すべては進化である、と思う。

  • 2018.05.20 Sunday
  • 16:22

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

どーもー、こんにちは、夏子です。

 

すっかりスピライフから遠ざかってますけれども、逆に言うとそれは軸に戻ってるってことなんじゃねーか、と思う昨今です。

 

西城秀樹さんがお亡くなりになられましたね。お若いのに残念です。

 

カレー、バンダナ、ダンスしながらの歌唱、どれを取ってもおそらくヒデキが第一人者であり世にそれらを浸透させた方なんだと思いました。すごいエネルギーですよね。

 

昭和の時代のスターという人は、規格内に入れることこそ上等、とされていた時代において、ほんとに突出した人たちだったのだと思います。

 

ま・さ・かアイドルなんか普通なれないでそ!勉強していい大学入りなさい!な世の中で、

 

バンダナ巻いて歌って踊るヒデキは最高にかっこよかったのだと思います。おそらくたくさんのネガティブなものも受けられたと思いますけれども、それでも最後まで私たちに夢を与えてくださってほんとにありがとうございました。

 

そんで例のアメフトの反則行為の問題なども取りざたされておりますけれども、

 

内情はもちろん知りませんけれども、私が感じたのは、はっきりとはそう示唆しなかったのだろうけれども、そのような意味を含めた指示をして、そしてまさかそこまでするとは思わんかったけれども、俺の言うことをよく聞いたうんうん、みたいな感じだったんじゃないかと思いました。

 

そしたら世間がなんだあの監督?となって猛攻になったわけですけれども、

 

あの反則行為の瞬間にこれほどの大ごとになるとはもうわからないくらい監督さんの感覚はマヒしてたんだろうな、と思いました。

 

実ほど首を垂れる稲穂かな。。って言いますけれども、

 

偉い人、立派な人というのは人を見下したり、足蹴にしたり、顎で指示したりしないですよね。

ほんとに人間のできた人は、何をするにもそれはお前ひとりの努力ではなくて、むしろ自分が支えられていることを知ってるわけですから、感謝しかないはずなんです。そして回りに対する感謝がなく【全部俺のおかげ】となると人はほんとに孤立して裸の王様になるんだな、っていういい例です。

 

でも、こうやってこの事件やレスリングの件も見てみると、

 

スポーツとか芸能の世界ってのは一般の社会よりもモラルという点で発展が遅いんだな、と思います。

 

それがまかり通った世界で、

 

絶えなきゃいけない、我慢しないといけない、辞めてはいけない、いざとなったら反則でもセクハラでもなんでもこい、だってそういう世界だしそこを生き抜けないとほんとのスターになれないから、っていうそういう時代があった。そしてそれを生き抜いた人たちが指導者になったら、「だって俺はこれを耐え抜いたんだから」っていう信念のもとで後輩を指導するんでしょうね。その縮図だったんでしょうかね。

 

しかしいろんな事件が起きてきて、

 

もうそういうのそろそろ要りませんよ、っていうサインなんだと思いました。

 

DJあおいが言ってましたが、

 

人は得意なことに夢中になり、夢中になることが努力をすることであって、

 

人から与えられてできなかったら罰せられるようなこと、死ぬほど苦手なことを努力しても別に苦しい思いでしかねーっすよ、努力じゃありませんって回答がありましたが、まったくその通りだと思います。

 

水も飲まずに罵声を浴びせられ、これに耐えられないやつはクズで俺の言うことを聞かないやつは試合にも出れないし、まして文句などと言おうもんならどうなるのかわかってんだろうな、おい。っていうところで人を鍛えたらそりゃ生き残ったスポーツ選手はそりゃ強いでしょうよ。そしてそれでも、それでも好きだから一生懸命やるんだ!ってやる人はそりゃ続くでしょうよ。

 

でもそれが「本物への道」かどうかはわかんないですよね。虐待的な環境で鍛えぬかなかったけれども、世界ランク一位、とかばっかじゃないですか。今のスポーツも。

 

までも、

 

そういう世代交代的なことは私の日常でもたくさん起こっていて、保護者関係のものでもそうですけれどもね。

 

すぐには挿げ替えられないんですよ。新しいコンセプトに。

 

それまでいろんな人が嫌な思いも楽しい思いもしながら気づき上げてきた歴史があり、変化に対応している人もしていない人もいる中で、

 

そんなのおかしいじゃないすか、非効率ですよ。なんでこれをやんないんですか?っていうのは、

 

挑戦状をたたきつけるようなもので、オールドフィーリングの人たちにしたら自分の半生を否定されたと感じ、感情論で論破してくるんですよね。わかってない!と。

 

そして実際彼らあっての今、でもあるので、

 

とにかく相談することが大事で、これってこうできませんかね、これの方がいいと思うんです、という感じでじわじわ変えていく。

 

それでも絶対絶対そんなのおかしい!って非常に頑な人はたくさんいます、でもそういう人がいる場合は去るのを待つしかない場合もあると思うんですよね。日大のようにほんとに困った状況になってるのであればもちろん声を出さないいけませんが、そうではないことについてはややこしい人がいなくなるタイミングを待つ方が賢明の場合もあると私は思います。

 

今回タックルしてしまった選手は、非常に重い役割を持ってしまったし、負傷した相手の選手もほんとに不条理を感じると思います。しかし、固い鉄格子を開けてくれた強い魂のお二人でもあったのだとも思います。どうか二人ともきちんと立ち直ってほしいと思います。

 

会社勤めをしていても思うんですけれども、

 

増殖→洗練→増殖→洗練を繰り返しながら、すべては進化してるんだな、って思うんですよね。

 

例えば何かの商売がわーと盛り上がるとき、増殖している時っていうのは大体すごいワンマンなリーダーとかがいて、

 

ワンマンなんで非情な部分もあったりするんでしょうけれども、でもそのくらい突き抜けた意思やエゴがある人が出ていかないと何も興らないってのもあると思うんです。特にこのよしなに、な文化のジャパンでは。

 

しかし、それが沸点を過ぎると、今度は洗練が始まって、不要なものが淘汰されていく。でも増殖時代に培ったベースや技術、名声、それらのものは残っていくんですよね。

 

そしてその種子の部分を内包したまま別の形態になってさらに進化する。会社の吸収合併も同じかもしれません。

 

洗練、の時代に淘汰されてしまった人は、自分を無力だと思ったり、被害者意識に陥ったり、と責めてしまうことってたくさんあると思います。私も会社クビになった時はそう思いましたけれども、

 

でも、今考えるとそのことをきっかけに「あんたはそれでいいの?」と問いかけられていたとも思うんですよね。

 

そこで自分を責めて世の中を責めてやさぐれるのもいいけれども、ほんとにこの状況で残っていたかったのか?もっと知るべきことがあってこの状況にあえて直面しているのではないのか?とかね。今考えると、会社の流れと私の人生の流れが交差して、会社=悪い、私=かわいそう、ということではなく、それぞれの転機がクロスしていた時期でもあったな、と思うんです。

 

会社の洗練期には自分は残って付き合うことがなかったけれども、自分自身の人生の洗練期には入っていたな、という感じ。ま、モノはいいようとも思えるけれども、そうやって前向きにとらえていかないとそこで止まりますからね、すべての流れが。

 

いずれにしてもなんだか知らんけど私たちは進化に向かっている、と思います。その進化は何のため?といわれるとそれは誰も知りませんけれども。誰もなんで宇宙があるのか?なんていまだにわからない。

 

しかしこういった世代交代、増殖、洗練を繰り返しながら、

 

より良い世の中に向かおうとしているのだろう、とざっくり感じました。

 

そんなわけで、今日は久しぶりに息子の野球の試合も勝利しまして。よかったよかった。

 

息子、4泊5日のセカンドスクールってのに行って帰ってきたら成長してなにかを超えてきたっぽくて、すごい反抗期じみてきました。

 

反抗期というのは子離れが終わると終わるらしいっすよ。要するに親を拒否しているわけですからね。でもまだまだ一人じゃむりじゃん!ってことも実際あるから親は介入しようとするのですが、そのせめぎあいがいわゆる「反抗期」の時期なんだって。

 

私自身も付きまとってるのは私で、息子が私に付きまとってるんじゃないんだな、っていうのがわかってきましたし、これも成長のしるし、空気読んで私の機嫌取りせずにちゃんと反抗してくれる子でよかった、などと自分を慰めますけれども、

 

とはいえ

 

 

むかつきますけれども。くっそー。

 

 

あぁ、こうやって過ぎていく日々。

 

 

長くなりました。また書きます。

 

 

アデュウ

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM