まず、目の前の事を一生懸命やる、ってやつよね。

  • 2019.02.15 Friday
  • 00:17

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、夏子です。

 

余りお腹の調子が良くないわぁ。むかむか。

 

ベッキーちゃんが結婚したとのこと。良かったですよね。でも堂々と幸せです!で良いと思います!ベッキーガンバ!

 

なんかねぇ、頭が良い人なだけあって、余計な自己防衛が多いような気がするのですよね、彼女。あえて先回って自虐的に自分を装うような感じがあったり。そんな必要はないと私は思うのよベッキー。

 

さて、

 

結局は自己管理能力なんだな、って最近すごく思います。仕事が出来る人を見ていると自己管理能力がやっぱり高いですよね。

 

エクゼクティブになると皆朝晩ワークアウトとか通って、いつ寝てんだよ?とか思うんですけれども、なんつか一番効率の良い時間の使い方を知っていて、パンパンと予定を入れてやりたいこと全部やるようにすっかりプランニングしてるんですよね。

 

というのはやっぱり「やらされてる感」が無いのだと思います。自分でやりたいと思うことがあって、そのやりたいことをやるにはもちろん雑多なこととか避けて通れないことなんかもあるんだけれども、それを後回しにせずちゃっちゃと片付けてベストな方法で臨む、みたいな感じ。

 

こういう人っていうのは「忙しくて返事できない」とかもあんまりないんですよ。もちろん会議や出張の途中でライン送ったりはできないかもしれないけれども、必要なことであれば普通にレスポンスが早い。

 

私は役員秘書なども何度かやりましたが、あっちゃこっちゃやることが変わったり計画倒れになったり、来るべき時間に来るかどうか。。みたいな上司は大体すぐ偉いポジションから降ろされてました。特攻隊みたいな感じで勢いのある人たちではあったけれども、結局そのDisorganizeな感じで自分の首を絞める。それをまとめるのが、君の仕事なんじゃないのか?と私も良く怒られましたけれども、香港行きのチケット持たせて空港に行ったのに、なんで夜中にノルウェーから電話かけてくるんでしょうか?とか。理由は「会いたい人がいた」とかそんな理由なんですけれどもめっちゃ仕事に関係なかったり。

 

まぁこれはかなり突飛な例ではありますが、

 

朝ちゃんと起きる、時間を守る、返事をする、体を鍛える、

 

これらの事は別にやってるといい人とかえらい人とか言うんじゃなくて、自分が何かをやるときに一番ベストな状態に自分を持っていくこと、つまりあくまでも自分の為にやることであって、それができている人っていうのはやっぱりものすごく有能なんだと私は思います。

 

「目の前のことを一生懸命やる」っていうじゃないですか、スピリチュアルでも。

 

でもこれもほんとにそうですよね。

 

間違えやすいのは何でもかんでもこだわってやるとか、自分のハートの声に従うとか小難しく考えてしまうと【一生懸命やる】が一気にクソ面倒なものになったりもするのですが、細かくなれば良いってことじゃなくて、

 

一番わかりやすい例だと、どんな仕事であれ目の前の仕事を一生懸命精いっぱいやってる人っていうのは結果的に評価されていきますよね。

 

もちろん自己肯定感が低くて何でもかんでもやりすぎちゃうと、自分が消耗してしまうのですが、

 

言われたことを期限までに、正確に真面目にやる、っていうことで信頼って得られますよね。

 

で、その時は頑張ってみたけれどもあんまり意味なかったとか、なんもやってない人と評価は変わらなかったとかいろいろあるかもしれないけれども、

 

頑張ってやったことってその人の血となり肉となり、筋肉になって、「身」になる。

そしていつか必ずそれを「やっててよかった」と生かせる日がくるのだと思います。

 

ここで被害者意識が強いと、

 

なんでこんなことやんなくちゃなんないんだとか、

こんなことをするために私はここにいるんじゃない、もっと違う場所があるはずとか、

こんなこと誰にもできるわけないじゃない、もともと無理難題なんだよねーとか、

 

そういうこと言って中途半端に放棄すると結果的に何にもならんのですよ。

 

自分としてはいろんな大義名分や正当な言い訳があるのかもしれないけれども、結果として「やってない」だけだったりします。

 

「最後まで一生懸命やらなかった」という思いは、

 

結局罪悪感になって自分を刺すのですよね。最終的に。

 

最後までやる必要なんてそもそもねーしという意地になったり、

いや、あそこは普通私に頼まないでしょ、みたいな責任を誰かに擦り付けて私は悪くない!という姿勢を保とうとしますけれども、

 

そういう言い訳をしている時ほど自分がみじめに見える時っていうのはないですし、

誰も心から【そうだよね】と頷いてくれていないのは自分が一番良くわかりますよね。

 

人生の目的など私もわかりませんし、私の使命も良くわかりません。

 

でも目の前の仕事とかを精いっぱい可能な限りやっていくと自ずといつかそれぞれの時間や場所などの「点」で頑張ったことが全て繋がっていき、あぁ、あの時のあの経験はここで生かすべくものなのね!と何か大きなピクチャーが見えてくるのではないかと思います。

 

仕事に限らずですけれども、生きてく上では働かないといけないので、仕事っていうのが一番考えやすい。

 

どんなにつまらない事でも難しい事でも与えられたことを一生懸命やる、と。

 

どう考えても無理ならちゃんと主張しないとダメだし、嫌なら嫌としないとダメですけれどもね。

 

一番立ち悪いのが中途半端に引き受け、中途半端にやり、出来ない理由は他の人のせいで、評価が悪いと上司が無能だとかなんだとかで誰かを見下げようとする人なのよ。でもそういう人いっぱいいるよね。私も若いころはだいたいそんな感じだったわ。。。

 

まず目の前の事。目の前の人。なのだな、と思う。

 

自分がない時って未来の見果てぬ夢の事ばっかり考えてるか、過去の事ばっかり考えて悔やんでますよね。今ここって場所に自分が不在。

 

会ったこともない理想の人を描き、自分の周りの者はクズ同然に感じる、これらも全部目の前を見ようとしていない、目の前にあるものは自分にふさわしくないと感じる、つまり自分の目の前に来るものなんてだらないものなんだ、というこれまた他人を見下しているようでいて、「あたしなんてくだらない」っていう自己否定なんですよね。

 

 

ですので、ベタですけれども、目の前のことに集中して、一つ一つの仕事の完成度をあげたり、誠実な態度で取り組んだり、っていう事が、結果的にいい人脈を生みます。

 

で、この年になるともう仕事の伝手とかは人間関係しかない、っていうほど過去の信頼の蓄積が非常に大事なんだと痛感します。見ず知らずの他人に自分をSalesするにはもう年齢でも跳ねられるし、どんな人なのか?というのがわかりやすくないと雇ってもらえない。でもここで誰かが、「あ、あの人すごく真面目な人だよ」と自分を知っていてくれたら、つながるわけですよね次に。自営の人たちなどはずっとこういうことをしていたんだなぁ、と遅いけど今更になって理解する。

 

身をそがず、かといって出し惜しまず、そして不貞腐れず、どんなことでも一生懸命やってみるとなんか進んでいく気がしました。

そうやって取り組んでいる先に、新しい話って出てくるんですよね、不思議と。

 

 

息子、義理チョコ一つもらって非常に喜んでいました。義理でも友でもやっぱりうれしいのね。誰か本命チョコくれるかもしれない期待があったのか、夕方5時ごろに

 

「誰もうちに届けに来なかった。。か。。ま、そりゃそうだよな」とヒヒヒと笑っていました。

 

なにそれ、せつねぇ。う、、、息子頑張れ!!!!!お母さんと妹から貰えた、ってことだけでも幸せのはずだぜ!来年はもっとあピれよ!!

 

 

また書くわ。お腹がゴロゴロするわ。。。

 

 

ではね!

 

 

夏子

 

 

 

 

 

徒然更新。

  • 2019.02.09 Saturday
  • 23:54

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんばんは、お久しぶりんこ、夏子よーん。

 

雪が降ってましたけれども、-50度とかなんでしょ?アメリカとか。人間生息できないわっつーの。

 

どんな感じになっちゃうのかしらね。これからの天気って。子供が少年野球やってるので思うけど、ほんと屋外スポーツはドーム作らないと今後回らないんじゃないか?って思うわ。

 

家で仕事もしているので、まぁテレビとかも良く見ちゃうわけなんだけれども、嫌なニュースばっかりよ。

 

虐待も含めて【いじめ】っていうのがほんっともう嫌よね。

 

亡くなった女の子の事件によって、社会のシステムが整備されることを祈る。国レベルで動きが出たことを考えると、あの子が起こしてくれたのかな、と思う。それが本人の使命とかそんなことは言いたくないけれども、そうとでも思わないとあまりにも浮かばれないですよ。

 

さっきビートたけしが言ってたけれども、家族神話っていうか、家族だろ、血がつながってるだろ、っていう所に常識を置いてはいけないのだと思いました。自分を大切に生きられたら自分の子供は可愛いと思えるはずだけれども、そうじゃないことだって山ほどある。

 

私らもなんだかんだいって虐待対応は児相がやること、として見て見ぬふりしてるところもあるじゃない?まず自分のことを整えないと他の人に手を差し伸べられない。それは児相の人たちだって同じだと思う。国家単位で取り組まないとならないことなんですよね。セーフティーネットとして。みんなで守ってく形。

 

とりあえずしかし、暴君となってる親をまずお縄にしないとならないと私も思います。口頭注意とか常識の伝達とかで理解するならはじめっから子供殺すまで虐待なんてしません。生きる凶器みたいなものですから、とにかく隔離が先です。そっから親には親だけに向けたカウンセリング、子供には子供に向けたカウンセリングとしてやらないと、子供逃げ場がない。

 

お笑い芸人の“いじり”か“いじめ”か?という問題も同じだと思います。

いじられたら美味しいんだから、あなたのためにいじってる体なんでしょうけれども、

 

教育とかしつけでお前の為、と言いながらイスラム国も真っ青の拷問を課す親とやってることは同じですよね。

 

全く相手の“ため”など思っておらず、自分がすっきりして自分が優位であるという事を示したいというだけの話で、そこに愛やリスペクトなんてかけらもないわけです。

 

最終的に相手に笑顔になれないいじりもしつけも単なる単なるやってる側のストレス解消で、

 

それを教育とか芸とか表現しないで欲しいと思うわ。愛のある芸って?って思うなら博多華丸大吉の漫才みなさいよ。

 

そしてそこまでしないと自分の重要性とか生きてる意味とかを見いだせないぐらい小さい人間で、それもわかってるけれども認めたくないが故に、

 

【この人ならわかってくれる】と思う人をターゲットにどんどんエスカレートするんだろうと思う。

 

虐待してる父親はある意味娘さんが大好きなんだと思います。この世で唯一自分のことを肯定してくれるし、従ってくれるから。だから絶対に離したくない。そして子供はどんな場合でもどんな親でもそこに愛情があるはずだという事を確認したいし、愛してもらいたい。何よりそこから離れたらまだ一人では生きられない。こんな状態は第三者が介入しないとほんとにダメですよね。

 

人をあげつらって笑う、という事は私もしたことはあります。あげつらう側に立ったら自分は“イケてる側”の人間になれると思ったから。 そしてなぜそんなことをしたのかというと、あげつらわれる側の人間だったからです。

 

あっち側に行けたら、自分はもう標的にならないだろう、と思っちゃうわけよね。でもあげつらう側になったら一気に孤独になり、信頼を失くす。自分への愛のなさが“愛されない”として絶賛リターンしてくるって感じ。

 

この辺のいじめに関するもやもやってのは皆多かれ少なかれあると思います。虐待等のニュースを見てざわざわするのは、まったく同じような目にあったわけではないかもしれないけれども、自分が通ってきたことのエッセンスがそこにはあり、共感ではなくて共鳴するからだと思います。そこを癒すと、見て見ぬふりはしなくなるんじゃないかと思う。

 

そんなヘビーな話題ばかりだけれども、

 

またすんごいの見ちゃって。ネットで。

 

ある人がネットですごいフォロワーが増えてうはーってなってて、私のやってきたことはやっぱこれだね!ってことで良いんだよね!って喜んでるスピ系の人がいるんですが、

 

裏でその人のディスりがあって、そのディスってる人の方が有名で、その人の記事に載ったから皆面白半分でフォローして茶化しているんだれでも、ディスられた本人それを知らなくて、喜んじゃってる、という。。

 

こっわ。なんであたしこんなもん読むことになったんだろう。こっわ。

 

でも、

 

エゴが壊れるとき

 

ってマジでこういうこと起こるんですよね。

 

私が正義!と思っていて偉そうなことを言い放ちまくっていたけれども、実は総スカンだったとか、

 

よくあるのが有名俳優とおだてられて天狗になって奈落の底に落ちる、みたいなエピソードもあるじゃない?

 

今までの世界がぶっこわれる、という。エゴフィルターの外にあった真実みたいなものを知るときが来てしまうのですよ。

 

私若いって思われるからさぁ。。とかも。。ね。いや、そうでもないんだけど?と思うんだけれども本人にはそれが見えない。でも何かのきっかけで見えちゃう。

 

でもそれは、どうも“良い”ことらしいんだけれどもね。臨界点に来た後のハレーションみたいな感じで。

 

もうその感じ、この先無理よ?っていうサインでもあります。

 

そこまで行かないと気づけないぐらいのレベルでもあった、という証明でもあり。

 

なかなかそこを自分で認めるのはほんとに苦しいけれども、

 

そっからどう自分を正していくかよね。あぁ、でもそのプロセスってめっちゃ苦しいわよ、ほんとに。

 

ありのままの自分を認めるってホントに一大事。キラキラして出来ることじゃないのよね。

 

昔MICAさんに言われた言葉を思い出します。

 

【夏子さん、常に謙虚であれ、ですよ。へりくだれってことじゃない。でも皆同じで皆平等で、誰も秀でてもいませんし、劣ってもいません。】

 

あそこまで力説されたということは、私もよほど勘違いしてたのだろうなって思います。

 

いまでもそうなんだろう。そういうのをまた徐々に徐々に見ていく。。のね。もはや趣味だけれどもwww

 

よくわかんないけれども毎日忙しいです。。。1,2,3月ってすごい忙しい、のに、雪とかインフルエンザとかで常にひやひやしっぱなし。

 

アッつーまに3月とかになるんでしょうね。はぁ。

 

あはは、あんまり前向きじゃないわね????そんなこともあるわ????

 

また書きまーす

 

 

夏子

 

スピリチュアルあるある

  • 2019.02.01 Friday
  • 12:35

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

さっむ、夏子です。

 

もう二月ね。はえーわ??体が固まってしまって首が凝っちゃって痛いわ。

 

ちょっと今新しく仕事を加えようとして応募してるんだけれどもなかなか選考が進まない。こういうのってあれなのかしらね、いまいち私の方もReadyじゃないのかも、とスピ的思考が根付いてるので思っちゃうわ。

 

でもほんとに今のパート先なんてのは瞬時に決まっちゃって、そうなるときはなる、って感じで、

 

こうやってごたごた連絡ミスが続いているところとかってたぶんお呼びじゃないのかな、と思ってしまう。まーでもわかんないわね。

 

バイザウェイ、嵐の大野君の絵って結構強烈よね。むしろ良くこんな作風の人がアイドルやってたな、ってぐらい。頑張ったんだなぁ。一度の人生、何でもやっちまって欲しいと思います。大野君頑張って!!!

 

みちよさんのブログの毎日スピリチュアルはタイムリーな内容とそうじゃない時といろいろあるのだけれども、短い言葉で良く踏み込まず、客観視過ぎず、でもガツンとくるメッセージが書けるなーっていつも思います。

 

本日のはちょっと結構キタわ。 

 

 

「自己愛・自己中心系」の人は


本当は自分のことが好きではありません。

 

内側には<劣等感や自己卑下感>があるので、


外向けに「自分大好き〜」と”盛って”いるだけなのです。

 

 

 

わぉー。

 

でも一昔前のスピブームでキラキラしていた人はまさにこれだったですよね。私もな。

ま、あんまり空の写真とかカプチーノの写真とかの世界じゃなかったけれども。

 

【私の言ってることは正論だ!皆目覚めた方が良い!】

 

っていうメッセージが強い人も同じだと思うんですよ。で、そういう人ってパワーがあるから自分の軸がない人はついていってしまう傾向がありますよね。

 

ついていった先に見るのは、【あ、なんだこの人結局人の事なんてどうでもよくて、自分の事ばっかりだったんだな】っていうがっかりです。でもそこでやはりその人に人生を変えてもらおうとした他力本願な自分がいるわけであって、その人についていった経験から何を学ぶかということで、ついていかなければわからなかったことのプロセスの一部で、そんな自分自身を受け止めることですよね。

 

ついていったのに何もいい事なかった金返せ!もわかるけど、そこで支払った金額(エネルギー量)ぐらい自分は自分がわからなくなってた、という事でもあると思います。もちろん泣き寝入りみたいなのはしちゃだめだけれどもさ。

 

みちよさんの表現を借りますけれども、

 

【盛って】

 

しまうと自分の首がどんどんしまってしまいます。

 

幸せアピールもこんなに慕われてますアピールもこんなにわかってますアピールも全て、

 

そう言い放ってしまったのだからその通りの自分にならないといけなくなるのですよね。

 

でもそんな日ばかりでもないわけです。そして言うほどできない自分もいるわけです。

 

でも、そもそも盛るということは、そういったできないとか幸せでもない自分を【ダメ】と自分でしてしまっているからこそ、私ダメじゃない、ダメじゃないことを皆わかって!という意識からやってしまうんだと思います。まさにアピール、訴えというか。

 

盛ってしまった以上、結果を出さなければならないと追い詰められ、多くの人は自分の言葉に潰されて静かになってしまうのだけども、

 

そこのエゴが強くていや違う、私は間違ってない!という方向で自己防衛をする人にスピが絡むと、

 

【こないだはそういったけれども、私は感覚に沿って生きてるから、今は違う感覚になったのでやらないことにした】

 

とかなっちゃうわけですよ。すると周りから見ると有限不実行なわけで、信頼を失います。

 

が、信頼を失ってしまった事実がまた受け入れられなくて、これを受け入れられない人は弱い人だとか私に嫉妬しているとか、実は私のミッションはそんな小さなところになくて、もっと大きなゴールに気づいただけなのに!とアナザーワールドに行ってまた現実から逃避したくなるわけです。

 

嘘ばっかりついてしまう人、言ったことができない人にはこういう心の構造があるのだと思います。でも本人は自分は悪くない!って必死になってるので、周りがなにを言っても聞き入れることができなくなるのですよね。で、何を言っても聞き入れないなら、もうその人と関わるだけ損するっていうか被害にあうので、周りからするともう関わらないことにする、距離を置くしかないのです。

 

だから【スピリチュアル】とかに関わらず、コーチングやコンサルティングでもそうですけれども、ある意味人にアドバイスをするっていうジャンルの仕事ってホント自分が見えてないと怖い。そして自分が見えてない人ほど足を突っ込みたくなる領域でもある、だってそこで苦しい思いをしているからこそ踏み入れるわけだし。しかし、ちゃんと自分がわかれば、その苦労の経験で共感dけいるからこそ良いアドバイスができるっていう素地にももちろんなるんだけれども。

 

そんなことを感じたわ。みちよさんのまいにちスピリチュアル面白いですね。

 

それを読んだときに何が響くか?で自分のコンディションがわかるそんなコラムだと思います。

 

あぁ、寒い。。でも犬が「お散歩行くよね?」って顔してのぞき込んでくるので外に行きます。。。

 

 

ではまたー!

 

 

夏子

思ったこといろいろ3

  • 2019.01.28 Monday
  • 12:39

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんにちは、夏子です。雨ごいしたいレベルですね。ぱっきぱき。

 

昨日兄弟とあって親の今後。。について話す、という会を持ちました。

 

まぁ、そういう年齢にいよいよなったなと思います。両親ともに健在ですが、父親が今持ってる資産や保険やらの説明文を兄弟三人分わざわざファイルを三つ作って細かく資料を送ってきたことが発端です。自分が死んだら詳細わかってる人いないから、という事で。

 

何があるかわかんないし、母親はそのあたり理解できなくなってるので、生きてるうちに説明したくなったのでしょう。後は私たちがもめて欲しくないってのもあるかと思います。

 

不動産やらなんやらの資料を読んでも私にはあんまりよくわからず、あぁ、こういう人生設計みたいなのまるで自分は考えてないんだな、普通の40代とかって皆そういうの考えて貯金してるんだろうに。。と己の幼さを痛感した次第です。うちは夫がそのあたり良く知ってるのでまかせっぱにしてましたが、守られてたんだな、と思います。

 

親が死んだらどう分配するかもそうですが、その時でないといろんな状況があるので今話し合ってもわかんないよねーと兄弟と話しつつ、しかしながらこうなった場合どうしようか?などと初めて兄弟としっかり話した気がします。

 

お金とか保険とか介護でこうなった場合どうするか?と具体的なハード面について考えることはもちろんですが、しかし、ソフト面、例えば父親・母親が一人にひとりになった場合、どういった生活が良いのか、例えば子供と同居か、同居するのならば誰が一番適役なのか、そして皆それを受け入れられるのか?条件だけでは決められないものですよね。本人の意向もあるし、その時の健康状態もあるし、現状全員既婚子持ちなので、うちの夫や兄弟の奥さんたち、子供たちの状況もある。

 

なので今考えても結論は出ないんですが、幸いうちの兄も弟もまともな人達で親に愛情はあるので、誰かに負担がかかりすぎないように、この場合はこうしたらいいんじゃないか?などと初めて話し合い、どう思っているか?を初めて聞けて良かったと思います。

 

夫との兼ね合いはありますが、今ならば私も母と同居も父と同居も問題ないと言えると思います。インナーチャイルド大暴れの状態で義務・常識・非常識だけに捉われて同居する。。となったら親も自分もどっかでおかしくなってる可能性が高い。そういう意味でこの年齢になって、どんな状況になっても納得して迎え入れることはできるだろう、という自信が持てているのは、今まで自分の中を整理して来たからこそ到達した心境だなって思います。

 

までもそういうの皆考えて生きてるんだろうな、もっと早い段階で。私は自分の事ばっかりでほんとに未熟なんだな、と思った。自虐じゃなくてあくまでも事実としてそうだわと思う。

 

うちの兄弟は二人とも教育関連なので他の話でもおもろい話がありました。

 

最近の若者はものすごく賢い、優秀だ、と兄も弟も言っていました。へぇ、そうなんだー?と思わない?ゆとりとか言われるじゃん、今の若者。

 

しかし彼ら曰く、いや、今の若い子は情報量が半端ないしスマートでクレバーでスピーディ、ド根性でもなければ泣きも入らない、とのこと。俺らの頃と比べたら大人度が比較にならない、大学入ったら自動的に卒業できるみたいな状態じゃない、今や私たちの時代で中堅以下だった大学にだってしっかり入って卒業するのでさえ普通に勉強してなんとかなるとか思ってたら無理よ、と言っていました。しかし一方いろんなオプションもあって、日本でごたごたやってるよりは北京大学に行っちゃうとか、こういう勉強の仕方があるとか道筋も増えたと。いかようにもアレンジ可能な時代にはなったそうで。

 

もちろんかなりアカデミックでハイレベルな世界のことを言ってるんだけれども、ゆとりとか言って馬鹿にしようとしているのはむしろ俺ら以上の年齢で、俺が一番で最高じゃ!と粋がってるおっさんが自分より優秀な若者を一生懸命否定してるだけよ、って言ってました。

 

また、スーパーアカデミックの世界にはまだまだ根強いヒエラルキーがある、と。いくら先鋭の若者がそれが違う!と既存のシステムをぶっ壊す!と言ってもあっさり潰されるような大元締めが日本のそこかしこにいるんだって。裏の社会とかもがっつりあって。で、ものすごくピュアで優秀だった人もそのヒエラルキーのトップに触れると一気におバカちゃんになるというか権力に屈せざるを得ない状況に陥るらしい。

 

フリーメイソンみたいな話だけれども、あるんだろうなと思う。でもそういうのをぶっ壊すためにアメフトタックル事件とかスピリチュアルも含めて、少しづつだけれども要塞を壊していく。。ってのが今起こってるのかも。

 

トランプさんとかもとんでもないけれども破壊力抜群。今のところ悪い意味でだけれども、まだ次の選挙で彼が勝つ可能性が高いってのは、表面的な世界がいかに嘘なのか?ってことの証明でもあると思うわ。色々よねぇ。

 

そんなんで親の今後についても初めて頭をひねったりする機会に見舞われたけれども、

 

彼らを介護するしないにしてもまず自分が健康でないとあかんのよね、とも思った。人間ドックとか昨年やり忘れちゃったんだけれどもやんないとね。そして自分が心身ともに健康であるためには自分に納得した生き方ができてないとまた被害者になってしまうので、

 

戻ってくるところはまたしても自分自身なんだけれども、私は私は!の世界からようやっと周りが見えてきているのかもしれないわ。おっそいけど。まぁしょうがない、それがMeのタイミング。

 

お兄ちゃんに私はヒーリングの仕事、どうやって広げたらいいと思う?と漠然と聞いたら、

 

「Youtuberになりなさい」

 

っていう斜め上25°の回答がぶっこまれたわ?何ゆえそう思うのかか兄さん?

 

大阪なおみさん、良かったですね!彼女ほんとそのまんまでかわいいしかっこいい。しかしあのテニスの臨場感ってすごいわよね、【負けるもんか】っていう気合。ものすごい世界よ。

 

嵐の件も驚いたわ。でもやっぱり何かのきっかけを出すのは大野君だったのかーと思った。でもいい方向へのシフトチェンジになるといいなと思います。

 

岡村ちゃんのライブチケットの抽選に当たったわ?ゲラ。5月だけども。楽しみができたわ?????

 

いよいよインフルが忍び寄ってきました。。。まあでもしょうがないよね。覚悟しようっと。

 

ではねーん♪

 

 

夏子

 

思ったこといろいろ

  • 2019.01.26 Saturday
  • 14:35

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

うん。なんかいろいろ日々思うんだけれどもさ、忘れちゃうんですよね、ちょっと忙しかったりダウンな気持ちになると。

 

なので思いついた時に備忘録としてブログで発信っていう謎の自己ヒーリングだけれども書くわ。

 

うちの息子がポケモンカードゲームが好きで、レアなカードとかっていうのを売ってる中古カード屋が吉祥寺にあり、そこにこないだ息子連れて行ったのだけれども、

 

いろーんなカードがあってもはや私には何がなんだかわからん。字も小さいから老眼にはさっぱ読めないし。

 

息子はカードを漁りながら、あーでもないこーでもないと延々やってて、ゲーム上でこのカードがあるとポイント何倍、みたいなのがあるのかしら、そのあたりがわからなくて店員さんに質問したら、

 

その店員さんはたぶん30歳ぐらいの彼なんだけれども、まぁ細かく教えてくれて。

その時のその彼の表情が超生き生きしてまして、この人このカード屋チェーンで社員になって、この人ほんとに好きなこと仕事にしてるんだな、って思った。

 

ちゃんとアップセリングもするのよ。このカード3枚は予備で絶対持ってた方がいいよ、一枚400円するけれどもお母さんに相談してみたら?とかwwww。まぁお年玉で買うなら好きにすれば、って言ったんだけれども、息子喜んじゃってもうホクホク顔でした。

 

で、この息子のホクホク顔を見た時に、そして大事そうにそれをポケットに入れてなくさないようにしなきゃ!とポケットのチャックをしっかりしめている姿を見て私もものすごい幸せだったわ。

 

【愛】っていうじゃない?(羽田陽区ふうに)

 

今、私が息子に向けているエネルギー、ひゃだ愛だわ?って思った。この子がホントに喜んでいて、欲しいカードが手に入ってうれしくってしょうがない様子や、そしてこのカードを息子がなくしてがっかりするようなことが絶対に置きませんように、っていう私の願い。それが守れるためだったら自分のパート代でもなんでもあげよう、という無償の愛よね。

 

この感情を息子に限らず誰かに対して向けられたら、と思う。でもそれはなかなか難しいのよ。

 

今だから私は息子に無償の愛を心の底から注げるけれども、

 

ちょっと前だったら損得勘定とか、甘やかしてるんじゃないかとか、そんなくだらないものに熱を上げて。。とか、私が子供の頃はそんな風に欲しいもの買ってもらえませんでしたけれど、とか思ってたかもしれない。でもきっとそう思うと同時に、なぜこんなことでこの子を責めているのだろうか、単純に喜んでやれないのだろうか、と自分も潜在意識上で責めるだろうと思う。でも、自分を責めるとエゴちゃんが防衛エネルギー発動して、

 

いや、なっちゃん悪くないわ。そう思って当然よ。ってかこんな中古カードを高額で売る世の中が悪いのよとかいろんな方向で自分を正当化し、私は正しい。正義だ。と半ば意地よね、意地になるのよ。そうなるともう取り付く島もないのよね。

 

大人なのに子供っぽいよね。子供喜んでるんだからそれでいいじゃん、幸せのはずじゃん。 

なのにそう思えない時もある。

 

そう思えない時に暴れているのがインナーチャイルドってやつよ。いくらおばさんになっても心のチャイルドはそうやって暴れるのよ。そして、いい歳こいて反抗期。スピリチュアル反抗期ってやつよね。

 

誰か他人を好きだとか愛している、というけれども、

 

大体は見返りを求めているよね。愛してますよ、だからリターンお待ちしてますとか、こんなにやってあげてるんだからあなたは私を愛するべき、裏切れないはずとか。でもいくらこちら側でそれを操作して仕向けようとしても、相手の本当の気持ちなんてわからない。

 

でも出来る場合もある。マインドコントロールってやつよ。DVとかモラハラも含むけど。相手の思考と感情をゼロにするっていう。でもそこに全然相手に対する愛なんてないじゃん?自分に向けただけの愛。

だからマイコンは究極だけれども、多かれ少なかれ人ってそんなふうなコントロールって相手にやってしまってるよね。

 

でもそういう所悶絶するのが「人間」であり、人間の美しさでありかわいさでもある。さんざんドラマをやればいいんだと思うけれども、苦しくなりすぎたら解決策はやっぱり自分の心の中にしかないのだろうと思うわ。

 

世の中にはいろんな人がいるわ。。

 

ものすごいクセのある人もいれば、なぜこの場面でそれをぶっこんでくんのよ?って人もいる。

でも本人たちは自分が正義だ常識だ!と思っているので、それが人の気分を害しているとは思ってないのよね。

 

なので周りから害のように思われてしまう人もいるけれども、それでも、皆その人を踏まえて物事を考えたり、あの人はこういう人だからそっとしておこうとか、まぁ、ああなっちゃう状況もわかるけれどもねー、と揶揄や慰めも含まれているかもしれないけれども、

 

でも受け入れようとしてくれているんですよ、周りは。精いっぱい。

 

でもその差し出された手を払いのけてしまい、皆私の敵だわ!と攻撃しているのはその人本人であって、

 

周りが愛してくれない、認めてくれないというけれども、すべてのサポートを拒絶し、お前らなんか絶対信用するもんか!ってなってるのは自分。そしてそこまでその人が自分を閉ざしきっていたら、

 

じゃぁ、もういいよ、ってなるのよ。助けてあげようにも助けられなどころか悪態までつかれちゃったらさすがに、ね。

 

そうやって皆どんどん孤独を感じて行くけれども、

 

ホントは回りは精いっぱい受け入れようとしてくれている。その辺ってなかなか気づけないけれども、世界って愛に溢れてんだよね。いきなり200%で拒絶され嫌われ人なんていない。でも自分で気づかぬうちにそうもっていっちゃっている。

 

私にもいっぱい悪いところ、めんどくさいところはあるけれども、それを踏まえて私という個性を私の夫も家族も友達も職場の人も受け入れてくれているんだと思う。色々カッコつけてみても本性ってバレバレなのよね。周りはその本性をみていろいろあるけれども、それでも受け入れてくれている。

 

本人だけが、もっと完璧になれば愛されるとか、可愛かったら好かれるとか、皆私の事煙たがってるとか、ごちゃごちゃごちゃごちゃやってるわけですよ。そこまで実は誰にも興味持たれてないんだけれども、そう思っちゃうのね。

 

高須医院長が、

 

人は人の欠損を愛する。その足りない部分を埋めてあげたい、その人を助けてあげたいと思う感情や本能が恋愛だったり家族愛だったりする

 

とおっしゃってたわ。でもそうよね。いいところとと変なところのギャップに萌えるじゃん人って。ギャップ萌え。

 

だから完全無欠を目指せば目指すほど、人の愛を感じられないっていう、あぁ、なんつーパラドックス。

 

ひゃだ、こんな時間だわ、娘迎えに行かなきゃ。

 

まただらだら書くわ???

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ヒーリングメニュー

スピリチュアルカウンセリング/ヒーリングのお申込みに関する詳細は☆コチラ☆まで

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM