変わりたいけど変わらない。

  • 2017.02.24 Friday
  • 15:16

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

おこんにちは、夏子です。

 

ちょっとバタついておりましたが、今日はストレス発散でバッティングセンターなどにも。

 

ただ、個人的にソフトボールでもっと打ちたい、それだけのためにいそいそと行ってきたわ?腕が笑ってるわ?

 

40代女性が来るのは珍しいのか、受け付けのおじいさんに、

いや、奥さん膝が固い、もっと粘ってから振るんだよ、立ち位置がベースから離れすぎ、といろいろご指南を受けまして。

 

ありがたいんですけど、Please let me be alone. お願い、集中させて?正直ウザイの。

見られながらやるのって結構キツイの。

 

その後、多分大学生のにーちゃんがわらわら来たのでおじいさん退散していただいて、そっからやっと集中。

 

豆ができたわ。手のひらに。何やってんだろうとふと思ったけど、まぁいいわ。やりたかったからねぇ。

 

そんで、

 

友達とこないだランチしてて、彼女の愚痴を聞いてたんだけど、

 

いわゆるキラキラセミナーに大枚はたいて言ってきたけど、なんだったんだろうあれ、みたいな話でさ。

 

結構自己啓発分野で有名な人だし、その人の言ってることもさもありなん、じゃないけど割りと私もいいなと思ってたんで興味はあったんだけど、彼女曰く銭ゲバになってて、且つこいつの話聞いてても別に私なんも変わってないんだよねーって事でした。

 

あるよね。あるある。

かくいう私もそういうセミナージプシー、占いジプシー、お祈りマンセーで、いくら使ったか計算したら怖くて心がちぎれそうだからなかったことにしてるんだけど、そこに自分を変化させる一縷の望みをかけて行くよね。

 

でも、有益でもあると思うのよ。だって実際それでその人は成功。。ってか思い描いた何かを体現しているのだから経験者から話を聞くって言うのはいいよね。で、その人の光を感じて自分の中にも可能性があるかなって感じるのはNEWなコンセプトを得られて良いと思う。

 

そんで、その人がいわゆるディプロマ的なものを発行していると、その人からの「認定」が欲しくて、それを持ってしてこそ武装できるわ?これなら出来るわ?と思いたくなる気持ちもあるし、

 

実際知識として一種のノウハウを知っている、という資格をもてば、商売にプラスにはなるからそれもありよ。

 

But, その人と同じようになれるのか?と言うとそれは全く別のお話でもあるとは思う。あくまでニュアンス、エッセンスの部分で、その人の一味に混ざりたい、が目的だといずれしんどくなると思うんだわね。比較と競争が出てきちゃうから、仲間内で。

 

後は自己啓発の人でも、やたらと自分を神格化してくるとちょっとおかしくなってくるとは思う。個人的に。

特典は私に会えることです!とか。ま、それも価値は様々だから会いたいならそれも良いとは思うけど、好きな芸能人的に会いに行く、と同じ感覚で会いに行くのはいいと思うけど、

 

その人の仲間でいることで「なんとかしてもらおう」と思っていくと、その神格化された人のエゴにハマる場合もあると思う。

お布施的なこととかルールがどうしたって出てくるからさ。

 

アテンションぽちーね。みんな自分にスポットライトをあてて欲しい。あわよくば壇上に上がってる人に。

この中で私と同じ波動の人がいます、その人は!!ダラダラダラーーン♪ この人!!!パンパカパカーン!!女神君臨!!みたいに指名し・て♡っていう思いが出てきちゃうわよね。

 

その気持分かります。かくいう私もスポットライト浴びたい病を引き連れて齢43歳Within 今年。

まだ言うか!ってくらい目立ちたい欲がありんすよ。

 

でもそういうのもこないだのイベント出た辺りから失せてきた気もする。

なんでって、スポットライトの下の人ってのはそれが「特別だ」と露とも思ってないものなんだな、と思ったから。

 

本当の私らしさ、なるものを表現してる人はふつーにしているだけなんだと思った。

 

と言うのは、

 

卵かけご飯食べる時にご飯の上に生卵割って入れてから醤油垂らす、ってのも自分らしさ。

朝起きた時にとりあえずラジオ体操しないと血がめぐりズム!と思ってるのも私らしさ。

 

でも、それが傍から見るとなんか変わってたり、すげーと思われたり、という事なんだと感じるわ。

 

意味わかるかしら。相変わらず比喩が下手だわ。

 

要するにストレスなく日常をフィーリングだけで生きていると私らしさなんて勝手に出て来るということさ。おそらく。

 

結果としてキラキラ女子になったり大金持ちになったりもする場合もあるかもしれないけど、必ずしもそうとは限らない、かつ、それがほんとの目的なのかと言われたらよくわかんない。

 

心理商売と言うのはそういうところでエゴと光の間を行き来する非常に繊細なところだと思うわ。

 

ある人には光の部分でインスパイアもするけど、ある人には依存と執着、自己否定(変われないあなたはまだダメ)みたいなコントラストを与える部分もあるよね。

 

までもそれもそこで体験しに行っちゃった以上、必要なことだったんだと思うよ、と友人に行ったら、

 

ふん、あんたもわかったような事ばっか言いやがって、と返され、ヒャダ、あたし自身も神格化キボンヌしてる?とかちょっと怖くなったんだけど、

 

私もいろいろスピ考察なんかやっちゃってきたけどさ、でも変わる・変わらないってさ、ほんとに

 

懲りるしかないんだと思うんよ。

 

〇〇じゃないと絶対死ぬ!って思いを手放すのに色んなワークがあったり感情の吐き出しももちろんで、そういうので徐々に変化はしていくけど、

 

最終的にあーもう気にしてもしょうがないわ、飽きた!メンドクセ、やめたやめた!!と本人が懲りる以外変われないと思う。

 

まだそんなことグズグズ言ってんの?と私もよく叱られて、そうだよね、と思うんだけど、行動に移せない。

移せないからどうやったら移せるかというセミナーに行く。するとこーやってあーやってこうするんだよ!と教わってしばしやってみるもまたダウンなあの気分が舞い戻ってきて、元の木阿弥となり。。みたいなさ。

 

私自身もそうやってうだうだやってきてたけどさ、今、何か変えたいことはもちろんあるけれども変えられないのはもう要するに今特段変えたいとも思っていない、の一言で、お望み通りのことをやってるだけなのだと思う。

 

じゃぁそのまんまでいいじゃん、お望みどおりだし!で良いのか?とまた疑問が湧くんだけど、その安全地帯の中にまだいたいと思ってることに気づいてるかどうか、で、自己責任の世界には入っていけるとは思う。

 

〇〇のせいでできねーのよ!!とか、私がボロ雑巾のように使えない女だから無理なのね?とかそういう意味付けをしなくて済む。

 

なかなか変えられないし、今の状況も嫌だけど何やって良いかもわかんない、辛い、でもどうもそういう状態にいることで守れてる何かをまだ手放したくないんだな、ってことを自分で自覚してるかどうか、が要なんだと思うよ。

 

怖いんだねー、遠慮してるんだねー、ムカついてるんだねー、嫌われたくないんだねー、と。

言うなればそこを気づくことしかない、と思うわ。

 

後は粛々と吐き出して、懲りるまで待つ。ほんとに魂の求めることじゃなかったらいつか懲りると思うわ。

 

アテンションプリーズな点としては、感情を吐かない限り懲りることはないと思うわ。それやらないといつまでも欲しがりません勝つまでは、で、人のせいにしていても何ら救いはやっぱない、とは思う。

 

自分ラブのプロセスなんて長いっすよ。個人的には長いわ。こんなうだうだ言いつつづけてHow many イヤーズ。長い。

他の人だったら途中でもう面倒だわ、とりあえず私そこどうでも良いからなんか楽しいことする!とか思えるとおもうの。

でも私はこういう答えが無いようなことをうだうだ考えることがどうもやりたいことらしい、という身も蓋もない事実もあるとおもう。悩んでいるのが好き、悩んでむしろ出口がない方が萌える、というMな自分。

 

だから個人的にはセルフブランディング的な思考を「やらなきゃ」と思ってる時点で他人軸であると思った方がいいとおもうよ。

自分が商品になる覚悟があるのならばいいと思うけど、そうじゃないなら今息吸って吐いてるあなたはOwn brandじゃね?って思うわ。

 

色んなメソッドとかも試しまくりまくりスティで良かったのもあればなんじゃそれ?もあったけど、自分らしさとかブロックとかお金の設定とかいろいろ面白そうなセミナーとか行くお金が無いならおすすめ図書として、

 

みっちーの「愛され女神に生まれ変わる方法」は良いと思う。キラキラタイトルだけど中身違うからね。社会常識と親の常識の鉄板のお話。

 

それから、人と上手くいかない、人間関係がスムーズにできない、いつも怖くて身動き取れない、という場合は、

 

大嶋信頼せんせの「いつも誰かに振り回されるが一瞬で変わる方法」も良いと思うわ。

全然スピってないけど要するにこういうことなんだろうと私は思う。エンパスとか波動とかいう説明がよくわかんなかったらこれを読むとよくわかると思います。で、人間関係が上手く行くようになると自然となんでもやれる勇気が出るよね。

 

さて、買い物にでも行ってこよう。。と思うんだが、

 

バイザウェイ、夕飯の献立だって考えるのめっさクリエイティブよ。それを商売にしてブランドにした栗原はるみ先生はすごいと思うわ。でも彼女だって、「私ブランド!」なんてはなっから目指してなかったんだろうと思うの。

 

私はそうしてるんだけど、みんなには結構個性に思うんだねー、みたいなところだったと思うよ。

稼いでるのも好きなことやって、普通に働きたいと思ったから働いてるだけなんじゃないかと思う。

 

結果として自分らしさが商売になったかどうか。それは結果論でしかないのかも知れない。

そうなる場合もあれば、そうならない場合もある。

でも結びつけたくなるよね。なるべくならそうしたほうがお金ももらえるしいいじゃん!って思うわね。

 

でも商売とか儲け先行で「私らしさ」を追求しても多分道が見えないのかも、と思う。

 

勉強大好きですごい学校に行った人はそれが社会的認知と栄誉と金になるけど、

爪楊枝をとにかく長く積み上げられることが何より大好き!って人は変わってるよねーと言われてまぁ金に変換しようとしない限り自動的にはならないかもしれないわね。

 

世知辛いわねぇ。でもマツコの知らない世界とか見てても思うじゃない?

一銭にもならない自分独特の何かに対するマニアっぷり。そういうものが今、お金にも社会的認知にも変換できるようになっている。

そうしたいかどうかは別として、そういう世の中にもなってきてるから変化だよね。

 

何いいたいかよくわかんないけど、

 

多分私もスポットライト浴びたい病を持ちつつも、そして私らしさに疑問を持ちつつも、

現状はこうやってうだうだスピって夫の庇護の元、文句垂れ流して生きていることにそれほど不満も無ければ変えたいとも思っていないらしい、ってことらしいのが身にしみるわ。

いつか懲りるのかしら。懲りないなら懲りない選択を自分でしたのだ、とそこはきっぱり受け入れるわね。

 

 

ではではね!!

 

 

夏子

 

怒りの効能。

  • 2017.02.20 Monday
  • 14:05

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

相変わらずメディカルチャクラリスト君代さんの記事はクリアでスカっとするわ?

 

これとか。

 

ほんとね。怒りを溜め込んでその怒りを表したら迷惑がかかっちゃう、私が悪くていたらないからなんだ、って自責に行ってしまう人って

 

むっちゃいい人なんですよ。ほんと。リーディングしててもほんと思う。あなたどんだけいい人なの?って。

 

今日のしくじり先生ご覧になった?

 

坂本ちゃんと新庄剛志っていう真逆の二人が出ていたんだけど、

 

坂本ちゃん見てたらなんか泣けてきました。見た方思ったと思うんです、あなたどんだけいい人なの?って。

 

坂本ちゃんが出来の良い兄弟に挟まれて比較されて自分の個性を認められないと感じたりしたこと、

 

エスカレーター式の学校なのにエスカレーターに乗れなかった事、

 

東京に出たけど何年もぷーやってたこと、

 

これらについて坂本ちゃんは自分がやる気がない不真面目でダメなやつだからだって思ってるけど、あたしはそうは思わなんだよ。

 

期待に添えない自分をずっと責めていたからだと思います。私の意見だけどね、あくまで。

 

そうするしかなかったと言うか身動き取れなかったんだと思います。

 

で、その後親と弟からお金をせびられて絶縁していて、その自分も責めまくってると思います。

 

お金なんか自分が渡しちゃったから家族が壊れた、自分のせいだ、ということを自分のしくじりとして発表していたわね。

 

でもその後弟さんが出てきて、あの時は借金があって家族が混迷していたからお金あるだろうと思ってお兄ちゃんにお金を無心してしまって申し訳なかった、と謝罪していて、それを見た坂本ちゃんは、

 

なんて親不孝な自分なんだ、ひどいことをした、とまた自分を責めてもいました。

 

確かに、そこにはね、自分が知らなかった事情があって、それを知らなかったから坂本ちゃんがいたからこそ絶縁したわけだけど、

 

ぜんっぜん坂本ちゃんは悪くないと思わない?なんでそこまで自分を責めるの?と思う。なんでもかんでも自分が悪いとしている。

 

でもこの姿、皆さんほんっとにやってるんですよ。なんでもかんでも自分のせいにしてるの。

 

自分がダメな人間だから、自分が頭が悪いから、自分が親に苦労ばっかりかけたから、という自責。

 

どこまで親を愛しているのだろうか、というぐらいの愛よ。そのくらい、特に優しい人はそうやってまず相手の幸せを願う。

 

でもさ、坂本ちゃんには坂本ちゃんの魅力があるじゃない。勉強だって電波少年で大学受かったじゃん、しかも6ヶ月で。

 

自分の中の光を最大限に出して行けるよう、自責をやめて、たまった怒りとか感情を出して欲しいなぁなんて思ったわ。

 

でももはやこのレベルの優しい人だと怒りなんか出すのほんとに難儀なんだと思うのよ。

 

でもさ、あたしってほんと親不孝なの、とか日本一つまんないオカマなの、とかお金もないし、何も取り柄がないの、親とも絶縁もしちゃっててしかも全部あたしのせいなの、って言われたら、

 

そんなことないじゃん、いい加減自分を否定ばっかりしてないで自身をもって生きなよ、って感じちゃうよね、周りは。

そんな坂本ちゃんの優しさは感じるけど、でもずっとそんな状態の人とおしゃべりしてたいか、とかそういう芸を見たいか、と言われれば、正直しんどいよね。

そしてそのしんどいと思わせる重たさに対する他人の反応を見てほらやっぱりみんなあたしの事なんてダメだと思ってるよね、そりゃそうよね、と更に追い込んじゃう。

 

だから自分で自分の首締めるのはほんとやめないと、と思う。自分責めても誰もハッピーになんないのよ。

そういう意味で怒りという自己主張を出す、怒りはとても良い自己主張のツールだと私も思います。

 

でも君代さんも書いてる通り、怒りのフェーズに入るともう今まで溜まってたものが大爆発してイナズマズキュンになるので、

 

ほんとにね、よるもの触るもの全部ムカつくとか、全部私を責めてるんでしょそうでしょあぁ??ってぐらいやさぐれたり大変なフェーズが始まります。これは誰でもそうだと思います。

 

仏のような事ばかり言ってた人が突然罵詈雑言いい出したり、お前ほんとはこういうやつなんでしょ、知ってるわボケ!ぐらいのいまさら話を始めたり、ほんと収集つかないくらい大爆発する。

で、それを言ってる本人も自己主張しながらもとても苦しい。そんな怒りを吐いてる自分をまた責めたりしてループみたいになるんだけど、

 

ほんとにいずれは必ずこのフェーズは乗り越えて行けると思う。私もまだ怒ってるけど。でもかなり薄れてきたわ。そして出し切ったら平穏が来るのよ。もうちょっと言うと平穏の後に反省自責フェーズとかも来たり、プロセス自体はすごく長いわ、確かに。

 

そして坂本ちゃんが最後に言っていたのは、すごく心に響いたわ。

 

家族と向き合う事。ってやつね。

 

相手を愛しているからこそ言えない事とか、愛しているからこそ愛されてないと思われたくなくてひた隠しにしてしまいたくなることとか、一番近いのに一番他人行儀になるのが家族だと思う。

 

なので言わない中できっとこうだ、絶対そうだ、を双方先回りして慮ったり憎んだり。邪推したり余計なお世話だったりと色んな事があるわけなんだけど、

 

まず自分と向き合う。なんで〇〇してくれなかったの!ひどい!という怒りの後ろにある、〇〇して貰いたいと思ってたけどしてもらえなかったのが愛されていないと思って不安だった、という気持ちを自分で認めて、

 

そのトーンで家族と向き合えたら分かってもらえる事が多いと思うよ。もちろん完全にとは行かないかもしれないけど。

 

そして、自分も色んな誤解を持っていたことも知ると思う。

怒りをぶつけ合うをやっちゃうとエゴ祭りになるからそれはバトリングにしかならないけど、そうやって向き合ってみたら相手の「私も本当はこんなことがあって苦しかった」っていうのがはじめて聞き出せるかも知れない。

 

その瞬間自分も相手も許せる。

 

坂本ちゃんもそうやって自分の本心と家族の本心に向き合うことで、和が訪れたと思うわ。これからは愛されてる自分を感じてどんどんえぐい坂本ちゃんワールドを謳歌してもらいたいと切に願います。

 

その後の新城選手がもう桁違いですごかったけどwww

 

「いい気分」の引き寄せだけで生きてきた男!って感じでほんとすごいエネルギーっすよね。

 

でもそのいい気分だけではトラップもあるということかなと思った。

危機管理能力、つまり恐怖とか怒りの感情から来る防御反応もないと足元を救われちゃうと言うことなのかどうか。

あんまこの人超越しすぎててスピ考察できないんだけど。。

 

信じてた人に自分の稼いだ金全部預けて好き放題やってたけど最後はその金を使い込まれちゃってた、って話なんだけど、

 

でも当時イケイケどんどんの新庄さんが自分で金管理してたら、変な投資話とか商売の話持ちかけられてもっと早く身を崩していたかもしれないよね。

 

いずれにしても新庄は「被害者意識がない」男のすごいサンプル。

そして自責もない。俺はサイコーと信じてやまない。そしてそれはマウンティングでもないから嫌味がなくみんなに受け入れられちゃうという。

 

すっごいよね。ギラッギラ。だから本当はみんなも新庄なみのパワーがあるんだろうなって思うわ。

 

長くなったけど、要するにしくじり先生の個人的感想だったわwww

 

あの番組面白いよね。

 

さて、ビール飲んで寝るべ。

 

ではねー

 

 

夏子

徒然更新。

  • 2017.02.18 Saturday
  • 23:32

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

今日はダンスレッスンよ。子供のですけどね?

 

付き合って自分もやってるんだけど、ほんとダンスって難しいわぁ。

 

ジャニーズも韓流アイドルもですけど、あ、もちろんAKBとかもだけど、あれ覚えるってほんとすごいとおもうわ。

パフュームとかもね。

 

多分慣れてくるとサンプル見るだけで頭にインプットされるんでしょうね。中居くんとかも一回見てすぐ踊れるらしいじゃない、職人ですよ、ダンス職人。

 

まずその手振り足ぶりを再現することができないもの。私なんか。頭と身体が連動しないと言うか。

 

武井壮が言ってたように、運動神経がいい人って言うのは、「こうしよう」と頭に浮かんだ事を身体で再現できる何かがあるのよね、きっと。音感がいい人とかもそうだと思うわ。聞いた音そのままを発声できるのでしょうね。

 

非常に残念ですけどそういった能力はデフォではないわー。鬼みたいに練習すれば慣れてくるのかもしれないけど、無理だわ。

 

洗脳騒動とかまさおさんが殺害されちゃったりとかやっぱすごいわね、今年。

 

慌ただしいね、まだ2月なのに。

 

までも私の親戚にもすっかり宗教にハマった人はいるんですけど、

 

でももうそれで救われてるからそれはそれで良い、という感じ。あなたも入信しないと天国にはいけないわよ!とかそういうことを言う人ではないし、神様のために生きているってことでアイデンティティが確立して揺るがないのであればそれも生き方の1つだと私は思うよ。

 

結局ある程度の指導があったほうがもちろん生きやすいし、目的を与えて貰った方が向上心も湧く。そういう意味で宗教は「救われる」と思う。

 

あの女優さんに何があったかはわからないけど、プロセスの1つとして今はそこに向かってるのだろうと感じるわ。

 

でもあんまりエネルギー的な変化はないとは思うのだけれども。

 

私は縛られている、嫌なことばかり強要される、なら自分の好きなようにすればいいだけだと思うんだけど、

 

そんな訳にはいかないじゃない!という自分で敷いてる規律があると感じます。

 

宗教の規律が100%納得出来ることであればそれはハッピーだけど、

 

いずれそこにも疑問を持つんじゃないかと私は感じる。結局何かの価値観を丸呑み出来る人ではなく、オリジナルな自分を生きたいのが本当だと思うし、かなり個性が強いと感じる。

 

単に場所を変えてみているだけだと思うんだけど、ま、あんまりそこは詳しいところわかんないから知らないわ。

 

まさおさん殺害についてはねぇ。うーん、でもあの方ってあの国で最も自由で不自由で、最も苦しい立場で且つ最も息抜きが出来た人なんじゃないかと思う。

 

最も自由の尊さを余裕を持って知ってる人だったのに、いなくなってしまう事はとても残念だと思います。後ろで何をしていたかはわからないけど。

 

方や子供とダンスレッスンしてるのにもう一方では粛清が行われているなんて世界ってなんだろうなって思うよね。

 

でも頭のなかでも「あいつぶっ殺す」とかって私らも思ってるじゃない?それが国家単位で行われている場所もある、そういうパートを担ってるところもあるってことだと思うから、他人事のようで自分の中身の一部でもあると感じます。

 

一番弟さんのことを気にかけていたのはまさおさんだと思うんだけれども、それを敵とみなし、脅威と思い殺す、とても悲しいよね。

 

でも、絵に書いたようなエゴ祭りなのは一目瞭然だわ。すごいそういうののるつぼなんだと思う。

 

そういう部分を担当してくれてると言う思いもあるけど、やってることは擁護はできないけどさ。

 

でも常に生きるか死ぬかの臨戦態勢で身を守っていて、その強がりの哀れさ、後の引けなさ加減って言うのが周りからはメディア越しにバレバレなんだけど、本人たちは絶対にバレてはならないと必死になっている、そんなところは

 

普通に自分もやってるよなと思います。規模の差だけで構造は一緒だよね。

 

また話を徒然に戻すけど、

 

ダンスレッスン動画を撮って自分で見てみたんだけどさ、

 

体型がねぇ。。。こんなにおばさん化してるのかーって落胆したわ。。自分の姿って見ているようで見てないものねぇ。

 

腕とか腰とかよね。後全体的なだる〜んって感じ。致し方ないとは言え、写真とか動画の自分は落ち込むわ。

 

でもやっぱ、良い下着って付けた方がいいと思ったわ、改めて。メリハリがなくなるんだね、スポブラとグンゼパンツだと。

 

今日はまぁトレパンだったからしゃーないけど、姿勢だけは正さないとなってマジで思ったわ。

 

でも私最近身体の吹き出物とかはなんだか収まってきて、

 

思い起こせばスパルタ先生にコキコキってしてもらってからあんまり出なくなったな、って思う。身体の歪みで滞ってるところ付近からできちゃう吹き出物みたいなのがなくなったと思う!もう一回念押しでやってもらいたひ。

 

明日もう19日だっけ?早いなぁ。

 

そんなんでだるい更新ですけど、みんなも頑張ろー。

 

ではね!

 

 

夏子

神と、じゃなくても自分との会話。

  • 2017.02.17 Friday
  • 00:13

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは夏子です。

 

テレビCMでおなじみのあの歌、Stay tune って歌ご存知?

Stay tune in tokyo Friday night ♪ってやつね。

 

Suchmosというバンドの歌で、ちょっとダウンロードしてみたら頭から全然離れないのよ、癖になる歌だわぁ。

 

けだるいオサレ感、このボーカルの子の声がセクスィーね。アディダス・ジャージでも、テキトーダンスでもオサレ。

都会っ子だゎあ。

 

このバンドの子、若いのね、みんな。25,6とか。ギラギラ熱くないけど夜に生息する都会の若い男子、って感じで憧れるわぁ。

 

自分の息子がこういうタイプの男になってくれないかな、とちょっと思ったりしたんだけど、多分ならないわねぇ。まぁ、別に良いんだけどさっw.

 

それからちょっとYou Tubeでビヨンセにハマっちゃってて。

めっちゃかっこいいわ、ビヨンセ最高。彼女のカリスマ性ってなんだろうね。

 

あのCrazy in Loveを歌うときのステージに上がってくる時のテンションね。生まれ変わったらビヨンセなりたいわ、大変だろうけど。

 

バイザウェイ、

 

しばし日中逆転の生活になって夜はリーディングとかセッションで、昼間はゴロゴロ寝ちゃうみたいな日々で、今の時間ぐらいから覚醒し始める、という昨今なんですけど、

 

こないだも書いたけど、みんなしんどいところに来てるな、と思います。

 

何度も言うけど被害者意識ってさ、何かもう拭い捨てないとならないもの、ネガティブなもの、と思ってしまうし、

 

実際そこを抜けないと引き寄せとかもわからない訳なんだけど、でも非常にシンプルな事でもあると思う。

 

例えば赤信号から青に変わった瞬間に横断歩道飛び出したら、右折の車が突っ込んできていて死にそうになった、とかそういう思い出があったら、

 

次からものすごく注意して渡ろうとするじゃない?何度も何度も確認したりして。

 

で、横断歩道渡るのがどんな場合でも怖くなってしまったり。

そうなると、横断歩道は渡らない、って決めた方が一番安全だと思ったり、

右折してくる車は全部歩行者見ないで突っ込んでくるからやばいよ!とか決めてかかっちゃうのよね。

 

エゴってのはそうやって一生懸命自分を守ろうとしてくれてる作用であって、むしろ今までの人生をサポートしてくれるものでもある。

 

でもそうやって常に常にピリピリとしていたら、横断歩道の先に行きたいところがあるのに渡れないし、

 

何しろ横断歩道なんていくらでもあるから毎回毎回超緊張状態が続いて辛いじゃん。

 

で、右折ドライバーは全部アフォだし!怖いのに!って思っていても、ちゃんと平気で渡れてる人もいる。

 

そういう人を見ると、あれ?私が横断歩道する時は右折車は鉄板必ず突っ込んでくるのにあの人の時はそんなことがない、

 

なんで?もしかして私の時だけそういう右折車があえての感じで突っ込んでくる?だとしたら運命?もしかして私に問題が??

 

とかどんどんめくりめくってこんがらがっていくのよ。

 

でも、危ない目にあった時はたまたまそういうドライバーだったけど、それが「全部」の右折ドライバーではないし、

 

大人になったら左右確認を十分に出来るし、あ、突っ込んで来そうだな、とか暴走してる痛車とかいたら通り過ぎるまで待ってみてもいい。

 

でも子供の頃はそんな知識ないから純粋に青だ!渡ろう!としただけなのに、ショックだったのよね。

 

ま、この横断歩道の例はあんまり良例じゃないな、と書いてて思っちゃったんだけどっw,

 

とにかくそうやって昔の「ショックだった記憶」からどんどん恐怖が染み込んで来て、身動きが取れなくなっちゃう。

 

でも大人になってくると、

 

自分は怖くて渡れないのに平気で渡ってる人とかも社会にはいる、そういうのを見て、

 

ほんとは怖いだけなんだけど、色々言い訳したくなっちゃう。横断歩道渡るとアストラル体の輝きが鈍るんです、とかなんでも良いけど自分は「怖くなんかないですけど、何か?」という虚勢を張りたくなって、

 

で、その強がってる方の自分がリアルだと思っちゃう。ホントは怖いのに、いや、怖くはないんです、ただどうも私が渡ろうとすると私に突っ込みたい、と全部のドライバーが思ってしまうような生霊がついてるみたいで、それはどうも前世から呪われてるみたいです、とか、もうなんでもあり。

 

で、周りからは、なんで横断歩道ぐらい渡れないの?とか言われて、

ひどい、だって私は渡れない運命を背負わされているだけで何にも悪くないのに誰も分かってくれない!横断歩道わたるぐらい、って言うけど私にとっては死ぬか生きるかの局面なのにみんな私を馬鹿にするなんて!って怒るバージョンもあれば、

 

そうだよね、なんでみんなが普通に出来ることが私にはできないんだろう。私ってダメな人間だよね。こんなこともできない。笑われて当たり前だ。と自責に行くこともある。

 

でも単純にショックで怖かったんですよ。で、それはその時自分の生命に関わるぐらいの重大な事だったわけです。

 

親の機嫌を伺わないといけなかったのも、やりたくないことをやらないことを怒られて傷ついたことも、全部サバイバルで、

この人達の言うことを聞いてないとその後の生命が危ぶまれるぐらいの緊迫感の中にあった。

 

世の中には色んな人がいて超安全運転の人もいるけど、あの時の右折ドライバーを基準に人と見てしまったりさ。

「親」なんかもそうなわけです。子供の頃は彼等が全世界であって、それ以外のものは知らなかった。だから他の人もそうである、と思ってしまっても仕方がない。

 

そんな刷り込みの中で生きていくには、ちょっとでも身に危険を感じたら身を固くして守りに入る、とかやりたくなくても一生懸命滅私奉公する、という防御をしないと死ぬかも、という思いが形成されても無理はないわね。

 

それが、絶対私は自然なままでぼーっとしてたらやられちゃう!とか、やりたくないこともどうせやらないとダメなんでしょ?そういう事でしょ?あぁ??という、

 

自分は被害者である、という意識を作っちゃうのだと思うわ。で、周りのせいや自分の不甲斐なさを理由にしていたほうがその怖さに再び向き合う必要がなくて言うなれば安全を保てる、という意識にもなるのかもと思う。

 

だから被害者意識くんってばとっても頼もしいライフパートナーなんだけど、

 

ちょっとずっと一緒にずっといると辛いのよ。ピリピリしてなさいね!って常に言ってくるから。で、実際問題 横断歩道渡るのって別に怖くないのに、怖い怖いって思ってる方がしんどいじゃん?

 

なのでちょっと被害者意識くんに引っ込んでもらうためには、

 

怖くない怖くない!!!怖くなんかないんだもーーーんってしてもダメなのよね。怖さ倍増。

 

「怖い!!!めっちゃ怖い!!!あの時の右折ドライバーの糞ビッチどこみてやがんDay! 死にそうになったじゃねーか!!もうトラウマになったわ!!そんな経験したら横断歩道ごときもMONSTER級に怖くなって当然じゃん!!ビバ!怖かったThe 私!!今までよく生き残った!」と

 

ガッツリその時の自分を感じてやるのよ。で、そういうのを出していくと、

 

すごい落ち着いて来るのよ。なんでか知らんけど。でもほんとにそうなの。横断歩道、昔めっちゃビビってたんだよねー、でも今は突っ込んでくる車も波動砲で跳ね返せるけどね?とか言えるようになる。ほんとに波動砲出るかどうかはわかんないけど。

 

怖くてショックだったことに蓋をして、何重にも色んなベールで包んで視えなくしようとするからどんどん何が何がなんだかわからなくなる。

私は昔、MICAさんに、夏子さんのフィルターは何層にもなってる。色んな思考と言い訳で片付けようとしていたんだね、って言われたこともあるの今思い出したわ。

 

だから何度も言うけど私自身、ほんとに重症なの。わかると思うけど。

 

言葉で出すのが難しい場合は、その怒りとかあふれるものを運動で出してもいいし、

 

運動も言葉もしんどかったら絵でも良い、その時の気分、何色だったかな、とか。

 

ヨガとかサウナとかもいいと思う。水泳も良いよ、水はいいと思う。

 

チームプレーが嫌じゃなければ私のようにソフトボールとかガッツリやってもいいし、

 

後は歌でもいい。カラオケはすごくいい、声を出すのはいいです。

 

とにかくOutputと滞りを流す事だと思います。潜在意識のレベルからでもいいだろうし、音叉とかでバイブレーションを響かせるでも良いと思うし。

 

ストレスがあるのに出せない、出してはいけない、としているとどうも「入れる」方向にいく気がするのよね。

 

過食もそうだし、買い物依存とかもそう。飲酒もそうだし、喫煙で息を吸って酸素を循環させようとするのもそうだと思う。

 

もちろんそれも「ホっ」とした気分を感じてリラックスするためにはOKなことでもあるのよ。でもアディクションのレベルにまでややもすると行ったりするから、「入れる」ことに偏りだしたな、と思ったらちょっと身体動かすとか私小説書いてみるとか、エロ小説書いてみるとかなんでもいいから書くのはおすすめ。

 

そうやって押し込めているものを出す、出してみて、出てきたものをまた自分で見てみる、みたいなことを繰り返すと、

 

深刻さが薄れていきます。あぁ〜そういうことね、みたいな感じで。

 

で、ふと、

 

もういいわ、こんなことでピリピリしてるのは。だって怖かっただけだもん。でもなんかもう怖いとかなくなってきたかも?って

 

気楽になっていく。そうすると何かするにも腰が軽くなる、腰が軽くなれば出会う人の人数も増える、チャンスが広がる、みんなにいい気分で会えるからオファーも増える、とかそんな感じで、

 

好転しいくんじゃないかと思います。

 

被害者意識のるつぼから急に解放されてぱっかーん!!ってないよね。

 

ないない。色んな経験をしていくなかで吐き出しをやり続ける、どういう思いがあるのか、何が怖いのか、何を守ろうとしているのか、少しづつ感じつつ、

 

「今」何したいかっていう瞬間瞬間にフォーカスするでいいんじゃないかと思います。

 

長くなりましたけど、最近のお悩みの内容がやっぱりそういう内容が多いので、ちょっと書いて三田寛子。

 

私も日々ムカつくことやなんでそーなるの?を紙に書いてはキッチンでお焚きあげとかしてるわ。あ、くれぐれも感想してる季節だから気をつけてね??

 

あら、もうこんな時間。きゃだ、鏡月がないわ?至福の酒タイムがщ(゚д゚щ)!!!

 

今日は諦めて寝ますわ。

 

ではね!!

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持って生まれたもの=光なのかしらね。

  • 2017.02.14 Tuesday
  • 00:05

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

本当にね、いじめ自殺みたいなニュース今でもよくあるけど、

 

第三者委員会とかいじめの有無の検証とかアフォじゃないかと思うわ。

 

あったんだよ。そこには。何かしら。あったかないかを教育委員会のハゲ散らかったおっさんが頭ひねったところで何か救われるのかよ。

 

そりゃ双方言い分はあるだろうけど。「検証の結果、いじめはありませんでした!」と表するところで何を守りたいんだよ。お前の給料とか地位とかだったらめっさどうでもいいわ。私に関係ないし。

 

何かあって尊い命が失われた、その事についてどうしてそうなったか、の心を読み解くことは必要でも、そしてどうやったら防げるのかは考えないととは思うけれども、

 

有無について考えてなんになるのよ。鉄板あったんだよ。何かが。認めろよクソが。あったことを認めた上で検証しろよ。

 

と思うわ。

 

いきなりディスってすみません、でもほんとにね、こういうニュース腹たってしゃーない。

 

後は男子児童をサマーキャンプだかなんだかに誘ってグルになっていい年こいたパッとしないおっさん達が性的いたずらとかやって写真撮るとかやってるクズ集団の話ね。

 

ほんとさ、男の負の感情の煮凝りの集団ですよ。赤信号みんなで渡れば怖くない、収集癖、征服欲、弱い者でストレス発散。仲間意識を持つことで連帯感を感じる。社会的地位を使って弱い者をいたぶる。

 

「お!〇〇氏の最新画像キテます!」とか盛り上がってたのかね。そこまで人間放棄して麻痺出来るのがすごい。

 

スピリチュアルを歌いつつこんな感想ってどうよとも思うけど、人間の40代府中在住主婦としてもう怒り通り越して呆れます。

 

その人達が僕達どうしてこんな風になっちゃったの?僕はどうしたら良いの?って聞いてきたら言えることはあるけれども、

 

起こした事自体は許せませんよ。クズのドモホルンリンクル。濃縮果汁120%。タンクローリーに痛めに轢かれて死ねと思いますね。

 

こういった大人の身勝手で傷ついた子たちが後々自分を責めちゃって、世の中怖くなっちゃって、自殺しちゃってってほんと不条理よね。

 

なんでやねん、ですよ。ほんとに。ほんとにそう思うわ。

 

被害者意識なんか当然身につけないと生きていかれない。そういう意味で被害者意識とかって生きる術でもある。

 

でも、みちよさんの記事にもあったように、

 

被害者意識から抜けられない限り引き寄せなんかも起こらない、ってのもほんとなのよね。

 

厳しいわね。うん。厳しいわ。自分のせいじゃないのに自分で乗り越えないといけない不条理さ。

 

でもその痛みをわかった上でそれを超えたことを強みとして生きていく、という方向転換がどうしても必要なのよね。

 

ってかそうするしかないんだよ。過去に遡ってなかったことには出来ないし、

 

今何か癒やされることや謝罪、いたわりを受けても過去のあの日あの時あの場所で作った傷は傷として残っちゃう。

 

不条理だけどそうするしかない。そこでなんでこんな目に!!っていつまでも言っててもしょうがないんだよ。

 

深いい話し見てたら青山テルマがでていて、

 

すごいわね、この子も。肌の色について奈良の田舎でいじめられて、って大変だったということを言っていたわ。

 

そうやって閉鎖的な社会は普通じゃないと判断したものをハブろうとする。ストレスのはけ口にしようとする。

 

でも彼女やっぱり強い。苦しいけれども、踏みとどまった。で、自分で変えていこうとして努力した結果、

 

肌の色も個性だし、多分その血が歌の巧さを生み出し、自分の意見を歌にのせる事が出来るようになり、自分自身を表現できる強さになり、辛かった経験が人間として深みとして現れる。

 

元々持ってるものを自分でちゃんと表現させてきたのね。

 

もちろん今でも悩んでいると思う。そういう傷ってなかなか忘れられない。苦しい気持ちもあると思うけれども、

 

でもどうせ私は受け入れられないんでしょ!馬鹿にされっぱなしなんでしょ!と被害者になりきらず、やさぐれ切らなかった、自分でその運命を受け入れて頑張ったからこそ、の結果でもあると思う。

 

もちろん強さと負けん気ばっかりでそれを乗り越えてばっかりいると、常に「勝敗」を気にしちゃうようになるので、常に緊張感が漂う、私もどちらかというとテルマ方向に転んだ人間なんだけど、

 

大変自分にも他人にも厳しい人にもなってしまう部分は確かにあるし、その部分が硬いからどうしても敵もつくるし、弱さが翻って過信にもなったりもする。

 

それでもやってのけちゃったパワーってのはある、強い。

 

前にも思ったけど、被害者意識をもってしまっても、相手と戦って乗り越えようとするタイプともう私はなにやってもダメな不幸な人間です、と自分を可哀想な人なんですと表現するタイプという二方向があると思うのね。

 

いずれにしても中にあるのは被害者意識でエネルギーとしては一緒なんだけど、表現のされ方が個性によって違うのだと思う。

 

被害者意識撲滅!!はややもすると自分のネガティブ撲滅運動になってしまってそれはそれは苦しいわ。

だから被害者意識なくそう、愛!神!みんな平等!起こることは必然!!とかそういうことに躍起になっても苦しいだけなんだけど、

 

「あ、これは自分を守るために相手を責めてるのかな」とか、

 

「あ、こうやって自分を責めることで事なきを得ようとしてるのかな」とか言うことを

 

まずは気づく事よね。

 

そんで、そんな風に思っている自分をそーかそーか、そう考えるか、そういうこともあるよねーと客観的な視点をちょっと持つ。

 

そういう事でちょっとづつ自意識過剰だったり、妄想気味だったりという自分の苦しさの根っこがわかるのだろうと思うわ。

 

別に持っててもいい。でも、持ってる自分に気づくかどうか。ポイントはそこだけだと思うわ。

 

そんで気づくと徐々に冷静になって、色んな角度から見れるようになって勇気も沸いてくるのよ。

 

みんな何かしら光ってるのだけれども、

 

標準をよしとする世の中でどうしても比較して勝ってる、劣ってるを判断して得意げになったり自己嫌悪になったりしてるだけなんよね。

 

でもその標準ってなに?ってのがもう世界全体で揺らいでいるから、

 

常に定規持って自分は何センチか。自分は規格内か?と測らなくても特に困らず生きていける世の中になってきていることに気づくのも必要なのかもしれないわね。

 

自分で言いながら私も30センチ定規もって歩いてるけど。

 

でも、

 

りゅうちぇるなんかも10年前規格外じゃん。でもりゅうちぇるはりゅうちぇるで別にいいじゃん。

 

他人を責めても自分を責めても何も変わらないし、不幸な身内を嘆いても同情をもらっても前には進まない。

 

魔法も前世の因縁もなんにも無い、と私は思う。あってもいいけどそれさえあれば、もそうだから、もないと思うわ。

 

最後は全部自分で引き受ける、ということで、

 

自分に対する評価も自分で下すしかないというまっことクリアカットかつ冴え冴えとした自己責任の世界だと思うわ。

 

そして自己責任の世界は拠り所がないから心細く感じるけど、

 

でも自分が何より自分の味方、って事以上に心強いことはないのよね。

 

色々あるけど皆さん頑張りまっしょい。

 

みんなそのまんまでそのまま美しい、それはほんとにそうなんだと思う昨今だわ。

 

あぁ、食いすぎたわ。。。まだお腹いっぱい。

 

ちょっと最近忙しいからどか食いしちゃうけど、テキトーに頑張ります。

 

ではではね!!

 

 

夏子

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM