気づく・手放す。そんなたいそうなことではないのだが、なかなかわからない。

  • 2018.01.14 Sunday
  • 23:50

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

乾燥してますねぇ。バリッバリですよ。手とか。でも昔ほどではないのはなんでかな、と思ったら、やっぱり子供が大きくなったからかな、と思うわ。

 

って言うのはお子らが小さい時ってしょっちゅうなんかこぼしたとか、まぁもっと小さい時はおむつ変えたりご飯食べさせたりしたらすぐに大体汚しますから流しで自分の手やらふきんやらを洗う羽目になるので、ハンドクリームとか塗ってもすぐ落ちるんだよね。

 

なので昔ほど水に手を触れさせている回数が減ったのはあるんだなとなんだか思ったわ。

 

それからananに載った事が家族にもバレ、弟とか兄とか父とか母とか、要するに家族全員読んだらしいんだけれども、案外皆さんあっさりと受け入れて。。って言うかわざわざ買ってくれたりもしてるみたいで。

 

占い師っていうなかなかクリスピーな立ち位置を面白がって受け入れるんだなと思いました。またananってのが良かったんでしょうね。これが女性自身とかレディースコミックとか宗教雑誌とかだったらまた反応が違ったんでしょうけれども。

 

それは田舎をカバン1つで「母さん、俺、ギタリストになる」って出ていった30間近の息子とかがいたとしても、

 

10年後に紅白でたら村全体でパレードするみたいな物と似て非なりますけれども、でも近いのかも。うちのバカが出ていっちゃったんだよ、夢なんかで食ってけるわけないのに!とさんざ噂されていてもそこでくるっと反転するような。

 

だからね、親がどう思うかとか社会人的な生き方としてどうとか、コンナコトやったら四面楚歌になるとかまたいろいろ言われるとか思って動けなくなってしまう事が多いんだけれども、

 

楽しくやって、自分の行動に自分で責任持ってやってたらどんな場合でもいつかは認められるんだと思うんですよ。何十年かかるかわからないけれども、でもその時に「今の私が好きです」と言えたなら、そのエネルギーは周りからも受容と言う形で返ってくるのだと思います。

 

スピリチュアル反抗期という言葉をみちよさんが作って浸透させましたが、

 

こんな私に誰がした!という反抗を続けていてもそのしがらみからはいつまでも離れられないし、受容も認知も得られない。

まずそこをわかってもらわないと、謝ってもらわないとと次には進めない、と思っちゃうんだけれども、

 

とりあえず踏み切る、そして自分の感情の抑圧が生み出したエゴちゃんのフィルターを自分で取る、それしかないんですよね。

 

気づきとか手放しって私自身もそうだけれども、すごく昔はたいそうな事だと思っていたし、ものすごい自己改革でキラキラスピスピしたものなんだと思っていたけれども、

 

実はそんなたいそうな事ではなくて、ほんとにちょっと自分の視野を拡大したり違う角度からの見方があることを知るだけなんですよね。

 

てかさ、あたし冬場に寝る時はパジャマの下にあんまり何も着ないっていうのを40年ぐらい貫いてたのよ。

 

って言うか、そもそも着込まないことをモットーとしていて、セーターの下タンクトップとかね、今考えるだけで身震いするんですけれども、

 

それってでも昔若い頃私は肥満だったので、

 

少しでも痩せてみせる為に冬の間は絶対に薄着をするって言うのが染み付いているたんだと思うのね。なるべく、なるべく薄着みたいな。

 

でもさぁ、ある日あまりの寒さに耐えかねて、ヒートテック下に着て寝たのよ。そんな昔の話じゃないわ、3,4年前よ。

 

そしたらまぁ暖かいこと、暖かいこと。なんだろう、なんで私この生き方を選んで来なかったんだろう、あの身震いする夜をか・え・し・て!!??って叫んだわ。

 

思い込みってそういう事なのよ。ショートヘアにするのもそう、昔やってヘルメットみたいにされたから絶対無理ぽ!って思ってたけれども、ちゃんとやってもらえばむしろ今までの何よりも似合っているとかさ。

 

何がその「気付き」を妨げているかって言ったら、やっぱり「感情」なのよ。

 

太ってることで悲しい思いをしたこと、

ショートヘアにしたら可愛いかなと思ったのに散々な結果になったこと

 

そういう時のうっ(TдT)ってなったあのショック。そのために「もう二度とそれは私にはご法度」として、私にはもこもこした格好とか颯爽としたショートヘアは似合わないんだ、ダメなんだ、やっても惨めなんだ、っていう自己否定がそのフィルターを作ってしまい、自分の行動を制限するのよね。

 

でも、そんなことないのよね。自分の実存を認められていくと、そういう思いが薄れていく。自分をチャレンジさせてあげられる。

 

そしてそのフィルターを取るのに、何かを信じつづけたり、誰かの教えを乞うことないのよ。とにかくゲロだし膿出し、感情を表現させてあげるだけなんで、一円もかからないわ。あ、毒吐くためのノート代ぐらいいるかもしれないけれども。

 

でも最後のところで自分の中でまとまりがつかない時に、私なんかもみちよさんとかMICAさんのところに言って「これって何が起こってるんすかねぇ」と聞きに行く。すると、

 

別に霊がどうだとかあなたの行いがどうかとかじゃなくて、「いや、今こういう考えに縛られちゃってるだけじゃない?その縛りを作ったのはこういう感情でそ?」と非常に現実的な答えを頂き、あ、そうか!と気づく。これの繰り返しだと思います。

 

でもなかなかわからないのよ。ほんとに。皆自分が特別だと思っちゃうからね。

 

手放すって言うのも、辛いことからはもう身を引きます!感覚で生きます!とか宣言しちゃう人いますけれども、

 

もちろん感覚を取り戻すことは非常に大事なのですが、どうも「感覚で生きたらビジネスになる」みたいな変な経典が出回ってる気がするんですけれども、それはないと思いますよ。

 

後は女性性ビジネスみたいなのも、ね。女磨けばビジネスになるとかキラキラしたらビジネスになる。とか。

 

いわゆるキラキラ起業女子ってのはなかなか幻想だと私は思います。

 

実力がないと金なんて稼げないと私は思います。そこにはかなりの男性性も必要で、キラキラしてらんねっすよ。

そういったセミナー系の事で稼いでる人は、相当ビジネスとして男性性も持ってるし、やり手ですよ。彼等とおなじことをやっても、それがWork out するかどうかはその人の環境と実力によると思います。

 

もちろん感覚を澄まして自分の心が楽しいと思うことをやる、それは必要ですけれども、「感覚少女♪少年♪」になったり、本当の自分をさらしたらそれがブランドになる、とかは違うと思うんですけれどもね。

 

って言うのは私自身がきっと感覚に従っていれば!お金が!とか思ってたからです。蓋開けたら全く違いましたね。

 

でも方や、すごい実務能力があるのに、私にはそんな夢みたいなこと無理に決まってます、っていう思考よりになってしまう人もいるので、

 

バランスっす。バランス。偏らない偏らない。まぁ私もその部分注意しながら生きていこうと想うわ。

 

ブログのやり方変えていこうとか言いながら舌の根も乾かぬうちに1人問答してるわね。。ははん♪いや、ちょっと今日は言いたい気分だったのかしら、あたし。

 

そんでハリウッドから始まったセクハラ・パワハラにNOというムーブメントがあるわね。

 

ほんとね、女性の皆さん、ちゃんと声に出してそれは戦って行きましょう。オペラ・ウィンフリーは私も絶対大統領にいずれ立候補すると思うわ。

 

でもね、自分への警鐘も含めて言うけれども、

 

私らぐらいの年齢の女性の皆さんも、若い男性への態度にちゃんと注意しましょうね。

 

女性ホルモンが減ってく年代なのでちょっとオス化して「食いに行く」感じにどうしてもなっちゃうじゃないですか。

 

自分の部下の若い男子とかに「えー、なんでぇ?結婚しようとか思わないのぉ?」とかそういうのもNGって事なんでね。

 

どこか女性はそういう発言もオカンぽく言えば良いとか、もしくはそんなつもりじゃなくて素朴なぎもーん♪みたいに言えるような気になっちゃうじゃないですか。

 

しかし、「うーん、夏子クンももう四十代でしょ?結婚とか考えるもんじゃないのかねぇ、普通は」などとおっさん上司などに仮に私が言われようものならオクラホマ・スタンピートぶっ込んだ後に通報して懲罰委員会で吊し上げとかすると思うんですけれども、

 

男性だって同じことだからね。特に全く興味ないけれども仕事上辛味のある年上の女性からそんなこと言われたらいやですよ彼等だって。それとかお姉さん気取って「もっとさぁ、素直になりなよぉ」とかそういうおせっかいとかもだし、ちょっと色仕掛けをしちゃうようなこととかもそう。残念ですけれども、殿方だってそんなの恐怖でしかないですよ。

 

エレガンスを忘れずに。。よ。気高く行きましょう。結果として自分の人生に満足している人が一番美しく、人の人生にちゃちゃを入れることで楽しんだりしないのだと思います。

 

なんか説教臭くなったわ。ま、こんな感じで続いてく2018年も既に数%終了してるからね、Let's move on!!よ。

 

ではまったねー♪

 

 

夏子 

 

 

どうやって行こうかなぁ。と徒然。

  • 2018.01.14 Sunday
  • 00:25

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

なんかお久ぶりぶりざえもん。夏子でーす。

 

休みもあけて、もう14日とかでそ?2018年も5%ぐらい終わったって感じなのかしら?やだわねーもう、はや!!

 

一週間あっつーまですよ。ほんと。

 

先週は息子がインフルになってあいつだけ1週間ばかり休み延長。すぐ元気になったのでなぜ休んでるのか皆目検討つかないですけれども月曜日も学校行っちゃいけないのね。困ったわー。

 

どんどん話変わっていきますけれどもww

 

夫がふるさと納税でA5ランク和牛みたいなのをオーダーしたのが届いたので、今日は贅沢にすき焼き食ったわ?

 

でもねぇ、おいしいんだけれども、もうその脂に体がついて行かないっていうね。。特にすき焼きだからこってりしてるのもあると思うけれども。腹にたまったわー。

 

でも素晴らしいと思ったわ。Japanese beef最高っすよ。

 

そんでまた話飛ぶけど、朝通勤時にSpotifyでいろいろ音楽聞いてるんだけれども、

 

中村中(なかむらあたる)がもう最高よね。奥さん、あたし結構じっくり聞いたの今が始めて。あの名曲「友達の詩」は有名だけれども。

 

中村さんはトランスジェンダーなんだけれども、でもこの女の情念って言うかしら。ほぼ女声なんだけれども、たまにぐっと男声になって、それがまたいいのよ。すっげぇかっこいい。音楽のことはよくわかんないけれども、この人ってすごい音楽的なバックグランドで濃いもの持ってるんだなって思う。歌もうまい!

 

中島みゆきが夜会にこの人を登場させたっていうじゃない?でも確かに世界観が似てると思ったわ。でも中島みゆきさんより中村さんのほうがより野太い感じしますよね、信念が。そんで、怖い。そして悲しい。そして強い。

 

ライブ行こうかなまじで。すっかりあたる様ファンですよ。惚れるわ??

 

そんでいろいろ聞けるものだから中森明菜女史のバックナンバーもいろいろ聞いてるのよ。

 

昔は私はそんなに明菜派じゃなくて、暗いイメージがあったんだけれども、今聞くとガッツリジェネレーションって感じがするわー。あれは四十路以上の女が聞くと身に迫るシンガーですよ。それが例えセカンド・ラブや北ウィングであっても、よ。

 

オネエの皆さんに明菜って人気あるじゃない?でもなんかすごいわかるの、私もオネエみたいなものだから。

 

って言うかこないだ電話でセッションやったお客様に、どうやって私を知ったの?って聞いたら、

 

「オネエ スピリチュアル」で検索したらでてきたんですーって言われてwwww

 

なんでヒットしたのかしら。で、すっかりオネエだと思ってたらしいのww

 

違うのよー。おばさんよー。一応女よー。

 

明菜のね、「Solitude」とか「Blonde」とか「Fin」とかさ、あのあたりよ。あのあたりがあたしぐっと来るわ??

 

なんかねぇ、すっごくいいのよ。大人になったのかしら、あたし?とか思うわ。十分大人超えてますけれども。

 

よもやま話ばっかりだけれどもww

 

何つか、

 

自分についてはもうあまり書くことがなくなってきた、って前に言ったけれどもそれは今もそうで、

 

全部ここで吐き出してきたこと、誰かに腹が立っていたこと、愚痴っていたこと、全てやっぱ私自身の反映なんだなってすっごい思うのよね。

 

憤って攻撃してる時とかさ。要するにそれに縛られて1人で戦々恐々としているのは私。。何に怒ってるか、といえば自分に対して怒っている、自意識過剰も虚栄心も全て私の行動の中で「私はこういう人間です」っていうのをアピってるのね。でもそれは私の中の私のワールドであって、周りから「その通り」と言ってもらえるものじゃないし、ま、そりゃそうだよねって言うのが今となってはわかるのだけれども、ど真ん中の時はわからないんだよね。

 

でもそれも必要だったのよ、もちろん。でも自分に軸があり、自分の価値観があれば感情が揺れても周りに確認する必要が無いんだなってのが妙に腑に落ちたら、あんま言いたいこともなくなってきた。。みたいなさ。

 

だから一方的に自分の徒然を書くのもありだけれども、こんなブログを読んでくださってる皆さんと交流するような形で、

 

質問受け付けてそれについて語る、みたいなのが自分的にも面白さを感じるのでやってみようかなと思う。

 

無料オラクルカードリーディングなんかはやってたけれども、もうちょっとDJあおいやゴマブッ子がやってるような感じ。完全なパクリだけれども、でもやっぱそれが一番おもしろいって言うか自分に取ってもやりがいがあるなと感じるわ。

 

とは言えまだパートも子供も忙しいのでどのくらいやれるかわからないけれどもー。。

 

なんかちょっと方法を考えます。もちろんものすごい個人的なことは個人セッションでしか伝えられないし、ここでやることではないのでジェネラルな形にしたいとは思うのだけれども。

 

なんか前にもそんなことあたし言ってたかしら。覚えてねーわ。でも多分ずっと思ってはいたんだろうと思うわ。

 

。。。

 

ま、そんな感じでちょっと考えるわ。とりあえず寝るわ。年末から9時とかまで寝た日が無いんだけれども、

 

息子がインフルで野球も行けないから明日はガッツリ寝てこマソ。

 

みなさんもインフル気をつけてね、まだまだ流行ってるねぃ。

 

ではね!

 

 

夏子

 

 

 

徒然移り変わる時代更新

  • 2018.01.07 Sunday
  • 00:29

JUGEMテーマ:日常

 

こんばんみー夏子です。

 

新しい年も始まって、皆さんお元気ですか?私はそうですね、鈍ってますいろいろw.

 

今日も通訳の学校行ってきたんですけれども、2週間ぶりとかなるともう頭動かないんですわ。で、今日の課題のiRobotの創立者のおさーんのスピーチとかもさっぱわかんねぇ。まぁ口語だからねぇ。。しょうがないんだけれども。ちょっと通常モードに頭直さないと死ぬわ?

 

しかし、双方ガッチガチ。あ、相撲界の話ですけれども。貴乃花親方は筋を通そうと思っているのだと思いますが、しかしこの協会のしきたりと言う名の隠蔽体質とど根性気質、よしなに事なかれな世界、これらが本当に相撲界の発展に貢献しているのか?と問われれば甚だ疑問ではあります。

 

なんか彼等の言ってる礼儀とか当たり前のこととかプロセスとか立場とかさ、もっともに聞こえる時もあるんだけれども、「相撲協会国」って国で勝手に作ってる法律についてきゃーきゃー言ってるだけに聞こえません?

 

その中に居る人たちにとっては超重大なMatterなわけだけれども、よく考えたらなんだかそれってよくわかんないってか誰ルールなんす?みたいな感じ。「〜すべき」ということころに縛られている人が陥るマイワールドってこんな感じなんだよねきっと。

 

そしてこれらの古い体質で一番苦渋を舐めて来たのが貴乃花親方そのものだと思うんですよ。だからこそ、なんだと思いますけれども、彼の自分と自分の懐に居る人以外を一切信じようとしないアチチュードは見ていて辛いものもあります。

 

時代の移り変わりでは必ずこういう事が起こって、

 

古いものは淘汰される、否定される運命なのだと感じます。しかし、その古いものがあったからこその今、でもありリスペクトをしないとならないわけですが、とは言えそこで「こうしないとダメなんです!!」みたいな態度でいられるとこじれるし、反抗する側もお前らなんかクソだぜ、みたいな感じで来られると批判される。それは取りも直さず互いが「わかってよ!」と言い合ってるから何だと思います。

 

どうしたら古い者たちが若者たちに譲れるか?と言えば、無駄な苦労をしないで必要な努力に喜びを軸に生きていることであり、そのように生きられれば、なうでヤングな若者が新しいコンセプトを盛ってきても、へーそうなんだ、New!だね!頑張ってね!と優しくバトンを渡せるのではないかと思います。

 

が、理不尽な可愛がりのお陰で成長出来た!みたいな実例が少しでもあるとなかなかそうも行かない。その辺は難しいっすよね。

 

特に娘を育ててると思うのですけれども、

 

私としては最善のことを彼女の為を思って一生懸命出来る形で育ててるわけなんですが、後数年もすれば必ず反抗されるんだろうなと思います。もはやその陰りが既に見えます。

 

それはもうどんなにパーフェクトマザー・アースを気取ったところで必ずDisられるのを覚悟よ。逆にその反抗の先に行った後でかつての自分もそうであったように私の気持ちなどがわかってもらえたらなーと思います。

 

親の思い通りに生きる子供など育成しようという試み自体がもう間違ってるのだと思います。無理ゲーよね。そしてそれでいいのだ、と思えるように私は私の納得した生き方をしてとりっぱぐれなきよう楽しもうと思いますわ。

 

そんで星野仙一さんがお亡くなりになり、ご冥福をお祈り致します。

星野さんは私の父にどこかお顔が似ているので勝手に親しみを感じていたのですが、

 

このパッション。暑苦しいまでの闘志。多分お若い頃はいろいろやんちゃもなさってイケイケどんどんだったと思いますが、すごい人間臭い方だったと思います。昭和バリバリのエネルギーではありつつも、しかしそのいい意味でのエモーショナルな感じ、一緒に泣いてくれそうな人間臭さとひたむきさ。

 

星野さんのような方が今の相撲協会にもいたら良かったのになと思うんですけれどもなんかそういう人いないですよね。

その世界で常にお利口さんだった人たちがトップにいるうちはなかなか変わりません。

 

バイザウェイ

 

年末年始はくっそダラダラしてテレビ三昧でもありましたが、テレビの世界も面白い人一杯いますよね。

 

あのテレ朝のなすDとか。おもっしろww すごいですよねあのエネルギー。大人の格好をした子供以上の子供。

 

でもどんな場合でも最高を目指し、どんな状況でも楽しむという気持ち。「今」に生きるあの姿勢。あれがほんとに必要なんだと思ったりもしました。すごい究極ですけれどもね?

 

アマゾンの奥地でも、無人島でも、飲水すらなくても「面白い!」を発見できるその生き方、憧れます。彼といたら絶対生き延びれそうなあの生命力。

 

後はやっぱブルゾンちえみでしょうか。あの方ほんとに「素」というか。あそこまでナチュラルに素の状態で可愛がられるのはすごいNew typeだと思います、確かマツコもそんなこと言っていたけれども。でもあの恥ずかしがっている憂いがいいですよね。ブルゾン可愛いです。そして彼女の存在は特に芸人の皆さんにとっては脅威だと思います。

 

そして滝沢カレンちゃんの四文字熟語で人を表すってやつも面白いですよね。

 

個人的には

 

加藤浩次の「朝活将軍」とか

土田晃之の「初代冷徹」とか

石原良純の「小言鉄道」

 

あたりがヒットでした。

 

超感覚の世界。すごいわーカレン。

 

だからなんか知らんけどこ今年ってこういうガツガツしてない(演じてない)けれどもパワー炸裂みたいな人がどんどん前に出てくる年なのかしら?と思いました。

 

New moveですね。虎視眈々と何かを演じている人間の出番がなくなってきました。

 

コンセプトはBe free and be yourself。頑張る、の意味がガラッと変わりそうですよね。

 

あらこんな時間だわ。。もっと書きたい事があったはずなんだけれども眠いから寝ますわ。

 

またぬーん♪

 

 

夏子

 

 

 

 

あけましておめでとうございます

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 21:04
こんばんは、夏子です。

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m!!

皆さん正月やってますか?私も旦那実家でダラダラやってますよーん。


まず正月と言えば手始めにこれよね。
早速引いてみたわ??


ゲッツ




っつーことでね?

神に大吉を保障されたわ?!

夫や子供らが末吉、小吉あたりで、まあほどほどが1番だよね、とほっこりいたわり合う中、お母さん1人で寺に向かってジャスティース!!って叫んだの。ははん?


それが終わったら次はこれよね。
書き初めよ。


今年はこれかしら






羽の字がアンバランスだわ。
読める?みなさん?はぶたえもちよ。絶賛美味いけど案外腹に溜まるから注意よ。

ほんでその後は金沢の香林坊行ったのよ。

でね?都内のセールとか死ぬじゃない?パンツの試着に整理番号20番とか。ジョーダンにしても面白くないわ?とか思って。まあ38なら9号でそ?いけんじゃね?とか思って試着せずに買ったら腿がぱつんぱつんとかね?40%引きが聞いて呆れるわ?もちょっとがんばんなさいよ(何に)とかなるじゃない?



しかし今日は雨だったのもあるけど、金沢香林坊のジャーナルスタンダードとかユナイテッドアローズとかビームスはさっぱりとほどよい混み具合で。


お母さんがっつり会社に来ていかれる服買ってご満悦よ。最近普段着全部トレーニングウェアになってるからね。
必要なのよウールとか。毛玉が付いてないニットとか、ゴムじゃないスカートとか。


で、その後はこれよ。
キトキト寿司よ。



2枚目なんかあなた、どんだけ?ってね。脇目も振らず脇を引き締めて食うべし食うべし!!よ、らららー?




お気付きの方はいるかしら。


私これまでの文でじみーに北陸三県カバーしてるのよ。ふふふ。。。

かっくじつに


肥えたわ?でもしょうがないわ?

今年はなんだか正月から楽しい。この勢いで頑張る。


今年もよろしくお願いいたします!!


夏子

今年を振り返りましょうかね。その2 自分を愛するって。

  • 2017.12.30 Saturday
  • 01:28

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

みちよ姐さんもブログで紹介してくださって。ありがたきことこの上ないわ。

 

しかも電子版ananのスクショで載っけてくれて。私は写メでみちよさんに、姐さん、こんなん載りました!と報告したところ、

 

ってかあんた写メがめっちゃブレてて読めないんですけれども。だから電子版見ちゃってるわ?とお返事いただいたんですけれども。

 

老眼が進んでそもそも曖昧な感じで見てるから写メもブレてるかどうかよくわからん間に撮ってだししちゃったのよね。そんなんでクリア画像でご紹介いただきましてみちよさんありがとうございましたm(_ _)m!

 

そう。だから続きですけれども、そのエネルギーの循環ってところで、感情が弁のような役割になって引っかかる状態って言うのは皆さんあると思うんですよね。

 

でも感情があるからこその「感情的」なドラマがあって、それが人間たる最もの特徴なわけでもあります。

 

全く辛く悲しい思い出もなければ、苦労もせずいじめられもせず、コンプレックスもない人に何か相談をして、

 

「えー!そんなことってほんとにあるんだー!大変だね♪」という返答を返されてもさぁ。

なんだろなこいつ、と思うにとどまりますよね。

 

嫌なことがあったり辛いことがあったり、肉体的にも精神的にもやられた経験があってこそその反対側の世界とのコントラストが楽しく、美しく、個性になる。

 

絶対ひっくり返せるんだと思います。

そのためにはたまった自分でも気づいていない自分の感情に気づいて認めてやるしかないんだと思います。

 

でもどうしてもそんなネガティブな感情やブラックな自分については、隠してもいないし、感じてもいない、として人は自分を守ってしまいますよね。

 

しかし、「〇〇さんってほんと何も苦労もなくサラッとうまーく生きてますよね!幸せなんでしょうねー」と言われたら、いやお前に何がわかんだよ、と思うじゃないですか。

 

または自分の不幸を吐き連ねた後に「そうなんだー。ほんと不幸だね。可哀想な運命なんだねー頑張ってね!私は何もできないけど。」って言われたら、いやそんなことねーし、且つお前に何がわかんだよ、と思うじゃないですか。

 

その「お前に何が分かんだよ」の部分を自分でわかってやらないとさ。

 

他人に見せたくないけれども暗にひっそり他人に理解して欲しいその気持がなんたるやを自分で理解してやらないと循環ってなかなか起きないのだと思います。

 

それにはほんとに吐き出し吐き出し。。これしかないです。言葉で難しかったらボディからでもいい、汗を出す涙を出す、吐く、なんでもいいけれども、抑えている感情の蓋を開いて自分で一つ一つ見てやるしかないです。

 

その方法についてはどこぞのセミナーに行く必要もないし、何かを買って身につける必要も全くありませんし、霊視が出来たり透視ができたり宇宙と交信したりする必要もまるでないです。そこんところの時代は終わったんだと私は思います。

 

個人的なライフでいうと、

 

もう1つは、今年はパートですけれども再び社会に出る、ということをあえてやってみる事でこれは私の場合功を成したな、と思います。

 

以前はとにかくがむしゃらに働いて辛いだけだった社会人生活を一旦辞めて、

 

苦手だと思っていた子供と四六時中居る、という生活を数年間やってみて、かつその間にスピスピして煮えてしまっていたところに、

 

その上でもう一回社会で働いてみるとどんな感じなのかな、ということをやって非常に良かったと思います。

 

私は昔から社内通訳や翻訳をしばらくやっていましたが、昔はどうしてもプライドで「できないカッコ悪い自分を見せてはならない」と戦線恐々としていたゆえに自分の不出来を認められず環境を責めていましたが、

 

改めてもう一回やってみて、「あ。本当にできないんだ。勉強しなきゃ。。」ということを改めて受け入れる事で

 

じゃぁどうしようかな、どういう勉強をしようかな、と始めて謙虚に見られるという。グズグズ言ってねーで努力しないとにっちもさっちもなのね。。ということを43にして気づくという。

 

後ソフトボールを再びやりだしたのも同じかも。中学生の頃はヘマしたらだめだ、パーフェクトじゃないとダメだ、常にいいプレーをしないとダメだ、思ってやっていたけれども、結果あまりそつもなく花もない選手で終わった当時の自分に再挑戦みたいな感じ。

 

相変わらず下手は下手なんだけれども、でも「下手なんだから練習するしかないし、練習したらうまくなるかも♪」という気持ちを持てた事で俄然楽しいんですよね。私は来年ピッチャーでマウンドに立ちたいですよ。ええ。まじで。四十肩にならなければっw.

 

そうか。努力とはこういうことなんだ。と腑に落ちた年でした。

 

足らないものを見せない為に、埋めるために、自分の壁を乗り越えて輝かしい自分になることを「誰かに見せつけるために」がむしゃらに辛くても悲しくても根性根性ど根性でやることが努力だと思っていましたし、

 

その辛い、苦しい、でも必死で頑張ってます!のアピールそのものが実は目的だった私の過去の努力は努力ではなく、

 

あれは拷問だったのだと感じます。拷問は拷問なりにスキルにはなるので無駄ではないんですけれども。

でもちっとも楽しくない。そして計画性があるようでその場その場の「どやさ!」が目的なので努力の方向性も定まってないから、結果的にどっち付かずの感じでもやっと終了する。言い訳ばっかりしてね。

 

拷問の先に何かを達成をしてもその時の安堵は一瞬です。更に高い山を目指してせっせとワンダーフォーゲル。終わんないですね。

 

でもありのままの自分を受け入れた上での「もっと良くなりたい」という謙虚さの上の努力というのはその過程そのものが楽しいもんなのね。マジで知りませんでした。

 

そしてその努力の先の目的がクリアだと、色んなアプローチを人は考える。教えて欲しい、と人に頼むこともあるし、より良い情報を求めて積極的になる。

 

でも努力という名の拷問を実行している時は孤軍奮闘してこそ、ですからつまんない上に孤独で且つ人は皆自分をバカにしてると思ってますから真っ暗闇ですよね。

 

そしていわゆるほんとに楽しい努力って多くの人がちゃんとやってることなんですよね。

でも昔の私はその彼等の成果のてっぺんだけを見て、

 

「うまくやりやがって」とか「才能がある人っていいよね」とか思っていたのはなんと自分の心の貧しいこと。。と痛感しました。

 

でも考えてみれば、

 

今回年末に雑誌で掲載していただいたことなどについても、狙ってたことでも何でもないんですよね。

もちろん夢見たことはあります。でもそれに向けて、今までこのブログでゲロ吐き続けていたわけではない。

 

単にここで自分の不満や鬱憤を垂れ流しながら、そんな自分を皆わかってよと言いながら、自問自答していた先に起こってきた事で、

 

多分旧ブログと合わせて1000記事ぐらい書いてると思うんですけれども、全く辛いことではなかったです。むしろここがあったから生き延びれた、みたいな。

 

いろいろ言わなくてもいいことも言ったし、しくじってきたけれども、いちいち失敗をして腑に落とさないとわかんない質なんでしょうねぇ。。なんでこれからもいろいろやらかすと思いますけれども、致し方ないですね。それがどうやら「私」なのですから。

 

そんなんで中身の濃い1年でした。来年はどうなるかなー。

 

明日からは夫の実家に里帰りしてまいりますわ。

 

ホットカーペットの上でゴロゴロしていたら2キロほど既にオーバーしてきましたのでちょっと、いや、だいぶ気をつけないと。

 

腹筋しながらダウンタウンでもみたいと思います。

 

本年もブログを読んで下さった皆様、お客様でいらして下さった皆様、ほんとにありがとうございましたm(_ _)m!!

またくだらない事ダラダラ書くねーん♪

 

 

皆様良いお年を!!

 

夏子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

  • どうやって行こうかなぁ。と徒然。
    夏子 (01/14)
  • どうやって行こうかなぁ。と徒然。
    夏子 (01/14)
  • どうやって行こうかなぁ。と徒然。
    aya (01/14)
  • どうやって行こうかなぁ。と徒然。
    miyano (01/14)
  • あけましておめでとうございます
    夏子 (01/03)
  • あけましておめでとうございます
    竜太郎 (01/03)
  • あけましておめでとうございます
    夏子 (01/03)
  • あけましておめでとうございます
    aya (01/03)
  • 今年を振り返りましょうかね。その2 自分を愛するって。
    夏子 (01/01)
  • 今年を振り返りましょうかね。その2 自分を愛するって。
    夏子 (01/01)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM