徒然ドラマ更新。

  • 2017.05.04 Thursday
  • 00:21

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

まったりと。。世間はGWですけど、私ソフトボールの試合とかあるんで身体張ってます。ぎゃはー。

 

ってそんなに盛り上がっても無いんすけど、

 

何かをはじめて信頼を得るまでって言うのは早くても半年はかかるな、ってのを思います。

 

別に仕事にしろ新しい仲間にしろ。すぐに馴染む人ってのもいるけど私の場合はだいたい半年が目安でしょうか。

 

信頼を得る、というか私自信が周りを信頼するのにそのぐらいかかるんだろうということだと思います。

 

あ、ここなら安全かな、と思えるまでは1ヶ月とか2ヶ月とかでは出来ない感じしますね。何事もそうですよね、慣れるまでってのは葛藤があります誰だって。

 

そんなんで結構おつかれ気味ですけど、相変わらずミーハーにドラマ鑑賞とかはしてるわ??

 

「あなたのことはそれほど」も毎回観ちゃってるわ??面白い。

 

なんでこんなに罪悪感ないのこの人達!と美都と有島くんに世間がブーイングしてるとかいう記事をどっかで読んだけど、

 

いくえみ稜のやることよ?そんな単純なダブル不倫でガラガラドッカーンな話じゃないはずで、その片鱗が見えるわ。

 

ちな、私全然原作読んだこと無いんで、ドラマの途中までの話しかわかんないんだけど、

 

東出昌大の猟奇的な演技が取り沙汰されていますけど、この中の登場人物みんないい具合にカラっと病んでてすごいと思うわ。

 

どんなカポーにも引き合うものがある、というのはスピリチュアルで言われている事だけど、

 

この東出くんが演じる亮太も波留が演じる美都もそっくりよね。

 

「なんで私を選ばないの?」

 

って言うところと、1人の人からとことん執着を離せないところ、とりっぱぐれ分をそこから全取りしようとするところ。

 

有島くんの奥さんと有島くんも責任と無責任の合間見れるカポーよ。

 

有島くんはクズの代名詞みたいな感じで取り扱われていますけど、なんか私は有島くんの気持ちわかります。

 

しっかりちゃんとしたところに身を置けない、と言うか。だからこそこの奥さんの強さに惹かれているんだけど、その奥さんの責任感を受け入れるとなると重くて逃げる。

 

奥さんもすごい意地、というか激昂せずすべてを飲み込み、感情を抑えるという形で猛烈に何かに反発している。だからこ有島くんみたいなフラフラした男で何か証明したいし、彼のその無責任さに憧れもあるのだと思います。

 

こうやって考えると「結婚」と言うのはものすごい契約なのよね。

 

結婚してるからもう逃げられない絆というものが世間的にバチーンと結ばれて破ってはいけない鎖のように感じるし、それをブレイクしてしまうのはご法度となるわけなんだけど、

 

私は美都の気持ちも亮太の気持ちもわかるし、有島くんの気持ちもそして奥さんの気持ちもなんかわかるわ。

 

亮太が毎日美都に尽くしてご飯作ったりなんでもかんでも彼女を尊重していてそれは彼女を愛しているからこそ、という証明をしようとしているけど、

 

この人なんかは自分のことしか考えてないのよ、美都もそうだけど。で、亮太のやってることって、懸命に尽くすことで男を離さない、逃がさない、と戦々恐々としている女と同じよね。

 

「良い奥さん(旦那)」というものを演じきる事で相手を操作しようとしていると思うわ。

 

すごい極端な例ではあるけども、多くの夫婦の間にはこんな駆け引きがあるのではないかと思うわ。

 

原作の方ではものすごい心理描写がたくさん書いてあるそうで、今度私も是非読んでみたいけれども、

 

とりっぱぐれた者同士が互いに「私を選びなさいよ」という本音を持ちながら、常識とか夫婦愛とかうたいだすとホラーになってくる。みんなで嘘をつきながら、相手を責めながら、自分を責めながら、なんとなく表面的にはナイスな夫婦を演じる、それは多くのカポーにある現象だと思うわ。もれなく私も、ね。

 

そんなんじゃダメじゃね?ほんとのソウルメイトとして嘘なく本音で付き合ったらいいじゃない!と私も若かりし頃思ったけど、

 

言い訳かもしれないけど、なんかそうなっちゃうんだよ。契約っていう中で。そこをぶっちぎるのは大変勇気がいるし、まずそれありきになってしまって、まして子供がいたらまた本音だけでは生きていかれなくなる、自分たちだけの問題でなくなる。

 

それでも子供は親のエネルギーを読んでいる。そこでまた彼等にもトラウマが生まれる。大人はうまく隠し仰せていると思うけれども子供はわかってる、そんなことがそこかしこで繰り広げられていると思うわ。

 

私自身も結婚で学んだことは、精神論では片付かないことがある、ということと、またそうやって自分のネガティブな部分を露呈して向き合わされるのが夫婦でもあり、大変辛いこともあるけれどもでも気づかせてくれているパートナーでもあるということ。

 

だからいつまでも一緒にいないといけないわけでもないし、かと言って知らぬ存ぜぬで貫き通すのも苦しい。ディープよ。

 

それもこれもやってみないとわからなかった事でもあり、結婚も仕事も人間関係もすべてにおいて、

 

心がウキウキする正解だけを経験していく、ということは無理なことなのだ、と思う。

 

やってみないとわからない。人間としてこれはもうどうしようも無いことであって、最初からわかってる人もいるけれどもそういう人間でないのであれば全部経験して身にしみるしか無いし、私自身はそうやって右往左往していくしかないのかな、と思います。

 

バイザウェイ、みちよさんの記事でヒーラーになるために必要なことっていうタイトルの記事があったけど、

 

そうね、まっことそうね。

 

お客さんに同調して、そうだそうだ!そんなのムカつくよ、そんなやつやっちまえ!って「自分」のストーリーを重ねてしまうのはNGよね。お客さんと同じ被害者意識に同調するとお客さんの問題がすり替わる。なぜ、そう感じているのかを見ないでやれやれもっとやれ!ってなっても信者になってくれてもお客さんはほんとの意味では救われはしない。

 

かと言ってキラキラと「大丈夫、あなたは守られている」とどっかから聞いたことをリピートして「そういうもんだから」と説き伏せても相手は一瞬だけ救われるだけでまた苦しくなる。

 

もしくは「そんなこと言ってるからダメなのよ!」と説教してしまうのも自分の嫌なところを見たくないというヒーラー側の都合だし、

 

私は人より優れた能力を持ってるのだから人を救うのが使命!私のすごいところ!ってなるとまた特別意識の後ろ側にある劣等感で他人の評価次第でガラガラと崩れて他人のヒーリングなんか出来なくなるぐらいやさぐれる、もしくは自分の見たくないところを抱えたお客さんが列をなして自分がやられる。

 

在庫を抱えない商売だけど非常に奥深いわ。

 

3D仕事に今はかまけるけてるけど、それでもやっぱりヒーラーも継続してやっていきたいと思ってるし、ゆくゆくはそれ一本でやりたいなぁ。

 

そんなんで皆様もGWプリーズエンジョイ。

 

また更新しまーす。

 

ではね!

 

 

夏子

 

 

 

 

 

コメント
あなたのことは、それほど。見てるー!なっちゃん分析さすが。深いわ。まだ2話までしか見てないから、楽しみ(^^)
  • ふみきゃ
  • 2017/05/04 10:45 PM
おー、ふみきゃコメントありがとう!

亮太を冬彦さん再来!とか言ってる人いるけど、亮太みたいな嫁、いっぱいいるじゃんね。
先行きが楽しみ。こういう実はディープな心理ドラマたくさん出てきたとかんじるわー。

ではまたスパルタせんせで会おう♪

ではねー!

夏子
  • 夏子
  • 2017/05/05 7:12 AM
夏子さん GWお疲れ様です(^-^)

みちよさんのブログ、ほんとにそうだよなぁ、と改めて色んなことを感じました。
「自分の感情が自分の師匠」という言葉に全てが集約されているようで、気持ち新たにしました。

ドラマ、怖いですよね。。前に原作読んで、美都が自分に重なってほんと痛かった。。(;_;)読みたくない、、みたいな(笑)
ドラマでも、人間の機敏というか、エゴの絡まりあった感じ、、夏子さんのレビューになるほど〜と深く納得です。
原作もオススメです(^-^ゞ

GW後半、まだありますが、楽しんでがんばりましょう♪(*^-^*)
  • aya
  • 2017/05/05 11:06 AM
ayaさん、わんばんこ!

原作、今日速読ですけど最初の方読みました。
やっぱりほら言わんこっちゃない、の心理漫画でしたね^_^;
ちな、私は自分は有島くんのつまみと亮太にシンパシーってか自分と似たものを感じます(~_~;)

自分の感情が自分の師匠、まさにですね。スクールきつそうですけど、やりがいあると感じます!

今日はフルお遊びデーで死ぬほど疲れました。。
走り切ろう!!

ありがとうございました〜!
  • 夏子
  • 2017/05/05 9:22 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM