いい年齢の重ね方をしたい、と思う。

  • 2018.06.02 Saturday
  • 00:32

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

今、今井美樹のアナザースカイ観てましたわ。

 

今井美樹、かっこいいですよねぇ。私は彼女の歌声は不思議な波動が入っていて聞いててとても癒されます。

 

最近のアルバムとかはあまり聞いてないので新しい楽曲はあまり知らないんですけれども、初期の頃のアルバムは昔とてもよく聞いておりました。「東京、八月、サングラス」とかね。Prideとか有名どころも好きですが、二人でスプラッシュとかね。なんか異空間に連れて行ってくださいます。

 

もう55歳だとか。見えねーわぁ。でも、その美しいたたずまい。芸能人だからもちろん手入れが行き届いてもいらっしゃるのでしょうけれども、非常に雰囲気のある人だなぁといつも思っております。超美人じゃないのでしょうが、笑顔がいいですよね、笑顔が。昔から笑顔が素敵な方ですが、年を重ねてより素敵な笑顔になったと思います。

 

私もつい先ごろまで自分の老いを受け入れられないのだな、ということを実感していたところだったのですが、

 

老眼が進んできたとか、腰が痛いとか、手の血管が目立ってきたとか、なんだかそういうことを人に言って自虐する自分もなんだかな、と感じ始めています。だからなんだっつーの、だわね。

 

若さっていうのはやはり特別なもんでもあり、フィジカルに若い時期っていうのはほんとに一瞬である、と今になって痛感するのですが、

 

しかし、いくら肉体的に若かったとはいえ、あのころの自分というのはやさぐれていたし、いろいろと葛藤の末躍起になって人当りもきつかったな、と思います。

 

誰でもおばさんになるのだな、と当たり前のことなんだけれども思います。しかし、やはりここで人間として自分が今まで何をしてきたのか?っていうのが問題になってくるのだな、とも思うわ。

 

自己愛が低いとどうしても自分が獲得した外付けのもので自分の価値を証明しようとするじゃない?若いころは肉体とか若いって事実だけで十分それも可能だったりもするんだけれども、

 

80年の人生の中でヤングな大人の時期って賞味15年ぐらいなものなので、それもいつまでも持たないのよね。在庫が。

誰かに施されてるだけの人生なんてやっぱないのよ。それは仕事しろとかいい人になれってことじゃなくて、自分で自分の幸せの責任を取れてるかどうかってことよね。

 

 

誰かのせいでこうだ、とかこの状況ではこうするしかなかったじゃん、とか、

自分は人を馬鹿にしまくって感謝もないけれどもいただいて当たり前じゃん、だってそうじゃない?ってマインドで居続けちゃうと、

 

人に対しても損得勘定で付き合っちゃうし、仕事しててもイライラしたり常に自分の結界を守ろうとしてピリピリしちゃうよね。

そして恐ろしいことに人に軸を預けちゃうと、自分のリアルな能力レベルにに気づけなくなるのよ。自己の過小評価か過大評価のどちらかに転じてしまう。

 

もちろん、無理なことや不条理なことは断っていいんですよ。

 

でも無理なことや不条理なことを「しないと認められない」と思っていた自分がいたり、そこで自分をその状況から離してあげて救済できなかった過去があると、いつまでもその状況を続けて「元を取ろうと」しちゃうんですよね。

 

スピリチュアル反抗期も同じですよね。こんな私にしたのは誰でしたっけ??と不幸な自分を見せて相手に罪悪感を持たせよう、改心させようとするんだけれども、それやってるといつまでも同じところにたたずんでしまう、という。

 

そして元を取ろう、としている間はなかなかそのからくりに気づけないし、そっから抜け出ないまま元を取れることはほぼない、という現実。

 

余裕というか心の豊かさっていうか。何かを提供したり施したりをするけれども、それに何も見返りを期待しないで、どうぞどうぞとあげられる余裕、そういうのを持ったおばさんになりたいな、と思うわ。

 

それは滅私奉公したり自己犠牲をいとわない素晴らしい人間を目指しましょうとかからは超真逆の方向に一度振り切らないと見えてこない境地でもあるのよね。

 

私もそうだったですけれども、感情を抑え込んできた人がスピリチュアルに足突っ込むと、自己肯定をやろうとするあまり、ありのまま教みたいな感じで一見傍若無人な感じになるんですよ。私が私のままで何が悪いの?嫌なことは絶対しませんから!みたいな。

 

でもそれも必要なプロセスなんですよね。その傍若無人さが人に受け入れられない、という現実を知って、そこからリアルな自分の実像っての初めて見ることになる。そこの部分が非常に苦しいところなんですが。私の場合はそうだなぁ、誰よりもすべてをよくわかってるし大人だと思ったけれども、実は非常にお子様で特別意識を振り回して生きてきたんだな、って事実かしら。。きつかったわ。

 

なので、今私が目指すところは、

 

あなたが助かるのならば私もうれしい、という、ま、平たく言うと愛よ。愛。そういう余裕を持ちながらも、自分を利用しようとする人にはきっぱりと意思を伝えられる人間っていうのかしら、そういうのいいな、って夏子思う。

 

それには徹底して自分を救済し、自分のために自分のためだけの人生を持つことが必要よね。

自分が満たされていないのに、誰かをために犠牲になる、というのは親から子でさえも難題である、ということは多くの人が経験していることよね。

 

そんなんで、ケンケンガクガクしていた人生前半戦から、後半は抑揚はなくなるかもしれないけれども、いい顔の大人になるべく、謙虚に楽しくいきたい、と思う昨今でございます。

 

がんばろっと。今井美樹さんインスピレーションありがとー。

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    aya (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    miyano (08/15)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    夏子 (07/17)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    aya (07/17)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    夏子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    ビー子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】19
    夏子 (07/01)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】3
    夏子 (07/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM