オリンピックで感じるトラウマの克服。

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 23:42

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

バレンタインデー・キッス!!バレンタインでしたね。皆さんおげんこ?

 

ま、でもあれですね、一時期よりもちょっとバレンタイン熱って冷めたのかな?世の中的に。

 

大体この時期ってサロンドショコラとかご褒美チョコとか、バラマキチョコとかで盛り上がりすぎてエライことになってると思ってたんだけれども、メディアでもそれほどの感じを受けなかったのですが、あれかな、ずっと家にいなくなったからテレビ見てないだけでしょうか。

 

DJあおいの記事で、ご褒美チョコについて、チョコぐらい好きな時に食えよ、っていうのを読んでちょっと笑っちゃったんですけれどもね。ププ。ま、確かに。

 

チョコレート、私も好きですけれども、年齢のせいかイマイチ昔ほどの熱はない。。かな。ケーキとかもチョコレート敬遠しだしてきてますねぇ。。昔は歯に染みるぐらいの甘いやつが好きだったんですが、、。

 

と言うのは多分、以前、私だって高いもん食ってやる!と何故か勢いづいた時に、

 

ピエールマルコリーニの1800円のチョコレートパフェを1人で食べにいって、パフェの横っちょに付いてたタブレットチョコレート食ったらもう先に進まなくなって、なんかそれが何ていうんでしょう、

 

負けた

 

みたいな気持ちになってね?何に対して戦ってんのかもよくわかんないすけどね??あれ以来私、どうもチョコレートに負け気味なんですよね、ってクソどうでもいい話さーせん、こんな日に。

 

バレンタインなのに娘発熱し、今日は学校を休んだので私も仕事もないし、ソフトボールも休んで2人でだらだらだらだらしてたんですけれども、

 

ちょっと走りきってたのでいい休養になりました。ママいびきものすごかった、と後で言われましたけれども。4時間ぐらい昼寝してちょっとスッキリしました、はい。

 

で、その後オリンピック見てまして。ハーフパイプっすよ。

 

あれさー

 

まじやばいスポーツだなって思いましたわ。。うっかり死ぬよね、などと思いながら見てたら1人の日本人選手が担架で運ばれちゃったのを見て、

 

これすげぇスポーツだな。と思って。もちろんどのスポーツも怪我と隣り合わせですけれども、夏より冬の競技のほうが命張ってる感じしますよね。ロングジャンプとかもそうだけれども、ほんと集中力切れたら何があるかわかんないよね。

 

その日本人選手が転倒したのもライブで見てるわけですけれども、その10秒ぐらい前まではよし、頑張ってこいよ!とコーチらに背中を押され、よっしゃー!!ってなってたのに、その後すぐこんなことになるんだな、スポーツって、と思ったら、

 

すごいわ。すごいとしかいいようがないわ、と思ったわ。

 

でもさぁ、平野歩夢くんにしても大怪我しての復帰だったわけじゃん?死んでもおかしくないって言う怪我されたみたいよね、昔。

 

スポーツ選手の怪我のトラウマってものすごいだろうな、って思う。羽生くんにしてもそうだけれども、その恐怖との戦いって言うのはものすごい精神力が必要なんだろうってのをすごい感じたわ。

 

またやったらどうしよう、って言うのに打ち勝つのって生半可な気持ちじゃ無理よね。肉体的にも精神的にも。

 

色んなトラウマを我々は引きずって生きている訳なんだけれども、色んな紆余曲折を乗り越えてまた再び舞台に立つ。でもそうすると以前よりももっと最強の何かに仕上がってるのね、ってほんと勇気づけられたわ、私。チョコレートに負けた、とか言ってる自分に全米が震撼ですよ。いや、無理に食べなくてもいいと思うけれども。食べられなくなった自分の年齢を受け入れるってことかしら??(どうでもいい)

 

優勝したアメリカのショーン・ホワイトにしても、怪我したり前回四位だったりとか。勝ちっ放しなんてないのよ。で、なんでもそうだけれども負けないと強くならない、負けた自分を受け入れてこその次の勝ちなのよね。でもあの方31歳でしょ?でも彼の演技ってやっぱちょっと別格よね。カリスマを感じたわ。

 

羽生くんも心配ですけれども、でもなんか彼の“焦り”みたいなのが削ぎ落とされた感じを私は受けました。

絶対負けられない、絶対失敗しない、絶対絶対、っていう責任感と負けん気とプライドを常々羽生先生には感じるし、あの怪我の前の羽生先生はちょっとピリピリしすぎてたような感じも受けていたのですけれども、

 

でも一度どうにもならない状況に落ちた上で、なにか抜けたものがあるんじゃないかと思います。

如何にエンジョイするか。それが鍵なのかしらーって夏子思った。

 

そう、Enjoy. 

 

“楽しもう”って、この境地のひとたちが言うことであって、

 

特に努力も目的もない私のような人間が“苦手だな”とか“練習してないけれどもやるしかないな”と思うことをやる時に、“うん、楽しもう!”とか言ってる場合じゃないんだなって思いました。楽しむより先にやることのある人が言っていい言葉ではないのね。

 

勝ちも負けも経験した上で、でも今の最高の自分を自分と自分を応援してくれた人のために見せよう!っていう。愛だわ。

 

スポーツはドラマねぇ。人生の縮図のよう。だから感動出来るのよね、きっと。

 

と、娘のバレンタインの余りのブラウニー食いながらテレビを見ているだけの私も、もう今年44歳だしあんま時間ねーな、って思うわ。

 

QA方式の導入、も少ししたら始めるわ。今タイトルが降りてくるのをお待ちしながら、言い訳にしてアイドリング中。

 

明日はもう木曜日。早いわ、一週間。

 

またねー!!

 

 

夏子

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM