スピリチュアル反抗期と思い込み、そしてひっくり返し。

  • 2015.03.14 Saturday
  • 00:19
JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

こんばんは、夏子です。

いや、こないだもLineでスピ友と熱く語ってたんですけど、スピリチュアル反抗期を終わらせるのってしんどいよね、と。

そして今日もそれを具現化しているような現象を目の前で見ました。

私の家からは少し離れたお宅なのですが、近所でとにかく「子どもの声」が気になる年配の女性がいて、

もちろん子どもの声ってものすごくうるさい時もありますし、私だってイライラするような場面もあります。

ただ、この方の子供の声受信機はかなり敏感らしく、かなり神経質になっている。

子どもが少しでもざわついてキャッキャしている声などが聞こえたら家から即座に出てきて親に対してブツブツと文句を言うような事があって、ちょっとしたご近所同士の諍いになってるわけなんだけど、

でもこの方を見ていて、なんだかこれがまさしくスピリチュアル反抗期とエゴフィルターのような気がしました。

この方曰く、私は静かに生活したいだけなのに、騒音を連れた家族が周りに集まってくる、私はいつも騒音に悩まされている、そして私は何にもしていないのに皆私を非難する。迷惑を被っているのは私なのに、なぜ皆私のことを遠巻きにするのか、ほんとにひどい、鬱になる、というような事をいってる様子。


常にこの方は自分は「被害者」な訳です。
自分は何にもしていない。全て周りが悪いのに、嫌われる、と。

でも、同時に

「私はいつもこんなひどい目に遭う運命なのだ」と、自分には穏やかな生活など得られるはずもない、そんな価値がない、という自己卑下、欠乏感もある。


しかし現実には、

周りは最初からこの方を変な人、うるさい人などとは思っていない。近所の奥さん、それだけ。

でも、ちょっと子どもが声をあげたらその瞬間ガラッとドアを開けて凝視する。。ような事をするので、

皆「え?ちょっと。。」そのくらいの音でなんで反応するの?やだ、こわい。と思っている。

つまり、

この子供の声が気になってしょうがない奥さんは、「自分の思い通りの世界」を目の前で展開させている。

普通の人には気にならない程度の音でも騒音と感じるほどひどい目に遭う運命を背負い、毎日ドアの前で息を飲みながら音がしないか耳をダンボにしているという穏やかな生活とは程遠い生活を送り、そして近所の人に煙たがられ、嫌われる。

これはこの方のエゴフィルターがこの方の世界の見方を湾曲させているだけなんだけど、本人は全然気がつかないし、認めない。

なんでかと言ったら、

それが自分の思い込みだったとわかったら、「じゃぁ今までの苦しみなんだったの???全部自分の一人相撲??」と奈落のそこに落ちるような恐怖と、向けどころのない空虚感が漂うから。

この方の悲しみの原因はわかりません。でも、

もしかしたら幼いころにすごく抑圧されて育てられていたかもしれない、ちゃんとしろ、いうことを聞け、ひとの迷惑になるな、身の程をしれ、と言われてきたのかもしれない。

だから他人、特に子どもがキャッキャと楽しそうに遊んだり、それを制御しない親を見ると「なんで叱らないんだ、なんで静かにさせないんだ(私はその度に怒鳴られていたのに)」と思うからかもしれない。


いずれにせよ、

私はずっとそれが正しいと教えこまれていた、私なんか価値などないと思われていた、あてにされていたけど大事にはされていなかった。。などなどの過去の悲しみがあり、それが思い込みとなり、自分を被害者、犠牲者、かわいそうな人と思い込み、転じて私の考えは間違ってない、悪いのは相手だ!と思っていんでいるんだけど、

実際はその思い込みがその哀れな自分を自分で作っている。。という事実を知ったとしても、

え???じゃぁ、何?私のせいなの?でも私は苦しかったのよ?あんなにやられてボロ雑巾みたいになって。でもそれが私の思い込みですって?信じられない、冗談じゃない、そんなはずない、だからこの思い込みを持ったまま、やっぱり私の主張は正しかった、私は皆に理由なくいじめられるかわいそうな人で、周りは皆加害者だ、っていうことを証明してやれるまでこの状態で居続けてやる!!!

と心が反抗するんですよね。そしてこれがスピリチュアル反抗期の構造でもある。

でも、そうやって被害者やっているのも疲れてくる。もういい加減に私幸せになりたい!と。
で、スピ道を進めていくとわかっていく。自分の悲しみの根源が。どこから呪咀がかかったのかがわかってくる。

そしてその呪咀ゆえにフィルターをかけてみていた物が見えてくる。上記の例の場合、あぁ、私、神経質になりすぎてたかな、とか、あぁ、近所の人も実は理解してくれている部分もあるんだろうな、とか。ここでもちろん癒やしは起こっているんだけど、


でもこっからが問題。

「そもそもの呪咀をかけた人から誤ってもらわないと気がすまない」

みたいな感じになる。そもそもこいつのせいで。。というやつです。

これはたいがい親の場合が多い。なんであんなに私を否定したのか、ないがしろにしたのか。なぜ純粋な子どもだった私にあんな仕打ちが出来たのか、と。

そしてここでも思うわけです、「あの苦しかった分、あの私が投資した分、返せよ。」と。耳そろえて払え。もしくは払えないのならばせめて三指着いて謝れ。

いろいろとめくれていってはいるけれども、この最後の砦で世界をひっくり返せないでもがいている人は多いと思います。私もそうです。かなりひっくり返してきたと思いましたが、それでもまだ完全には勇気をもってひっくり返せていない。

先に結論を言うと、

自分が我慢してきた、傷ついてきた、投資してきたものと同等の謝罪や同情は相手からは得られない。

と思います。非常に辛い話ですが。

なぜなら、

相手にしてみれば、「そんなふうに感じているなんて知らなかった」「誰もそんなこと頼んでいなかった」「あなたが勝手にそうしてたんじゃないの?」だから。

ムカつくでしょ。でもそうなんですよ、相手にしてみたら。そして何よりも相手は「愛情ゆえ」にそれをやってもいたし、そして我々にしても「それが愛情だ」と感じていたからこそ受け入れていた部分も多いにある。

そしてもちろん相手もわかっている部分もあるのです。愛情とはいえ、あ、やっちゃってるな、ってのは心のどこかでわかっている。でも認められない。

なぜなら、相手も同様の苦しみを味わってきたけれどもその部分について向き合ってこれなかった、つまり自分の苦しさを認めてこなかったから、あなたが受けている苦しみも認められないのです。それでも私は今でも耐えてるんだからあなただって耐えなさいよ、と深いところで思っている。

自分の苦しみ、悲しみを認めなくてなんとなく生きていられる、とっても便利な考え方は昔はありました。

耐えることが美徳
人に与える事が出来て始めて一人前
結婚は修行
皆そうしている
平均的が一番賢い

いくらでもありますけど、そういった「固定概念」が様々な心の叫びを鎮圧してくれた。

でも、全く昇華されてはいない。だからその結果今の30代40代世代の人は、新しく自由で私らしいというコンセプトがどんどん広がりを見せる中、「でもだって」を延々リピートしながら被害者のままで居続け、自分に喜びを与えず、子どもに全ての希望を託しながらも妬むような親の子どもとして生まれるという非常につらいパートを担当している強い魂の年代でもあるわけです。

もちろん、

反抗を続けてその怒りを相手に見せつけていることで相手も理解する可能性はあります。でも私が見ている限り、私達が感じている、考えていると同程度のレベルで相手が理解していることは稀で、上手く言った場合でも、「ある程度」までの理解にとどまる。

え、じゃぁ、やられっぱ?投資回収は無理なの?ギャフンとは言わせられないの?と聞かれれば、

そうかも。

と答えるしかないかも知れない。

そしてここからが選択になってくる。

相手が重々理解して完全に自分の悲しみを認めるまで粘るか、

あきらめて、もうその思いからは自由になるか。

前者の場合、かなりの時間を要するかも知れません。場合によっては相手が死ぬまで理解しないかもしれない。

この被害者ループの中に居続けたくないのであれば、自分から思い切って抜けるしか無い。

許さなくていい。そこまでする必要はない、と思う。でも、もう勇気をもって「怒っていたい」自分を手放すしかないかも。

もう生きたいように、やりたいようにやる。誰が何と言おうと。

でも違う形で「やられ損」のまま終わらせないことは出来ると思う。

今まで苦しんできたことは決して無駄じゃない。必ず生きる。

例えば、

苦しかったこと、悲しかったことの経験をベースに私のようにヒーリングの道を目指すかもしれない。

もしくは悶々として外に出られない間延々DVD鑑賞していた時に自分がメモ書きしていた感想文の内容が他の人には面白く映ってコラムとか書き始めるかもしれない。

何がどう転ぶかはわからないけど、失われた時間のように思うその反抗期期間での経験は、自分が自分らしく生きようと決めた瞬間から、自分がえいや!とひっくり返した世界で上手く自分の喜びに活用できることになっていると思う。

死ぬ前に「あー、良い人生だった」と思えるように喜びの人生にシフトして生き始めると、どんな経験も必要であった事がわかってくるんじゃないかと思う。

そして、自分が自分らしく生きはじめた姿を目の当たりにして、相手もやっと、「こういう生き方もあるのだ」と理解し、始めて「私について」を考えだし、あなたの本当の気持がわかってくるのかもしれない。

ただし、被害者をやめてスピリチュアル反抗期を卒業し、喜びに生きる、と一言で言っても、

その間には色んな気づきが必要で、時にはとても時間がかかったり、何しろ今まで見てきた世界をひっくり返すわけだからとてもこわかったり、しんどかったりもする。だから一朝一夕では出来る事ではない。

「苦しかった分の見返りがくるまで私は被害者をやめない。」

と深層心理では思っていても、表層心理ではアタマで「もうなんとも思ってない。親には感謝しか無い」と思っている場合もある。だからここは非常にトリッキーで自分でもわからなくなっている場合もある。

私って不幸、私ってかわいそう、もう誰にも何も邪魔されない!と心がメラメラしているのであれば、それはまだ悲しみやショックが「怒り」のステージにあって、出し切れていない。いやってほどべそべそ泣く、サンドバックを殴る、なんでもいい、そのエネルギーを表に出して行く、ということをして心がフラットになった後、

自分の悲しみの根源を再び振り返る。自分が受けたショック、感情のショックを認めて、その時の自分の悲しみを再度感じてねぎらう、そうするよりなかったよね、私可愛そうだったよね、しんどかったよね、ということを「認める」。

そして、もう相手が自分を理解するまで「欲しがりません、勝つまでは」を思い切って「やめる」。勇気を持って。

それでもやられ損に感じるかも知れない。でも、このループはいつか終わらせなければ自分も含めだれも幸せにならない。ストッパー役は負荷が多いけれども、それを半ば使命として生まれた強い魂であることを自覚する。

そしてループを終わらせた上で自分らしく生きることを望んでいる自分の魂の要求を実現していくことが本当の喜びであると認め、前に進む勇気を持つ。


。。。


まだ私としてもここが本当のスピリチュアル反抗期の収束方法なのかどうかについては完全にこれだ!とは言い切れないわ、なにせ自分がまだ怒ってますのでね。

でも、最近連続する友達との会話、出来事、見るもの聞くもの、全部そういうことなんだ、と考えさせるような事が多発しています。

単純ではないです。人間の心だからね。

ただ、自分に起こっていることは単純に「自分が自分のことをどう思っているか」の反映でしかない、ということはなんだかよくわかってきた。。ような気がします。

もちろん、人の人生はそれぞれ違うので、いろいろな構造の種類があるだろうし、皆そうなんだよ、とは言い切れない。

でもそこをどう見るか、どう伝えるか、がヒーラーとしての役割なのかもしれないな、と最近思います。



アデュー


夏子












 

 
コメント
初めまして。最近の自分の状態、更年期じゃなくて、もしかして反抗期?
とか思って、なんとなく「スピリチュアル反抗期」と検索しましたらこのブログを発見しました。
あぁ。そうそう。そうなのよ。
うまく言えませんが、自分の中が整理された感じです。
ありがとうございました。
  • みけみんみん
  • 2018/06/17 12:03 AM
みけみんみんさん、

はじめまして、コメントありがとうございます!
かなり昔の記事で、まとまりない内容ですが、共感いただいてありがとうございました!

自分が何に引っかかっているのか、の仕組みがわかると整理できますよね。

ありがとうございました!

夏子
  • 夏子
  • 2018/06/18 8:32 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    夏子 (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    aya (08/15)
  • ぞろ目の年に。そしてやっと下山の意味が解る。
    miyano (08/15)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    夏子 (07/17)
  • 救い=自分の正当化、が危うい。
    aya (07/17)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    夏子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】20
    ビー子 (07/03)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】19
    夏子 (07/01)
  • 無料お悩み相談室【ていうか、ちょっと聞いて欲しい Part 2】3
    夏子 (07/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM