愛されるよりも愛したいか。ってかそもそも愛って無条件のはず。しかし。

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 23:51

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

夏休み疲れです、こんばんは夏子です。

 

もうこうなるとむしろ仕事が息抜き状態ですけれども。しかし子供も成長して1人でなんでもやるようになったなーってほんと思います。

 

まだ小学生なんで危なっかしいですけれども、なかなかにしてたくましい。そういうもんなんだなーと思います。

 

しばし熱く語っていた校長とのバトリングについてもなんだか私の範疇を超えて地域交えての問題となり、いろんな人が動いてるそうで。。良くわからないけどなんか投じちゃった、そんな感じなのかなと思います。いろんなことが臨界点に来ていたのでいろいろと皆で考えるタイミングだったのだろうと思います。いろいろと憤慨したりしましたが、全て繋がっていると言うのを感じます。

 

こないだは夜遅くまで三年ぶりぐらいにあったママ友と飲み明かすと言う場面もあり。

それほどプライベートで親しい人ではなかったのだけれども、この人とはなんかあるだろう、と思っていたらこんな感じでまた繋がって、

 

語ることはといえばものすごいお互い状況が似ていて、彼女に話をしているようで自分に語っているような不思議な時間でした。

こういう時って時間軸がぶっ飛ぶんだけど、1時間ぐらいかな、と思っていたら5時間語っていました。

 

面白い人でね。ものっそパワフル。生ビールかっこみながら弾丸トーク、かっこよかったです。三年ぶりにあったのに昨日もあったような不思議な感じ。あんまり時間って関係ないんだなって思います。

 

それから遅ればせながら「君の名は」を観ました、DVDで。何故か涙が流れるという不思議な映画。お話自体は良く練ってあって面白いストーリー展開なんだけれども、私この話の何にそんなに感動してるんだろう?って思ったらあんまり最初は説明つかなかった。

 

でも人間同士の運命って言うのかしら。理論的には説明できないことが起こるんだけれども、とある相手と猛烈に強い絆で結びつく、そんなところが羨ましかったり綺麗だと思ったり、すごいなと思ったり、そういうところにじわーと来たのかもしれないです。

 

斉藤由貴を見ているとあぁモテるだろうなって思って。個性的で可愛いってのはもちろんあるんだけれども、

 

私から見ると彼女って「個」が確立してるなって感じます。いろんな意見があると思うけれども。

 

多分彼女って「だって好きなんだもの」って言う基準しかないんじゃないのかなって感じる。それは倫理的にはどうよ?ってのはもちろんあるんだろうけれども、でも打算的じゃないっていうか、だから相手にどうして欲しいとかこうして欲しいとかって言うんじゃなくてただ好きだから好きなの、みたいな妙な潔さを感じてしまうわ。

 

この人に認めてもらうことで何かを確認したいとか、自分も奥さんでお母さんなんだからそんなことしたらダメじゃないとか、そういうのぶっ飛ばして、自分に正直で嘘がないんだろうと思います。そうは言ったってあんたの立場とか子供とかどうすんのよ!というところを世間はどうしても見てしまうけれども、彼女自身はそういうことで自分の真実はブレるところもない、そんな感じがします。

 

「君の名は」を見て滝クンと三葉ちゃんが引き合うのも、全然打算的じゃないですよね。ただただ引き合い惹かれ合うという。

 

それに比べて自分というのは愛するというアクションを見せることで愛してもらおう、愛して欲しいと言えないけれども言わずに相手がこっちにハマるように仕向けよう、などと、

 

ごちゃごちゃと自分の心の隙間を必死で他人に埋めてもらうことでひたすら愛をくれ!と叫び続ける心の貧しい人間なんじゃないかと思ったりしてしまいますわ。

 

結局のところ、自分が満たされていない分を誰かからパッチワークのようにあてがってもらって表面的には破れていない布をまとおうとしたところで、

 

無条件の愛など他人いあげられないし、もらうこともできないんじゃなかろうかと思いました。

 

例えばそれが自分の子供であっても、無条件で愛す、この子のためなら死んであげようと自動的に親になったら思えるのか?といえばそれは違って、

 

そう思えなければ親失格だ、と悩んだり、悩むことすらできずに放棄して痛め付けることを繰り返してしまう親もいるし、自分の子供が勉強出来なくてもスポーツ出来なくても何か問題があってもいつでも暖かい愛だけで包こんであげるよ、ジャッジしないよ、などと私自身も言えないなと思います。

 

KinKi Kidsの名曲、「愛されるよりも愛したい」というタイトルをなんだか思い出すわ。歌詞そのものは叙情的というかはっきりと何かを訴えているというよりは雰囲気の感じで私もあまり深く考察出来ないけれども、(映画の主題歌かなにかだったのかしら。だからストーリーに沿ってる内容なのかもしれないけれど)

 

あれも単に男が女がという意味ではなく、愛されたいとか認められたいとかトリッパグレたくないとか隙間を埋めて欲しいとか、損したくないとか常識だから無理とか、そういうことで自分は愛されるに値されるべき人間だ=誰からも責められない人間なんだ、と声高に叫び自分自身を納得させようとするのではなく、

 

自分のために自分を満たしたあと、無条件で誰かを愛す、ただその「愛す」だけに徹してみたいみたいなことなのかな、と私は解釈するわ。心の底からそれがどういう形で自分に返ってきても良いから、例えば一刀両断されて去られてもでも自分は「愛している」と言う思いを持ってそれを支えに生きられる、みたいな無条件さ。

 

多分そういうのやってみたいんだと思うわ。やってみたいって言うとおもしろ半分見たいにも聞こえるけれども、そういう境地に立ってみたい。

 

相手がどう反応するかはわからないよね、この場合。だから難しいのは「あなたを好きな自分が好き」がエスカレートしちゃうと変な執着というか曲がった形にもなるから微妙なところだけれども。「あなたが好き」という思いの存在をただただ認められるようになりたいというか。

 

なので男女でも親子でもお互いがそういう無条件さで思いあえるっていうのはすごい稀、というか普通にやさぐれて生活していたらなっかなか出会えないものなのかもしれないと思う。だからこそ私は君の名はの滝クンと三葉ちゃんみたいな繋がりとか、斉藤由貴の「だって好きなんだもん」みたいな身軽さに憧れをいだきながら、そんなのあるわけねーよとやさぐれながら、でも結果的に「いいなー」って思ってるのかもしれないわ。

 

今目下自分が無条件で命捧げても惜しくないと思えるのは子供だけれども、それが当たり前、とは思わない。そう思えるように徐々になってきた。。ぐらいかしら。それでもやっぱり思い通りにいかない時は子供をコントロールしたくなったり、彼等が私を慕っていることを知ってそれを逆手にとって自分を安心さそうともしていると思う。

 

そういう意味でまず自分が満たされてはじめて大いなる愛に気づく、生まれる、というのはほんとにどうしようもなく真実なのだけれども、

 

日々それでも七転八倒してむかつきながら、自分を卑下しながら、時に特別意識をもって気を休めながら生きているという現状なのだなと思います。

 

それから映画「LaLa Land」も借りて、新作だから明日返さないとならないんだけどまだこの時点で見てないので見ないとだわ。

 

でも夜更かしするとほんとに次の日、その次の日と持たないのよ、ほんとに。トホホ。。1人の時間がほしいわ。

 

とは言え孤独を求めながらもひとりぼっちになるのが怖いという矛盾。矛盾ばっかりだわ。

 

明日は東京37度ですってね。体温超え。死ぬ。でもソフトボール行く予定。。

 

そんなわけで慌ただしい夏ですけれども、皆さんもお体気をつけて。

 

ではね!

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

コメント
夏子さん 夏休み中盤戦ですね〜。

「君の名は」新海監督の実体験がモチーフだとか?思わず泣いてしまって、同じく、羨ましいの一言でした。

最近みちよさんから、自分が自分の最大の味方、淋しさから求めても淋しい人を引き寄せます、とぴしゃり(^^;頭では分かってるんですけどねぇ、、あぁまだ被害者意識あって、他で埋めてもらおうとしてるんだなぁ。。って。まだハートで分かってないことにちょっとしょんぼり。。いい加減分かれよ〜って(笑)

斉藤由貴みたいに堂々と、好きなんだもん、って、言い訳がましくなく、清楚なイメージとは違って自分に正直に自分らしく生きてる感じしますよね。斉藤由貴ならありかな?っていう妙に納得させる潔さと強さ。男の人は惹かれるわ〜きっと。

お盆超えたら暑さも夏休みもあっという間!かな?
ソフトボール、熱中症気をつけてハッスルしてください〜(^-^)/
  • aya
  • 2017/08/09 2:34 AM
ayaさんこんばんは!

新海監督の実体験モチーフなんですか?不思議だわぁ。

みちよさんからピシャリ来ましたか。ピシャリと言ってくれますよね(T_T)

みちよさんの斉藤由貴考察も読んで、私からは自由に感情で動いて見える斎藤さんすら、抑えているのか。。と思い、自分の抑え具合にあぼーんですよ。。

なかなか見えない、けれどもそれもプロセスなのでしょうね。

ソフトやってきましたよ。真っ黒になりすぎて国籍がわかりませんww

夏って儚いですよね。楽しみましょう!!

ではね!

夏子
  • 夏子
  • 2017/08/09 10:32 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM