自分に嘘をつくと

  • 2018.07.30 Monday
  • 23:49

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

濃い一日でした。お疲れ様でやんす。

 

Balance. バランス ばらんす。これがどうも私の人生のテーマなんだな、と思い知った本日でした。

 

ま、いろいろあったんすけど。振り返るのもしんどいぐらいちょっと疲れました。

 

さて、

 

自分に嘘つかない。ということ、スピリチュアルでもよく言われてますよね。本音で生きよう!と。

 

とは言え、

 

状況の中で、自分を守るために、自分の選択が正しいか否かが不明確な時に、どうしても人は自分を欺いてしまう時もあります。

 

が、ある出来事を客観的に見ていてなるほど、自分に嘘をつくと困ったことになる、とはこういうことか、ということを感じました。

 

何かの行動が嫌だったとします。それは社会的にはやるべきこととされていることでも人付き合いでもなんでもいいんですけれども、

 

嫌だけれども、断ったら嫌われる、と思って承諾する。しかし、全然好きになることもなく、やってみたけれども嫌だったので、そこを離脱したくなった時、もしくは関係を断ち切りたくなった時に、

 

人って一番もっともな理由をつけようとしますよね。大体は“みんなに迷惑がかかるから”とかそんなのとか。

 

はたから見たら、あ、嫌なんだな、だから関係を断ち切るんだなってのが明白なんだけれども、如何せんもうどーしよーもなくて、、というような体で、自分が悪いんです、すみません、ってな感じなんですが、

 

その理由が自分自身ではなくて外界のせいである、と言えば言うほど、

 

周りはオプションを提供してくるんですよね。

 

じゃぁ、これはやめて違う方法にしてみたらどう?とか、じゃぁその日がダメならこの日にする?とか。あなたのやりやすいように変えてもいいんだよーみたいに。

 

でも本人は単純に「嫌だから」な、だけなので、オプション与えられちゃうとどんどん逃げ場がなくなってきて、自分の立場がなくなっていってしまいます。最後は被害者意識を持ち出して、もう全部回りのせい!とかなってぶち切れてしまったり。

 

それでもまだこのケースでは自分がそこから抜けたい意思を発しているからいいんですけれども、

 

嫌なのに抜けられない。抜けたら何言われるかわからない、嫌だったけれども首を縦に振るしかない、と思って嫌なことを延々とやってると、

 

嫌なのに続けるっていうものすごい苦労をするじゃないですか。忍耐、根性。

 

それが、後々にその人の“●●は嫌でもなんでもするべきでしょ!”っていうその人の法律みたいになってしまって、

 

嫌だからやりません、とか言ってる人が死ぬほど許せなくなるのよね。

 

耐えてきたら耐えてきたほど自分が頭の固くて嫌な人間になってしまうのよ。

 

だからほんとは自分では嫌だった、やりたくなかったけれども、やめられない時って、

 

そこを「やりがい」を無理繰り見出そうとするのですよね。嫌だけれどもやってる理由、それを正当化して私の選択は“やっぱり”間違ってなかった、と自分を納得させるために。

 

“私がいないとこの場はまわらないから”とか。“ひどい環境だけれども、私を慕ってくれている人がいるからやめられない”、とか。

 

結局自分でついた嘘をかばうためにまた嘘をついて、またその正当性を保つために新たな嘘を探す、みたいな感じでしょうか。

 

これの連続やってるともはや自分が何者であるかなんてわからなくなりますね。

 

そこでNOというのは相当KYかもしれない。

もうどうしても拉致状態に近い状態で抜けたら死ぬ、程の怖さもあるかもしれない、

嘘をついて嫌な関係を続けていた方が安心かもしれない、

 

いろんな状況がありますし、私もたくさん自分を欺いてきました。

 

でも最後に“これが私の生きたかった道”を自分の責任として納得するためには、

 

怖くても自分に嘘をついたらだめなんだな、と思います。

 

どっちが正しいのかわかんない、って時もあると思います。私の気持ちはどっち?と。

 

そういう時は、怖い方、がほんとの本音ですよね。

 

あんまり気の向かない飲み会を断れない、ぐらいならさておき、とも言えますが、

 

就職、結婚、引っ越し、入学、そういった自分の人生の分岐点で、

 

誰かのために何かを選ぶ、にしても、

 

もうもってけ泥棒ぐらいの超無償の愛で見返りもなくそれができるならOKですが、

 

そうじゃないなら、絶対に譲ってはいけないんだな、と思いました。

 

でも、普段は自分を欺きっぱなしだけれども大事な時にははっきり自分の意思を貫くから大丈夫!と思ったとて、

 

それは全然体操なんかやっとことありませんけれども、トカチェフからのカッシーナで着地します!ぐらいのドリーミングなので、

 

普段からコツコツ自分に嘘をつかない、を続けて行かないとですよね。

 

勇気のいることですけれども、

 

しかし例えば、気が乗らない結婚をしなくてはならないからする、となったとして、

 

結婚そのものは何とか自分に嘘をつきつつ乗り越えられたとしても、

 

その後子供だ、義両親だ、親戚付き合いだ、お金だ、なんだ、で、

 

どんどん自分が一度自分を欺いたことを土台にして“やらなければならないこと”は山積みになります。

 

そこをすべて“あぁ、なんでこんなこと”と思って生きるのは大変につらいですよね。

 

プリミ恥部さんがいつも言っている“自分に嘘をつかない”っていうこと。今の世の中なら頑張ればそうやって生きれると思うので、

 

あたしもそうしよっとと思う昨今です。

 

あぁ、疲れたわ、本日はほんとに。濃かった。。

 

 

また更新しまーす

 

夏子

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM