他人に評価を預けると非常に苦しい。

  • 2018.04.08 Sunday
  • 08:33

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

おはようございます、夏子です。

 

これは年齢なのでしょうか。二度寝ってもんができなくなってきました。

 

若い頃は昼間で寝られたんですけれどもねぇ。寝るのもエネルギーいるってことで、やっぱその辺変わってくるんでしょうね。

 

メジャーの大谷選手の米国での評価を見ているとすげぇなって思います。

 

完全なる結果主義な国民性もあるんでしょう。Yes or No,の文化ってか。

 

最初結果が出なかった大谷選手にめたくそ悪口書いてたけれども、打った途端大天才!!みたいな評価で。メジャーって厳しいですよね。

 

アメリカ旅行行ったときにドジャーズスタジアムでメジャー野球見たんですけれども、

 

ピッチャー8人ぐらい変わったんですよね。試合中に。一人は一球投げて暴投気味だったから即チェンジ。

 

変わりはいくらでもいるんだぜ、っていう厳しさを感じましたし、チャンスは与えたよね?できなかったの自分よ?みたいな圧力も感じましたが、それがメジャー野球。

 

世界を股にかけて評価が大々的に発表される大谷選手を含む世界の有名人たちってのはすごい世界に身を置いてるなぁって思いました。

 

大谷選手にしてみたら、そんな回りの評価にいちいち揺れてたら野球なんかできなくなるんですよね。その日その日のコンディションだってあるし、うっかりだってあるだろうし。

 

でもこういう立場の人たちに感じるのは、やはりあくまでも自分の哲学を貫くしかない、ってことです。ダメな日はダメな日で、反省し、良い日は良い日で、また同じようなパフォーマンスができるように慢心せずにコツコツ日々のメニューをこなす。

 

自分との闘いですよ。プレッシャーもあるだろうけれども、そこでメンタルを整えて次に次にと進む。スポーツってそういう意味でやっぱ精神性を高めるにはいいアクティビティだと思います。

 

「ありのままを受け入れる」っていうのをスピの世界でもよく言うけれども、

 

結局はこういうことで、目の前の結果は結果として、素直に受け止め、

 

そして是正するところは是正して、自分でよかったと思うことはよかったとする。非常にシンプルなことなんですよね。

 

つまりどっちの結果であれ、精いっぱいやった自分を受け入れる、ということよね。

 

そこで他人評価に軸を置いてしまうと、

 

必要以上に俺はだめだーってなってしまって落ち込むか、

 

いや、俺だって一生懸命やったけれども、あいつが変なことするからダメになったんじゃん、俺のせいじゃねーし、とか

 

目の前の結果を受け入れられなくなるんですよね。

 

私たちが心の世界でやってしまうのは、

 

例えばいまいちな結果を出してしまったときに、

 

「ここに至るまでの経緯で自分もさんざん苦労して頑張ったことをわかってよ!」

 

っていうのを回りに示したくなるんですよね。

 

だから外野から何か言われるとキーってなって、わかってくれない!と怒って私よりダメな奴いっぱいいるじゃん!ってなってしまいます。

 

どうしてもこの「経緯」というのを他人にわかってもらいたくなる。

 

しかし、現実問題他人が評価するのは結果であって、

 

もちろん親しい人とかその経緯を知ってる人は慰めてくれる場合もあるのですが、

 

困ったことに、

 

頑張り癖がついている人はその「経緯」を隠してしまう人もいます。

 

どうせ誰も見てくれてないんだから、っていう悲しみがある。だから感情を見せずに頑張って頑張って結果を追い求めるんですが、その追い求めている結果、というのも他人の評価を期待した「結果」なので具体性がなく、どんどん高い山に登る終わりのないジャーニーなわけです。

 

でもそこでちょっと「頑張ってくるよね」と声をかけてくれる人がいると、

 

ざーーーーっと流し込んでしまうのですよ。そのそうなのそうなの、頑張ってるの!私必死なの!わかってほしいの!という思いを。

 

で、この人は私を理解してくれる人だ!ってなっちゃうんだけれども、その人が今度はちょっとでも自分の心をくみ取ってくれない雰囲気を醸し出そうものなら、その人を一気に「悪」の象徴みたいに見てしまうことも多々あります。

 

もしくは同じく頑張ってる人でも、常に「私はすごい大変だ」アピールをし続けないとやってらんなくなる人もいます。

 

口を開けばいかに自分がつらいかのオンパレードで、いかに回りがひどいか、という悪口しか言えなくなってしまうこともあります。

 

それも訴えなんですよね。私は頑張ってるのに誰もわかってくれない!っていう。

 

悪口・愚痴で引き合う仲間を一時的に友達、と感じる時もあるし、気持ちをシェアしているという意味では貴重な仲間なのですが、

 

世の悲哀を分かち合ってるだけで、あまり建設的ではない。そのうちどっちかが、もうブツクサ言ってないであたし自分の道を行ってみる!とかなると、

 

もう片方は裏切られた!と感じたり。取り残されたような気持ちになったりね。

 

いずれにしてもものすごいつれーわ。ぐらんぐらんですよね、自分。

 

「私は特別な人間だ」と思うのも、「私はものすごくダメな人間だ」と思うのも、自己否定の結果であり、

 

ダメな人間だと思ってるから特別をアピールしないとやってられないし、

 

特別だと思いたいから自分よりダメだと勝手に認定した相手を叩かないとやってられない。

 

でも自分が勝手にダメ認定した人間がきちんとダメになってはくれないのですよ。

 

ダメなクセに友達多い、とかダメなクセに子供が優秀とか。

 

そうなると、その人が「ダメであってほしい。そうじゃないと自分の信念が通らない」から、

 

悪口を言いまわるんですね。みんなにあの人ダメだよねー馬鹿だよねー、でしょ?でしょ?って。

 

相手がダメであってくれないと、自分の特別性が示せないのですよ。しかしその特別性ってのも本人特に持ち合わせてないから誰もそうだよね、とは言ってくれてない、だからこそまたアピっちゃうのね。

 

なのでマウンティングするやつとか、回りを固めようとするやつってノミの心臓なんですよね。

 

しかしマウンターはエネルギー的には引っ込まずに前にでるエネルギーは持ち合わせているので威嚇力がすごいので一見怖いんですよね。すげぇストロングな人に見える。

 

そうするとその「力」にあやかろうとしたり、またはその力に屈していた方が身が安全だ、と思う人が回りに子分みたいについてる場合があります。

 

いずれにしてもすべて他人の評価を基準にした生き方で、

 

そんなもの風向きが変われば評価なんてガラリと変わるし、

 

全然あてにならない。大谷選手の評価の手のひら返しを見たら顕著ですよね。

 

しかしここで大谷選手が唯一あてにできるのは、

 

今まで訓練を重ねてたくさんの大試合で経験を重ねたデータとスキルの蓄積と、常に自分のパフォーマンスを冷静に見て反省したり、どうしたらもっとうまくなれますか?と相談したりしてきたからこそ得られたアドバイスと信頼に基づく、

 

己の中の自信と確信だけじゃないでしょうか。

 

私は正しく評価されていないとか、私の力はこんなもんじゃないのに時代がついてこないとか、

 

私なんかもよく考えてましたし、今でもあぁ、また私アレキサンダー大王病になってるな、って思うことが多いんですけれども、

 

やはりそれは自信がないからこその思考であって、

 

できてないものはできてないけれども、頑張りたい!教えて欲しい!って素直になっていれば、もう少し若い時からスキルを積めたり、意地さえ張ってなければもっと経験できたことがたくさんあるのになって思うことがたくさんあります。

 

馬鹿にされてたまるか!っていうので培ったこともあるけれども、その思いのために見過ごして、自分で勝手にくだらない認定して経験できなかったことも多いんだよね。

 

が、とはいえそれを言ってももう過去は取り戻せん。そして今日この時点で私は今一番自分の人生の中で若い。

 

ので、自分の意識がどこに向いているのか、何のためにこれをやろうとしているのか、

 

または何が苦しいのか、何がむかついてるのか、解きほぐしていくしかないのかな、と思います。

 

目の前のことがダイレクトに今の自分、というのはなかなか受け入れられないのですが、それをどんだけそのまま素直に受け入れて、かつ自分を責めないってことよね。

 

さて、野球の応援行ってきます。頑張れ息子ー!!イエーイ!!!

 

ではね!

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    aya (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    miyano (08/15)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    夏子 (07/17)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    aya (07/17)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    夏子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    ビー子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】19
    夏子 (07/01)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】3
    夏子 (07/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM