時代の速さを感じるわ?

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 00:16

JUGEMテーマ:日常

 

チョーお久しぶりんこ、夏子です。

 

ダブルワークになってからほぼフルタイムで死んでました。どうしても慣れるまでは。。ねぇ。

 

でもこの新しい仕事の環境はちょっと今までにないわ。ちょーーバイリンガルってか英語オンリー。

 

外資渡り鳥としてはそういう環境に今までもいたつもりだったんだけれども、ここはちょっとすげぇわ。そんで妙にスピリチュアル。

 

しかし、

 

世の中変わったなぁってほんっと思います。年寄の発言みたいだけれども、実際ミドルエイジだけれども。

 

いろーーんなコミュニケーションツールがあって、まずそれを使うのがどうやっていいのかがわからん。この翻訳はこちらから、このデータはこちらから、この記録はこちらから。。とありとあらゆるアプリケーションがあるのよ。チャット機能みたいなやつでもさぁ、もうスカイプやらスラックやらハングアウトだけじゃなくてあふぉみたいにたくさんあって、いろんなところからちょこちょこメッセージが来るわけなんだけれども、で、それが何かしら全部繋がってやがるのよね、じわっと。

 

お母さんもうちょっとハンドルできないわ。でも若い人にとってはもうこれって普通の事なんでしょうね。

 

かつてホリエモンが買収騒ぎの時にTシャツとジーパンかなんかでテレビで会見?みたいなのやった時に、なんでネクタイしてないんだ、常識がないと騒がれてた記憶があるんだけれども、

 

今の会社でそんな恰好してるやつ一人もいないし。むしろそんな恰好で来られても困るし、ぐらいの感じ。

 

そういう事がもう基準じゃないんでしょうね。ほんとに時代が変わったんだと思う。で、今の会社はシェアオフィスにあるんだけれども、カフェみたいなスペースとか座敷とかもあって、なんかあたしここで住めるわ?マジで。

 

とは言え全部の会社がそうであるとは思わないけれども、でもここ数年で見た都内の若い会社はほぼそんな感じ。こんなこと一昔前には許されなかったけれども、今や普通なのね。

 

友達の娘が中二くらいなんだけれども、ライン打ってるスピードが尋常じゃない。ええええ???って速さで打ちまくってて、昔ファックス送信ができないうちの母を見て肩を落としたことがあるけれども、今もしかしたら、いやもしかしなくても私自身があの時の母の状態なんじゃないだろうか?と思う。

 

それとか会社のシステムにログインができなくてテクサポの人とと繋がって、リモートで処理してもらう時も、はいじゃぁ、今からダウンロードしてみるから、あなた側で○○を開いて○○をEnableにしてくれる?とか当然のように言われるのだけれども、そのすべての指示がわからん、という。こ・わ・い・わ??

 

でもう振り返ったら今年もすでに三月じゃん?こうやって私の今年も走馬灯のように過ぎていくのだろうと感じてやまないわ。

 

価値観って変わるんだなって思います。私たちの親世代の価値観に対して私が唾を吐いたように、私もそう思われる時がたぶん来る。その違いは埋められないのかもしれない。でも、互いに理解しつつ、どちらが正義だ!と主張して戦わないためにも、

 

自分の納得いく生き方をしないとダメなんだろうなと思います。そんな〜♪時代も〜♪あぁーったねとぉ♪と笑い合えたらいいよねって話。完全に分かり合えるとこはないのだけれども、どうしても【私の方の主張の正しさをわからせよう】としてしまうのがスピリチュアル反抗期でもあると思うんだけれども、自分ですら若者の価値観が理解できなくなってるように、それはわかってもらおうと思う方が間違ってるのかもしれない。あくまでも【ちがうもの】として理解し、リスペクトした上で、でも一緒にいるとムカつくからちゃんと距離を置き、自分は自分の道を行き、いいディスタンスで付き合っていくってことなのだね。

 

しかし、

 

今の新しい会社もそうだけれども、とにかく、

 

そんなに頑張らなくていい

 

と言われます。頑張ってるつもりはないんだけれども、やっぱりどうしても私は気合入りすぎてるのかもしれない。

 

ていうか、あんまり気合入れられても困る、みたいなニュアンスも少し感じる。押しつけがましかったんだろうか、やっぱり。

 

勝手に盛り上がって気合入って、なんでこんなに私が??とかなってると自然と被害者意識になりますよね。で、自分で勝手につぶれる。

 

新しい会社の人たちはほんとにマイペースで、他人が何やってるかを監視してない。あの人はあの人、私は私。ちゃんと守らないとならない期日もあれば、全体を統括する人もちゃんといるけれども、皆いい意味で緩い。この緩さが今私には必要なのかなと思います。テキトーなぐらいでちょうどいいってやつですね。

 

今はどの職場に行っても人間関係で困ることってあんまないです。皆すごいいい方。でもそれは私の周りに良いエネルギーを引き寄せられてきた!とかいう事ではなく、多分自分が他人をジャッジしなくなってきたからだと思います。

 

とどのつまりはやっぱり自分の心持ち次第なんだな。始まりはいつも雨。否、いつも自分。その環境をいいものにするのも悪いものにするのも自分なんだけれども、

 

心が弱ってて被害者意識が強い時って、ここに敵は潜んでいるか??とまず自分が被害にあう前提で行っちゃって、受け入れてくれるなら行きますけど?と妙に上から目線のプンスカ娘状態になっちゃったりしますよね。で、なんかあるとほらやっぱり!!!!と怒り泣きくれ。

 

だからもうほんと一人芝居なんですよ、実際は。私しだいでどうとでも捉えられる。

 

一時期はやった【本当の私】みたいな個人起業家ブームとかもあったけれども、

 

会社なんかくそくらえ!脱社畜!とかここにいる私は本当の私じゃないから!とかありましたけれども、

 

さっき見ていたテレビでサントリーの緑茶の開発してる人とか、すげぇ楽しそうだなと思いました。日本中の人が飲んでるのよ?ペットで。しかも大きな会社の福利厚生ももらいつつ、定休もありつつ、組合もありつつ。最高じゃん?

 

サラリーマンってすごいクリエイティブで、喜びをもって社会にめちゃ貢献している人がホントはたくさんいるのよね。

 

会社生活が嫌で一人で独立して“何か”を始めたい!とか言っても結局なんの発想もなく、自分自身を売り込む深さもなく、という現実に落ち込むだけだったわ。

 

会社員であれ、自営業であれ、アーティストであれ、公務員であれ、

 

そこをクリエイティブで楽しい場所にしたり、金を稼ぐ場所として割り切って働き、そこ以外のライフを楽しんだり、

 

全部自分次第で、環境さえ変われば○○な自分になれるなんてことはないのだわと感じます。

 

相変わらずスピリチュアルに傾倒していた時の自分の心の弱さっていうか【誰か何とかしておくれよ!】状態のときの自分を振り返ることが多いです。ある意味熱かった。何かの個人起業家になってドカンと一発言わせたかった時代もあるわ。全然具体性が無いんだよね、特別意識で自分を自己否定沼から引き揚げようとしてる時って。

 

いまでも私は自分で一体どうすりゃいいのか、どうしたいのかは良くわかりませんけど、まぁとりあえず今手元にあることを一生懸命やるしか答えはないと思います。

 

そんなわけでまた睡魔が襲ってきましたので、一人思ったことをゲロッて締めずに無責任に去るわ?ぎゃはー!

 

早く花粉が終わりますように。。。

 

 

またねーん

 

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM