継続は力なり。とはいえ。

  • 2019.03.31 Sunday
  • 23:29

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

さて。。。

 

お子様の保護者活動のドタバタも終わり、一息です。いやぁ忙しかった。。

 

しかし、いろんな気づきがあったなぁと思います。

 

子どもたち見ていると思うんですけれども、

 

親を喜ばそうとしてるんだなぁ、って思います。特に好きでもないけれども、やれって言われたから渋々やってたりもするし、泣きながらやってる場合もある。期待に応えようと頑張ってるんだよね。

 

親と子の向かってる先が一緒だとその涙も運命共同体みたいになって良いんですよね。コミュニティにも頑張って属するし、何としてでも続けようとする。子供の熱意があるけど、親が渋々。。の時もあるけれども、でもそれも何とか続くことは多い。もちろん金銭的な理由とか家庭の事情とか続けられない運命っていうのはあるけれども。

 

でも親が一方的に押し付けている場合っていうのはどうしても子供がどっかでおかしくなる。でも子供って一生懸命親の期待に応えよう、喜ばせよう、いい子になろうと思って一生懸命やってんですよ。

 

私なんかもそうなんですけれども、そこそこのずる賢さとか器用さがあると、すげぇ嫌なことでも割と続けられちゃうんですよね。一番にはなれなくてもとりあえずレギュラーとか。100点は取れないけれども78点とか。そうなると、あんまり好きでもないけれども、とりあえずひーひー言いながら続けちゃうってのもあります。

 

でも、

 

やっぱ、そういうのって、伸びしろが無いんですよね。初動は持ち前の器用さとかでささーっとうまくできたりするんです。でもいつか追い抜かれる。スポーツなんか顕著で、体の成長に合わせて突然できなくなってきたりもする。

 

最初は全然ダメだったけれども、5年、6年やって急にガラッとうまくなる子もいる。しゃがむ時期と伸びる時期ってのは常にあるんだと思います。

 

継続は力なり、という行けれども、結局は

 

情熱

 

がドライバーなんだと痛感します。どんなに下手だったとしても長く継続しているとやっぱり情熱がある子はどんどんうまくなる。そして辞めない。辞めろといっても続ける。

 

器用にこなしていたけれども、親に言われてやってた子はどっかで止まる。それでも頑張る子はトップをもぎ取ったりもするけれども、やっぱものすごく苦しそうなんですよね。で、大人になってからブローが効いてきちゃう。

 

いわゆる「いい子」をやってきてしまうと大人になってから人生迷子になってしまうケースっていうのは、こうやって嫌でもなんでもド根性でくらいついてきた子なんじゃないかと思うのよね。努力家なんですよ。で、その継続してきた力は確かに実力になってるんだけれども、喜びに使えなくて、“私はこんなにすごいのよ?”っていう印籠になっちゃっただけとかね。

 

結局エネルギーとしては外向き、というか他人軸なわけです。認めてもらいたいから、何でも頑張る。もはや何でもかんでも完璧主義の人っていうのは努力家でもあり、そこそこ器用さもある、という人で、それは良い事なんだけれども裏目にもでるのよ。

 

初動は悪かったけれども、絶対うまくなりたい、頑張りたい、っていう情熱の持ち主っていうのは10年後でも20年度でもどこかで“エセ情熱”と“情熱のない完璧主義”をスコーンとある日凌駕するんですよ。もしくは、その情熱をささげてきた充実した人生があるから、そのザ・自分軸っぷりに他人軸で鎧を着こんできた人間は敗北感を味わったりするのよ。

 

しかし親っていうのは自分の子供を自分の人生のリベンジマッチにどうしても使いがち。私もそう。私も男に対する嫌悪とか自分が無しえなかったことを特に息子にぶつけて根性根性ド根性をたたきつけてやや息子をつぶしにかかっていたわ。迷惑だったろうなと思う、息子。

 

で、今の子供ははっきりしているので、私たちがやったようには耐えない、と思う。教育ママに押しつぶされて。。っていう子もいるとは思うけれども、情報量、多様性が昔と全然違う。だから同じようには洗脳されないし、

 

子どもはあっさり親を抜くのよね。それって親のエゴですよね、っていうのを。そして昔よりより早期に見ぬき、あーはいはい、ってなると思うわ。そして親を抜いていくのよ。

 

情熱を持った人って出しゃばってやたらと団体を仕切ったりとかもしますよね。ちなみにそれは私もそうなんですけれども。

 

あれって子どもためとかみんなの為、というよりは自分の為で、自分のやりたいことをやりたいようにやりたいっていうエゴでもあるので、非常に迷惑な話でもあるんだけれども、

 

でもそのしつこい情熱を持った人がいてこそ何かが “興る” ってこともある。皆好きにやればいいじゃん、勝手にすればいいじゃん、やりたい人がやればいいじゃん、ってなると、

 

ボランティア団体とかPTAとかは崩壊するのよ。出しゃばりの古だぬきあってこその活動でもある。

 

でも形は変わっていくから、ずっとそのままってわけにもいかない。そこんところを変えるのは非常に時間がかかるし、

 

情熱を持ってた人、例えそれがエゴであってもその人たちにまかせっきりにして自分は何も言わずに横で愚痴ってるだけの人もいるじゃない? 旧式のものに文句は言いつつも、刷新しようとする勇気も執着もないというか。

 

今回子供二人の活動を通して、どっちのバージョンも経験したわ?

息子の活動の私は出しゃばり古だぬきバージョンで、娘の方の私は?なにそんないきってんの?と愚痴ってるバージョンね。

 

そして、そのどっちのも気持ちが私良く分かったのよ。そうなるよね、って。

 

出しゃばり古だぬきバージョンの私は決まりを守らない人とかが許せないわけ。言ったのにやってない、なぜ??とかで激高したりさ。

 

で、冷めきってる悟りバージョンの私は、え?なんでそんなめんどくせぇことにこだわってんの?馬鹿じゃね?って思ってるのよ。

 

そしてどちらのバージョンの人もいないと団体って成り立たないのよね。だから難しくもあり、面白くもあり。

 

でもなんか思ったのよ。私は良くも悪くも器用な子だったんだと。言い方を変えるとずる賢いってか。

 

全然やりたくないこともそこそこやってきちゃったっていう幸せでもあり不幸でもあり。全くできなかったらできない私、ということでもっと早めに“私がしたいことってなんだろう”って人生の転換ができたのかもしれない。決していい子ではなかったし、従順でもなかったけれども、反抗しつつも表面的には従う、みたいな全体的な中途半端さが否めないわ。そのブローは中年になってから結局来たけれども。

 

でもこれだけは確信したけれども、ほんとにやりたいことは下手でもなんでも人は続ける。そしていつか力になってくる。そして辞めない。途中で離れてもまた戻ってくる。

 

なんでこの子はこの習い事ができないのだろう、皆できているのに。。と悩む親御さんはいっぱいいると思うし、私もそうだったけれども、

 

よっぽど嫌がることはやらせなくていいのよ。無理やりやらせてもトラウマになってどうせやんないから大人になっても。それか機嫌よくやってる時期はやらせて、嫌がったら離す、とかね。で、好きだったらまた戻ってくるし。

 

なかなか勉強とかはそれほど手放して見守ることはできないし、自分がやっておいて良かった!と思うことはやらせた方がいいとは思うの。水泳とかでもさ。タイタニックが沈んだら0.00001%でも生存率上がるじゃん?泳げた方が。

 

でも泣いて嫌がってるのに、叩いたり罵声を浴びせてまでやらせたいこと、は完全に自分を投影してるだけのリベンジマッチであると考えた方が正解。

 

そんなにやりたきゃまず自分でやればいいのよ。そして楽しんでればいいのよ。その姿を見て初めて子供も、あぁ、面白そうだなぁあ、やってみようかなぁって思うだろう。

 

親が好きだったことを子供にやらせているバージョンは、いろいろどんな環境があっても親も耐えるし、子供も楽しそうよ。

 

でも親が歯を食いしばってお腹壊してでも頑張ったんだからお前もやれよ!ってことを子供にやらせてると子供もそのまま歯を食いしばってトイレに駆け込んでいる。

 

とかね。そんなことを思ったわ。

 

継続は力なりよ、ほんと。それは有名なスポーツ選手を見ていても思う。

楽しい事やってるって言っても、半分以上は辛いことじゃない?でも続けているのよ、それはやっぱり好きだから。好きなことだってやってりゃ辛い、でも辛いけどやりたいというスーパー自分軸で動いていれば後悔も被害者意識もないのね。

 

でも強制して自分以外の目的に向けて継続していることは、どっかで壊れるし、壊れないでやり遂げちゃうとそこには“自分と他人に対する厳しさ”しか残らないので、後々迷惑な親とか指導者になるんだろうな。あぶねぇ、なりかけてた。

 

 

長くなるから今日はこの辺でやめとくわ。なんかいろいろ湧いてきたわ。。

 

 

てか平成の次なんでしょうね。いっそアメイジング・ドリーム元年とか、レボリューション元年とかでも良くない?とか思うわ。

 

楽しみだ。

 

夏子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM