徒然人とのかかわり更新。

  • 2018.04.13 Friday
  • 23:58

JUGEMテーマ:日常

 

お久しぶりです、夏子です。

 

今年もあっという間に年末になるんだろうな、っていう兆ししか見えない昨今です。。

 

子育てやってると時間の経過が早い。昔は一週間がくっそ長いわ!と水曜日あたりでグロッキーだったんですけれども、今はもうほんとあっという間ですよ。

 

取り立ててファンシーな予定など何一つないけれども、あ、明後日までに集金払わないととか、

 

水曜日遠足なら前の日は唐揚げにして余ったの弁当に入れようとか、

 

そんなことばっかり考えてると【今】に全くとどまれないものですね。ものすごく先のことは全く考えられないし見えないけれども、とりあえず今ここで考えることは少し先のこと、みたいな感じ。

 

こうやっていると振り返れば子供が大学生とかそんなことになってるんでしょう。

 

ま、しかしそれも人生の素晴らしいPieceだと思います。これはこれで楽しんでやってまた酒の場で語るネタの一つになっていくわけですね。

 

年齢を重ねる、ということに一昔前までは恐怖しかなかったのですが、

 

今は素晴らしいことだと感じます。どんな人生であれ、考えて悩んでもんどり打って積み重ねた【経験】という値がある方が完全に人間としては豊だと感じます。肉体は衰えますけれども、だから何ってことでもないんだな、って感じますね。

 

子供のいる人生、というのを私は与えられていますが、

 

子供を通して人生の後半戦を生きる私にとっての意味、について考えるときがあるのですけれども、

 

自分が子供の時に苦しかったこととか見過ごしてきたこととか、表現できなかったことを今またやり直しするために子供が与えられたのかな、などと考えます。人によっていろいろと違うんだと思うんですけれどもね。

 

学校、地域、社会、そこで展開される人間関係を今度は母親という立場で見なくてはならないのですが、

 

心境としては子供の頃と一緒ですね。ひやひやもやもやしながらやっている。

 

この先生自分をわかってくれるかな、友達できるかな、いやな子の近くに行きたくないな、でも一人ぼっちもいやだな、とか。

 

そういう子供時代はもう終わったし、自分はもう大丈夫だ!と振り払ってきたけれども今度は自分の子供を通じて同じ体験をしている気がします。たぶん多くの人が同じ思いをしていると思います。

 

ものすごく身構えている、と言うのを感じます。何をするにしても、です。

 

根底には「自分の身を守らなければならない」という防御の気持ちから、世間をネガティブにとらえ、自分は被害にあうかもしれない、という危機管理を常に念頭に置いて行動しているんだな、っていうのを痛感します。

 

ちっちぇなぁ、自分、と思いますが、そんだけ自分は頑張ってサバイブしてきたんだなーって思いました。よく頑張ってきたぜ、私よ。

 

子供の頃の自分の感情を自分の子供を通じて再体験することは非常に苦しいですが、

 

それでも面と向かってかかってこいや!と一つ一つ向き合うことをしていくと、自分の人生が楽になっていくと感じます。

 

結局、何が苦しいかって、

 

「これはやヴぁい」と思ってることに目を背け続けることなんですよね。

 

目を背けて、違う違う、そうじゃない、私は大丈夫、きっと大丈夫、とか、

 

そんなの気にしてもしょうがないじゃーーん♪と知らんぷりをしたり、

 

そんなことで煮えてるのはあまーい!勝てばいいじゃないの!と自分の尻を叩きまくることなどなど、

 

あの自分の苦しい感情に二度と触れさせない方法はいくらでもあるのですけれども、目を背け続けることですっきりすることはないんですよね。

 

ここは一発くるしー!!助けてー!!と泣きを入れて、私そういうの怖いんだ、いやなんだ、苦しいんだ、ということを自分に許す、そうしないとこれでもか!ってぐらいあの感情を思い起こさせる出来事っていうのは降りかかってくるんのですよ。

 

どっかで向き合わなければならない。私にとっての子育てはそれの連続で、大変苦しいですが結果的にはそれが気づきにつながっていると思います。

 

障がいのあるお子さんを何十年も檻の中で過ごさせていたご両親が逮捕された事件がありますけれども、

 

あれも非常に衝撃的な内容でした。

 

もちろんひどい事件ではあるのですが、ご両親にとってはその時はそうするしかなかったんだろうな、とも思います。

 

お子さんは私と同年代ですから、昔はケアをしてくれる施設などもあまりなかっただろうし、今より世間体という縛りも強く、偏見も強く、

 

ヘルプの手が来たとしてももう自分たちだけでなんとかした方がいいんだ、と思わざるを得ない環境だったのかもしれません。

 

世間に対する恐怖や意地なんかもあったのかもしれないな、と思います。

 

人間って恐怖をどうしても隠して、何でもないふりをしたがるのですよね。

 

でもやっぱりそれは結果としてうやむやにはできないのだと思います。

 

怖いし苦しいけれども、その現状と戦ってる自分、負けそうな自分を受け入れて、今これが自分の状態だ、というのを理解して、被害者意識ではなく、今、自分はどうしたらいいのか?を考えたら、

 

サポートの手、天使の手っていうのは意外と近いところにあるんじゃないかな、と思います。

 

この事件の例は非常に重い例で、他人には語れない苦しみがあると思いますが、

 

仕組みとしては一緒だと思うんですよ。

 

例えば、ですけれども、

 

心許せる人がいない、いつも一人でさみしい、けれども、

 

自分は自分のコミュニティー持ってますアピールとか、

私と付き合うのは波動が合う人だけなんですとか、

みんな私のことを尊敬しすぎて近寄れないとか、

どうも嫉妬されちゃってるみたいでーとか、

 

いろいろ考えて自分を正当化するじゃないですか、人って。そうやって「一人でさみしい。いつも私は一人ぼっちにされてしまう」という感情を飲み込みたくないから、こういうエゴちゃんの防御壁ができちゃうんですけれども、

 

このエゴちゃんの防御壁ゆえに結果として回りからは、なんだろな、あの人、、と思われている、ということを自分が気づけないというトリックがあります。

 

そして「なんだろな、あの人」と実際に回りから思われていることを自分で認めるのは非常に苦しいです。

一生懸命自分で隠し続けられてきた、と思うものが、回りには見え見えでかつ、そう思い込んでいたのは自分だけだった、という事実を直視するのは本当に苦しいですが、

 

直視したら、意外と、

 

「本当の私はこうなんだけれども誰もわかってくれない」と思っていたことを、意外と他人はちゃんと理解してくれていたことに気づいたりもするので、まぁ収支トントンってとこでしょうか。。

 

いずれにしてもそれが解放、っていうやつで、苦しい思いを捨てたら楽になる、という単純なものでもないんですよね。

 

そんなわけで、もう毎日何の予定なんだか分らんくらい動いていますが、きちんと栄養を付けて頑張りたいと思います。

 

もう少しエネルギーためてからまたお悩み相談やろうと思いマッスル。

 

 

ではねーん♪

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

コメント
夏子さん お疲れさまです(^-^)
新学期、気忙しくザワザワももれなくセットな季節に、ずっと小さい頃も今もほんと友達少ねぇなぁ。。と恥じる気持ちと格闘してました。

表面は愛想良くいい人するけど、恐れがあるから近づけない、、それは伝わってるだろうし、私もそれを選んでいて、波動が合わないから!とかエゴが正当化しても解決しないし。

子どもたちは結構どこでも楽しくできるみたいで、ハラハラな私とは全然違うんだなぁと羨ましく眺めてます。

我ら同世代みんなサバイバー、、色々あってもほんとがんばったよね!ナイスファイト!って言いたいです(;_;)
  • aya
  • 2018/04/14 7:47 AM
ayaさん、こんにちは!

そーなんすよ。子どもは何にも考えてない様子で、けろっとしてるんですよね。自分は小学校も高学年になるとモヤモヤしてたんだけどなぁ、、って思うんですけど、ほんとに何とも思ってないみたいで。自分に限らず、なんだか親ばっかり気に病んでる気がする昨今です。随分病んでたんだなぁわたし、、と痛感しますわ(涙)

友達はわたしも相変わらず少ねぇんですけど、いろんな場面で分かり合える仲間がそこかしこにいたら楽しいよな、って思います。
だから改めて家族って、重くて、でも大切で、って思いますよね。。愛憎まみえるこんな葛藤、友達や知り合いとはなかなかやらないですもんね。

振り返れば夏休みのパターンですよ、この調子だと。自分自身のライフも充実させて行きたいですね、頑張りましょう!

コメントありがとうございました〜!

  • 夏子
  • 2018/04/14 6:39 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    aya (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    miyano (08/15)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    夏子 (07/17)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    aya (07/17)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    夏子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    ビー子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】19
    夏子 (07/01)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】3
    夏子 (07/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM