辛ければ辛いほど人間が出来ている。の幻想

  • 2017.06.19 Monday
  • 13:02

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

おはよう、おっと昼じゃね?夏子です、こんにちは。

 

行ったことないのにアレだけど、ロンドンってなんか。。起こってるよね。

テロもそうだし火事もそうだしEU脱退とかもだし。ロンドンとかフランス、あの辺り今揺れている。

 

外国、しかも西欧圏の中でもさ、非常にエネルギー的にはJapanに近いような感じも私する。って世界各国まわったわけでもないのであくまで感覚なんだけれども。閉鎖的というか。線引がすごいみたいな。

 

アメリカみたいな大味っぽさで、移民も人種もそもそもまぜこぜでNativeって言ったらホントはインディアンじゃね?っていうあの国で、えーーーい!!いろいろあるけどもう行ったれ!!みたいな勢いの国ではなく、

 

非常にしっとりと、そして戦争で植民地化されたこともなく、独特の文化をずっと継続してきたロンドンやフランスって多分だけど変革難しいのだろうかしらと私思うわ。文化が厚すぎるというか。それが美しさでもあるわけなんだけども。根強い美徳、常識、こだわりみたいなものが色濃くあってそういうところでハレーション起こってる部分があるのかしらなんて、1人で思うわ。

 

今ポテチ一袋食っちまったわ。気持ち悪。そんなに食べたくなかったのに気がついたら完食してたわ。ちょっと後悔だわ。。

 

バイザウェイ、

 

トコトコさんがコメントにも書いてくださったんだけど、なんでこんなに「耐えていれば耐えているほど立派」みたいな文化が今まではあったんだろうな、って思う。

 

苦しい思いをして頑張ってる人、耐えて偲んでいるからこそ、そうそう、それで良いんだわ、いい子ねーみたいな風潮。

 

たとえばたくさんのおばさんの集まりなどがあるとして、ま、私の世代も入ってるわ?

 

ちょっと飲み物食べ物広げよう、とすると一気にお世話合戦になるじゃない?

 

あ、それいいよ、私が盛っとく!それってこのお皿だと大きいよ、私がもっとそこが深いけど小ぶりなの持ってくるわ、え?〇〇さん〇〇持ってくるの、ヒャダわるいわー、じゃぁ私▲▲持ってくるわ!ヒャダいいのよ奥さん、それより私、■■出すわ、〇〇さんだけ大変じゃない?悪いわよぉ、

 

ってかところで☆☆さんって、

 

こういう時にいつも遅れて来るわよねヽ(`Д´#)ノ

ほんとよぉ、いつも整った後にお客さん気分で来て、だいたい安いものしか持ってこないのよぉ、あの人ヽ(`Д´)ノプンプン

 

 

みたいなさ。なんだろうな。食いたいもの各々食ってさっさと始めろよ、と思うんだけれども、

 

そこで「他人を思いやる気遣いを見せないと嫌われる」とか、

「人より多くの負荷を背負うことが出来る人は出来た人」とか、

「人よりもメリットを少しでも多く享受する人はずるい人」

 

などなどの茶番、というかコントよね、そういうのがまたたく間にオンステージになるのよ。

 

で、一番頑張った人、つまり一番自己犠牲をした人は、ドヤ顔で、

 

いいのよー、私は全然大丈夫〜だって家にあったのもの持ってきただけだものー、平気平気!となりつつも、

 

自分にロールケーキ回ってこなかったら、

 

「なんであそこまでやったのに私の分を率先して残してないの????」って激怒して周りは世の中の礼儀を知らない!!とか怒り出すわけでしょ?表情は薄笑いでも腹の中で。

 

ほんと意味分かんないよね。でもやっちまうのよね、これをね。

 

かくいう私も多分そういう皆が何かをやらないとならない場面で、ファッショナブルに遅くきて、動かない若い娘とかがいたらすごい嫌味言うと思う。それを教えるのが「教育だ」とも思うと思う。そしてそれを教育と言う形で教えないと気づかない若者を見て、世の中変わってしまってこれからどうなるのかしら?とも思うと思う。

 

このあたりが自分軸と他人軸、自分の思いと世間の目を気にすることとの線引ってか曖昧さを感じる一コマよね。

 

でも基本はさ、そこでまず、「自分が満たされているかどうか」なのかしらね。

 

拗ねてないかどうか。人に対して見返りを求めない親切で皿を提供したり多くの荷物を持てるかどうか。てめぇなんでそんなことも知らねぇんだよ、私はどんなときでも守ったのに!と思うのか、こういう場所では皆で動いてやったほうが効率が良いし、実はこんな仕事もあるから助けてね、といえるかどうか。

 

だからそれってほんとに自分の人生を歩んでいると言う充実感がないと出来ない事ですごいハードルは高いのよ。

だから上記のようなことをやってしまうのは当然、というかよくあること。でも裏っかわはそういうことよ。

 

子供が巣立って夫の世話もそれほど必要が無くなった時に、友達と羽広げて海外旅行豪遊とか韓流スター追っかけとか行ける人たちってのは逆にすごくヘルシーなんですよね。

 

そうではなくて、「ザ・耐えている私」と言う自分主演の舞台の会場に観客がいなくなった時に行き場を失って、そうなんだ、耐えてて大変だったですねー!お疲れ様!とされてしまうと、

 

私はこんなに不幸だった、良いことなんて1つも無かった、皆私をないがしろにして幸せになりやがって!と、「母1人被害者の会」が地味に発足されるのよね。

 

でもこの段階で100万あげるからハワイ行って豪遊してきなよ!と言っても、もはや行くことすら出来ないのよ。申し訳なくて、罪悪感がありすぎて。そしてそんなもの受け入れてしまったら、今まで辛くて耐え忍ぶ昭和枯れすすきだった自分を裏切るじゃない? 豊かさなんて享受してやるもんか、辛いからこそ皆にかまってもらったり、すごいと思われたり、いい人ねと思われたのに、今更幸せな人になんかなれるか!ってなもんです。

 

でもその延々演じてきた「耐えているかわいそうな自分」がいることで、あなたにこれだけ私は身を尽くして捧げてきましたという思いを誰かにぶつけることで、自分や子供が自由だったか?と言ったらそうとは言えない。

もちろんそこには「愛」しかない、それはそうだけれども、自分をがんじがらめにしていた鎖でしばることで他人も縛り、そしてその縛られた子供である私達はすごい苦労して生きることが楽しく無かったりもするじゃん。

 

いろんな自分の中の「〇〇だから〇〇できない」っていうのは自分で設定したヤサグレ設定で、こんなに可哀想な自分がいる!をアピールすることで愛を欲している、わかって欲しい、それだけなのだと思うのよ。

 

だからもっと可哀想でもっと不自由でもっとひどい境遇に合わせている自分を表に出すことで、もっと頂戴、もっと分かって、もっと受け入れて!と自分で舞台を作って自分で演じちゃう。

でもそういう芝居って見てる方は自分を責められているだけだから見たくないし、共感も出来ないよね。

そして、観客が少ないことを呪って、劇場の場所が悪いのか?地域の民度が低いのか?とか会場設備が悪いのか?もしかしたら私の舞台は見に来るな、って誰か張り紙張ってる??などなど、いろんな理由付けを考えてしまうのよ。

 

でも、実際は可哀想なあなたなど誰も欲していないし、崇めてもいない。

同じようなエネルギーの人が「うわーすごい、そんなに耐えててエライわぁ」と言ったとする、でもそれはその人が自分より苦労している人を褒め称えているのではなくて、単にその人の「私ももっと可哀想じゃないとどうもいけないらしい」と言うバロメーターの閾値を上げるだけで、誰も楽にはならないし、救われない。

でも競い合ってどっちがもっと辛いか??どっちがもっと不幸で耐えているのか?というを特に女の人はやりあっちゃうのよね。

 

だからすごく客観的に見ちゃうと、あー、なんか自分でぐるぐる回って大変そうですね。。。っていう感想しかないのよ。

でもその乾いた反応を見て、じわっと涙が滲むような悔しい悲しい気持ちが爆発して、誰も私を理解してくれようとしない!ってまたなっちゃうんだよね。

 

でも、その渦の中ではそれしか生きるすべがないし、何より本人はほんとに必死でくだらなくなんて全くない、鉄板で真剣よね。

 

そしてその渦の中にいる時にいくらもうやめたら?と言われてもやめられない。

 

しかし、なにかアレ?と思うときがある。

 

その時に気づけると良いし、その手の付くしようのなさにぶつかった時、何に悲しみ何に怒ってるのか、怒る対象すら何かがぼやけてくるほど行き着いたときの、あれ?っていうやつ。それが変化のきっかけだったりもすると思います。

 

私もいつまでも心は不良少女で、文句言いのBBAですし、分かっちゃいるけどやめられない。でも、なんでこんな目にいつも遭うの?ということがあれば、それは自分が望んでいるからという裏側を意識してみようと思っています。

 

あー、、サイダーとか飲んだら胃もたれ治るかしら。

ちょっと最近不摂生だったからヘルシーにして自分をいたわるわ??

 

 

ではねーん

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
こんにちは。どっちが不幸か比べ女の人ってやりますよねー。
ぐるぐる回って大変そうって正しくそのとおり!
でもそこで笑いに変えて話せる人だと聞いてても全然重くないですよね。
同じ経験をしてもまさしくその人次第ですよね。

母たちの世代のエネルギーってまだ私の背後にこっそりいる気がします。
うしろの百太郎みたいな、もしくは恐怖新聞的な感じ(笑)
祖母の世代だともっと突き抜けたものを感じるのですが(戦争経験者だから?)

最近読んだのですが自分を愛せる力=人を愛せる力らしく、周りの人を見て
いてもその公式はあてはまるなあと思いました。
もうそろそろみんな自分の幸せを追ってもいいのではないかと思います。
我慢ばっかしてたらそれで人生終わってしまう気がします。

私も吉田栄作ばりに白Tシャツを着て夏をエンジョイしたいです。
BGMはもちろんカルロス・トシキで(笑)
それでは夏子さんまたお邪魔します(^^)いつもありがとうございます。
  • トコトコ
  • 2017/06/20 1:34 PM
トコトコさんこんばん渡哲也!

やっぱりオメガトライブは清貴よりトシキですよね、アクアマリンのままでいてほしい君は1000パーセント!!カルロストシキは童顔で可愛かったですよね。でもしばらくしてポマードオールバック&ポニテになったんすよ。解せなかったですよねー。しゃーないですけどね?やっぱりそこはブラジルの方なんでね。

そうですね、じっとりとまとわりつく辛さ上等な感じ。戦争体験も含め、彼女たちがしてきた苦労って計り知れないんですよね。ほんとに母たちの世代も婆さんたちの世代も大変だったのだろうと思います。

耐えてきても笑い飛ばせる人いますよね。しゃーないしゃーない、そんなもんだよね!って。それより夕飯作んないと、と。
強いなぁ、すごいなぁ、と思いますね。でもそうあるべきか?となるとまた私の中のムカつき虫が疼く、そんな微妙な感じですよね。

吉田A作に捧ぐ白ティー&タンクトッパーで夏を楽しみ、人生を謳歌したいものですよね。勝手に生きよう!

コメントありがとうございました〜またねー!!ん。


夏子
  • 夏子
  • 2017/06/20 10:54 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM