お悩み:自分の望みは愛なのか成功なのか。

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 23:07

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング


おはようございます、夏子です。

季節の変わり目はなんだかしんどいですが、皆さんアレルギー、体調不良、頑張って乗り切ろうぜ。

では本日も行ってみましょう、本日のご相談者は、小巻さん40代女性!!!

お悩み:


みちよさんのブログで夏子さんを知りました。ぎゃは〜。さて、

私。できていないことが劣っていると思ってしまいます。外見もよくセンスもよく仕事もでき自信もある女性だったら独身でも劣ってるとは思わないとおもうのです。職場でもこんな奴でも結婚して家庭持てるのに、、とか思ってます。結婚して家庭あれば社会人として合格みたいな。金持ちでポルシェ乗ってる男だと自分もいい女と思えたり。付き合う男は責任取らないような人だったり既婚者だったり。自分の望みって何なのかわかりません。愛なのか成功なのか?

☆☆☆

小巻さん、初めまして!みちよさんから辿りついていただいたなんて感謝感激でございます!投稿ありがとうございます!

そういう価値観で世の中見ちゃいますよね。わかりますよ。
 
みちよさんのところから来ていただいてこんなニッチなブログにたどり着いていただいているということからも、
 
心の作用で現象は起っているし、世の中の概念、いわゆる「世間」というところには特に真実というものもないのもご存知だと思うし、自分次第であるということもわかるけれども、
 
でも世の中って変革しながらも、40代という事で私らガッツリ親からの成功神話と結婚して一人前みたいな価値観がDNAレベルで入ってるから、「そんな物関係ないわ!」とはなかなか思えないですよ。
 
結婚して一人前、みたいな世の中の価値観は確かにあるし、それさえあれば印籠のように既婚者マークを見せつけて、
 
とりあえずそこはクリアしてますので、ダメ人間ではないです。みたいな証明になるんじゃないかと思っちまいますよね。
 
しかしやっぱりなんですが、
 
世間の概念はそれはそれとして脈々とありますが、例えば今の若い世代の子は私達ほどはそう考えていないと思うんですよね。はっきりとはわかりませんけれども。
 
つまり、今40代の私や小巻さんが持っている世間体とか結婚感があると、同じような価値観の人が波動の法則として周りにいる、という状態なんでしょうね。
 
ということは、社会全体の母数の中の、「成功して・結婚してなんぼ」の人たちが何%いるのかわからないけれども、そのグループが今私達の周りを取り巻き、それが私達にとっての「世界」になっている状態でもあるんだと思います。
 
なので本来は、そんな事全然気にしない人たちも多数いるんですが、会わないし、
 
また自分のフィルターがそうなのでどんな人を見ても「とは言え結婚してないよねあの人」という概念でその人を判断しているだけなのかもしれません。
 
相手が実際どう思っているのかはわかりません。結婚してなくてもお金がなくてもハッピーかもしれないし、
 
または全部持ってるけれども全くハッピーじゃない人もいるかも知れない。
 
でも自分のフィルターで見ちゃうと他人のそこが全く想像できないんですよ、決めつけちゃうのね、あの人はきっと幸せで、こう思ってる「はず」と。
 
そして何か自分が「欠けている」と思っていると、その要素を埋めるために意識は外界に向けられます。
 
これさえあれば、あれさえあれば、ってどうしてもなっちゃうんですよね。
 
でも、その、これとかあれがすごく具体性があるか、というと実はあんまりないんだと思います。
 
例えば小巻さんがあげている、センスがあって可愛くて仕事もうまく行っている人、というのも、
 
センスがあるとはどういう意味でか、というと世の中でいう雑誌に出てくるようなシャレオツ姐さんとか、目がクリクリした女の子や、自分の趣味から派生した仕事でメディアにも取り上げられているとかそういうぼんやりした像はあると思うんですけれども、
 
しかしそれはザクッと「世の中的に」認められているセンスや仕事であり、その人の唯一無二な感じというよりはステレオタイプでもあると思うんです。
 
稼いでポルシェ乗ってる男に選ばれる女も値段の高い女、稼いでるガッツがある男に女として認められている人、ということはわかるけれども、じゃ実際どんな人か、と思うとピンヒール履いて、ミニスカで、中村アンみたいな髪型で、と外側は想像出来るけれども内側ってよくわかんないですよね。
 
世の中的に良し、とざっくり思われている外側ややりがいみたいな物を持ってる人は幸せなはず、という意識になっちゃうんですが、
 
それってやっぱり天井なしなんですよ。
 
今は「結婚」がマイルストーンになってるんだと思います。結婚すれば、という結婚という枠組みに自分が入れば大丈夫な人間だと認知が貰えて、自分も落ち着いてハッピーになれる、なのでそれを手にできる人間になるために「外側」を構築しなくては、と。
 
だからこそ、それらを持ってる人をどうしても意識してしまうんだと思うんですよね。
 
しかしこのマインドだと、
 
結婚したら、今度は「子供を持ってるかどうか」に意識は移動し、
 
子供が出来たら今度は「子供の能力が高いかどうか」に移動し、
 
そして子育て後でも子育て中でも「自分の夫がいい男がどうか」となって、
 
最後はまた、「私はいったい何がしたいのか」と一蹴まわってまた自分に戻ってきちゃうんですよね。
 
結果として自分は「ダメなんだ」というループからいつまでも出られないし、そして周りとは遅れている自分を常に感じつつ、心の安堵感っていうのはいつまでも手に入らない。

 
私の知り合いの方(男性)が酔っ払っている時に、奥さんってどんな方ですか?という質問を誰かがしたら、
 
「ふっつーの人です。ほんと普通の人です。」と答えて、スマホで写真を見せてくださったんですけれども、
 
スポーティーな感じで化粧っ気も余りない奥さんでしたが、非常に健康的なエネルギーにあふれている方だったので、
 
「健康的な方ですね」と私が言ったら、
 
「そう!健康的(大きく頷きながら)。ほんとに普通の感覚の普通の奥さんですが、僕は大好きです。」と、
 
奥さん酒のつまみにニヤニヤしながら飲んでらっしゃいました。
 
自分の幸せとはなにか?というのをわかっている男というのは、こういう男で、
 
本当の意味で女性を幸せにしてくれる男というのは、女の外側なんてまるで見ちゃいないんですよ。
 
そして奥さんも高級車を求めているわけでもなく、粛々と家事と育児をこなし、専業主婦でキラキラを目指してもいないけれども、
生活を全うすることに幸せを感じ、「世間」の男全員からモテるわけではないけれども、
 
奥さんを裏切ることは自分を裏切る事である、裏切るような自分には絶対なりたくない、とナチュラルにわかっている、自分の幸せは何であるかをよく理解している男にぞっこんラブされて、どんな場合でもリスペクトされ、守られているんですよね。
 
ご質問の最後の行にある、成功か愛か、何を求めているのか、という答えは、
 

 

このような奥さんの状態じゃないでしょうか。
 

お会いしたことはないですが、私はこの奥さんは「私は私でいい」という自分への納得感が非常に強い方であると感じます。
 

ご主人は奥さんの唯一無二性にしびれているのであって、彼女の持ってる容姿やスキルなどの条件は、もちろんもっとスカート履いたらもっと可愛く見えるのにーぐらいは思うかもしれないですけれども、そうじゃないと困るものでもなければ、そうじゃないと愛せないものでもなんでもないんですよね。
 

 

もっと自分の条件が良くなれば幸せになれるのでは?という思いは誰だってありますよ。私もそうでしたし、ある意味今でもそうです。そりゃ社会的に認められる要素が大きければそれに越したことはないし、そこで人を判断する人のやじをはねのけられるという防御の一つでもありますよね。
 

 

しかし結果として答えは自分自身に納得出来る時の安堵感しかないと思うです。
 

 

今までの自分の人生を賞賛して、辛かったことは吐き出して昇華してやる。
 

そして、いろいろあった上で今の小巻がおります、と小巻さん自身が納得出来ると、
 

 

そんな小巻が好き、と思う男性だってわらわら寄ってくるし、そしてお金持ちとか素材としての容姿がとか若さとか、もちろんあったらあったに越したことはないけれども、今ほど興味がなくなるんだと思います。
 

 

人間が求めている幸せって実はぜんぜんキラキラドュワーな事じゃないんだと思うんです、本当は。
 

 

非常にフラットで抑揚のない、外側を求めている時は「くだらない事・くだらない人」と思っていた事柄や人の中に実は気づけなかった安定と幸せがある。そこに気づけていない時は人を条件でレベル分けしてジャッジしてしまいがちなんですが、
 

 

実は心が貧しいのは自分の方だった、という大きなベロン、が私も何度もあり、かなーりショックでした。
 

そして結婚してたら社会的にちゃんとした人かどうか?と言ったらそうでない例も散見されますよね。
 
全く関係ないんですよ、その人の外側で持ってる条件とその人の中身と成熟度は。
 
心の充実を培っていく作業は時間もかかるし、わかんなくなることばっかりだし、いろいろとそのあたりはみちよさん等がデリバリーしているメッセージもわかっちゃいるけれどもわからない、みたいな状態が続いちゃうと思いますが、地味に理解を深めていってる状態ではあると思うんです。
 
しかし、お答えとして、小巻さんが最終的に求めているものは、何も持たずとも感じられる自分の人生と自分の個性への納得感で、
なぜ世間が気になるのか?の仕組みは上記のような事ではないか、と思います。
 
世間バリア。ちょー手強いっすよ。今でも私散々巻き取られてもんどり打っております。私は私!などとは全く言えぬ。
 
But、それは自分の心の反映ではあるのだな、とほんのり知っていると少し気が楽。そんな感じです。。
 
小巻さんお答えになったかどうかわからなくなってしまいましたが、条件で相手を見ると、相手にも条件でジャッジされるのブーメランになっちゃうんだと思います。しかし、そこに自分がもとめているものはない、とちょっと客観視出来ると徐々にまた扉が開いていくと思います。
 
投稿ありがとうございました〜m(_ _)m!!!!



 
いただいたご質問がまだあるので、全て終わるまで受付しばらく停止してまーす。

 
では!

 
夏子


 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM