無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】17

  • 2018.06.28 Thursday
  • 00:14

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

 

こんばんは、夏子です。
 

 

ひっさびさ暑い中鬼のようにグラウンドを走ってきました。すっきりです。
 

 

では、本日もまいります。モチコさん20代女性!!!

 

 

【相談内容・聞いて欲しいこと】


夏子さん初めまして。

 

ブログを拝見して突発的にご相談させていただきました。

今「一人暮らしをしたい」「新天地で人生をやり直したい」と考えています。家族の束縛や敷かれたレールを走るのに疲れた為です。

ただ感謝を忘れて自分の意思を通すことに罪悪感を感じてしまっています。一人になる不安も感じています。ネガティブになってしまって答えが出ないのでどうかアドバイスをよろしくお願い致します。
☆☆☆

 
モチコさん、投稿ありがとうございます、初めまして、よろしくお願いします<(_ _)>
 
家族の束縛と敷かれたレールに乗らされている、っていう自覚すらない時もあるんですよね。もう世界はそれしかない、それ以外ないんだ選択肢は、って思い込んでいる状態。
 
でもモチコさんは家族の束縛と敷かれたレールがあった、ということを自覚されている。なのでいろいろとご自分でも悩んで状況がみえてきている、そして前に進みたいと思ってらっしゃるのだと思います。
 

でも、
 

実は家族と一緒にいても、人生をやり直すことはできるんですよ。場所の問題ではないんです。
 
実家から【出る】ことで変わるわけではないんですよね。
もちろん踏み出した勇気が出たことは一つStep upしています。それは一つ進化ですが、
新天地が何か与えてくれるわけじゃなくて、心的に親から自立していないと場所を変えてもあまり変わらないっていうのはあります。
 
でも、家族がいるとどうしてもエネルギーに巻かれてしまいます。そういう意味ではフィジカルに家族と離れる、というのは自分だけのステーションを作るという意味で必要な場合もあります。
 

感謝を忘れて自分の意思を通すことに罪悪感を感じているところが一番気にかかるところなんですけれども、
 

親の束縛を振り払ったら、親が悲しむだろうな、っていう気持ちもあります。
 
この人たちのために一緒にいてあげなくちゃならない、ハッピーにさせてあげるためにレールにのって束縛されてあげなくちゃならない。何より私がいなくなったら親だけで大丈夫だろうか、っていう心配もある。
 
そして、私がその親の期待を裏切ったら、がっかりされて、ひどい子だ!ダメな娘だ!と思われたくない、っていう恐れもあります。認めてもらえない、っていう恐れです。
 
でも私は私だ、私は自分の力で自分の方向性でもう生きていたい、言うことを聞いて聞き分けの良い子をやり続けたってちっとも喜びを感じないし、
 
私に頼るな、親にも自分の人生を生きて欲しい、子供が自分の思い通りになることがなぜいい事で素晴らしいと勘違いしてるんだ、まとわりつくな、自由にさせろ!っていう怒りもありますよね。
 
そのへんの複雑な感情を自分で認識してしまうのが怖いので、
 
「感謝を忘れて自分の意思を通すことに罪悪感」っていう綺麗なまとめにしちゃってるんですよ。
 
こうなってしまうと、怒りの感情とか悲しみの感情とか、もっと前に出ていきたい情熱とか自由になりたいっていう願望がざーっと消されちゃうんです。

そして親も自分も誰も悪くない、「感謝」っていう社会的にOK、とされているところで筋を通しておけば、
自分は怖いのに無理して動かなくてもいい、という言い訳にもなるし、また、無理だよね、しょうがないよね、ってあきらめる正当な理由にもなる、と思ってるところもあると思います。
 
親に感謝はもちろんしていると思います。親があっての今の生活だし、ある意味人生の道しるべを示してくれたことも感謝だと思います。
 
ネガティブになってしまうのは、「自分が悪い」って自責に持っていくことで、あきらめよう、あきらめよう、そうすれば波風が立たないし、っていう自分の感情の抑え込みをやってしまってるから、心がくすんじゃって、どよーんってなるんですよね。
 
でもあきらめきれないのですよね。チャレンジしてみたい。でもどうしたらわからない。
 
これは私がずっと言ってることで、ご存知かもしれないですが、
 
毒ノートを書くことです。毒ノートとは今まで自分がほんとはこう思っていたけれども言えなかったこと、悲しかったこと、つらかったこと、それをどんどんノートに書いてください。
 
書くだけでいいです。そして、どんな汚い言葉で親をののしる言葉が出てきても構いません。
 
自分で紙に書けば、誰も傷つきません。誰にも見せたり聞かせたりするものでもなく、また言いたい相手本人に面と向かって伝えるものでもありません。
 
そうやって、自分は本当はどう感じていたのか?を自分で知ることです。書けば書くほどその感情は外にでて、あらわになってきて、私こんなこと思ってんのか?と自分で驚くと思います。
 
それは非常に苦しい作業ですが、
 
自分の想いを自分で感じ取ることができると、自分をじゃぁ、もうこういう状況からは救ってあげないとな、と思えるようになりますし、つらかった過去の自分を慰めて癒すこともできます。今までこんな感情があったのに無視しててごめん、つらかったね、って。
 
そうなるとおのずと自分で一人暮らしの準備を始めることに躊躇がなくなっていくと思うんです。
 
躊躇がまだ例え残っていたとしても、いや、もうここにはおれん、行くぞ!!っていう勇気が持てるようになるかもしれません。
もしくは、別に実家を出る出ないの問題じゃないんだな、という着地点に辿り着くかもしれません。
 
そして、
 
親御さんの束縛は、モチコさんに失敗してほしくないから、幸せになってほしいから、という親心でもあるのはわかってると思います。
 
しかし、それでは幸せになってないんだ、そうじゃないんだ、というモチコさんの主張を本当の意味で親が理解してくれるのは、
モチコさんが敷かれたレールの外で生き生きと過ごしている姿を見て、あぁ、あの子は幸せなんだ、と感じた時です。
 
そして実は親はそれを求めているんですよね。モチコさんに生き生きと生まれて良かった!この世に運んでくれてありがとう!と親御さんに言えること、それを彼らも見たいんです。そこが見たいからこそ、自分たちが信じてやまないレールを押し付けちゃうというパラドックスがあります。
 
感情の整理は結構時間がかかります。今、思い切ってぶっちぎり一人暮らしを始めても不安でいっぱいでポカーンとしてしまうかもしれません。それこそ罪悪感と不安でいっぱいになってしまうかもしれません。
 
その準備段階としていろいろと自分の感じたことを自分で書いて、傷ついていた自分の存在に気づいてあげてください。
そして、もうこういう思いを自分に課すのはやめよう、と思ったときに、
 
勇気はいるけれども、実家を出た方がいろいろ気を使わなくて済むな、やってみたいなってことで実家を出るかもしれないし、
 
実家にいるけれども、親は関係ない、私は私のやりたいように生きよう、と思ってレールの外で何かを始めだすかもしれません。
 
いずれにしても不安で怖いのを無理して。。っていう感じではなく、
 
腹に一本揺らがない軸があるうえで行動するようなイメージでしょうか。当たり前のようにやる感じです。
 
モチコさん、優しい方なので、親を見捨てられない、と思ってらっしゃると思います。
 
でも、見捨てるわけではないですからね。本当の意味で、お父さんお母さん、生んでくれてありがとう!という親が最も求めているものを取りに行くこと、自立して一人でも楽しく生きられる力をつけること、
 
それは決して親不孝なことでもなければ悪い事でもないです。どんどん自分の意思を尊重してあげてください。
 
頑張って!応援しています!!
 
また更新しまーす

 
夏子
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM