平気で食べて晩年になってちょっと影響でる、ぐらいの場合が多いですけれども、うちの子供らにしてもえ、そんなものに?って感じのアレルゲンがあったりします。

 

でもそれぞれのチルドレンなりの大変さってホントにありそうよね。

 

私たちインディゴのデストロイヤーとしての生き様の大変さは皆さんもよくお分かりだと思うけれども、でもやっぱり戦ってきたから無駄に熱い、というかやっぱりとげとげしいところはあると思うんですよね。

 

なので私はうちの子供のクリスタル感が “弱さ” みたいに見えちゃうところがあるのよね。

 

もっと言いたいこと言えばいいじゃないとか、

なんでおかしいものにおかしいと言えないのか、とか

打ち勝ってやるみたいな気持ちにどうしてならないのだ?とか

 

やっちゃうわけなんですよね。まぁ、これはインディゴ性ってよりは私個人の特性かもしれないけれども。

 

で、自分が感情の部分で苦労したものだから、子供の様子を見て先回ってしまって、

 

反論しないのはいじめられてるんじゃないのか?とか

表現の仕方がわからないのは抑圧されてつらい目にあってるんじゃないのか?とか

虚弱体質なのは私のせいなのか、とか

 

なんかいろいろと詰め寄っちゃうんですよ。

でも結果として子供らはそこまで大して悩んでないのにママが前に出てきて面倒なことになった。。っていう反応が多い。

 

だからインディゴを親にもつクリスタルも大変だなってw。これはこれで彼らの悩みっていうのも出てくるんでしょうね。

 

クリスタル以降についてはもう私の範疇ではなく、どうなるのかわからないけれども、

 

そうやって人類は地球は宇宙は進化をしていくのでしょう。なんて壮大。

 

なので意図してなくても次世代の子供たちを苦しめてしまうこともあります。自分たちの親だって苦しめたいわけではなかったけれども結果としてそうなってしまう場合もある。でもそこから学んだからこそ次の世代にバトンが渡せるってことでもある。

 

年を取るにつれて柔軟性と変化に対する順応性みたいなものは常に意識していた方がいいな、とは思います。

 

舌を噛んでしまって口の中がいてぇ。。。

 

バイザウェイ、ユニクロで裏起毛スウェット上下っていうの買ったんだけれども、もう超やみつきなんですけれども。

で、下着もイトーヨーカドーですっぽりゆったりカバーみたいなパンツ買ったんですけれども、これも超やみつき。

 

楽が一番よ。気持ちがいいのが一番よ。あたしはもうそんな風に自分に優しくしたいモードなのよ。

コットン素材じゃないとダメになってきましたね。楽にいこう。

 

 

また書きますわ。

 

 

夏子

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM